IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活で聞かれる「自分のキャッチコピー」の作り方と例

更新日:2020年05月28日

就活ノウハウ

就活のキャッチコピーはどうやって作ればいいの?そもそも就活でキャッチコピーを付けてアピールする必要があるの?そこで今回は就活で使えるキャッチコピーを作った方が良いメリットやキャッチコピーを作る時の考え方や例文について解説していきます。

就活で自己紹介や自己PRをする時にどのように自分自身を表現したキャッチコピーを作れば良いのか迷いますよね。ここではそんなあなただけの就活で使えるキャッチコピーを作るための考え方について解説していきます。

①企業が求めている人材のイメージに合うか考える

就活で使えるキャッチコピーを作る時の考え方1つ目「企業が求めている人材のイメージに合うかを考える」です。キャッチコピーを作る時に考えるべきなのは企業側の求めている人材のイメージとあなたがアピールしようとしている事が合っているのかを考えてキャッチコピーを付けた方が良いでしょう。 なぜなら就活は企業との相性が大事だからです。企業が求めている人材イメージがあなたのイメージや能力とぴったりであれば採用されますし、企業が求めている物と違うのなら不採用になるという事です。 つまり企業が求めている人材のイメージは既に決まっていてそのイメージを想定してキャッチコピーを付けたり自己PRをしていけばおのずと企業が求めている人材のイメージに近づけるという事でもあります。キャッチコピーを付ける時は企業が求めている人材イメージを想定して考えて行きましょう。

②自分を深く知りビジネスで使える長所を見つける

就活で使えるキャッチコピーを作る時の考え方2つ目「自分を深く知りビジネスで使える長所を見つける」です。就活のキャッチコピーでたまに見かけるのがビジネスでは使えないようなキャッチコピーを使って自分の個性をアピールする人がいます。 例えばこんなアピールはあまりにもビジネスとは関係のないキャッチコピーだと思われるでしょう。「私は目覚まし時計が不要な男です」「私は病気にならない病気に嫌われる男です」「筋トレ一筋の筋肉の事ばかり考えている男です」これらのキャッチコピーを見ても特に魅力的な人材だと感じませんよね。それはなぜでしょうか。ビジネスにまったく関係ない事をアピールしているからです。 企業の求めている人材のイメージはある程度は想定可能です。あなたの趣味や得意な事でアピールするよりもその中に仕事に活かせる事は何かないのか考えてキャッチコピーを考えて行くと良いでしょう。

③長所のイメージを具体的に表現する言葉を探す

就活で使えるキャッチコピーを作る時の考え方3つ目「長所のイメージを具体的に表現する言葉を探す」です。長所には色々あります。例えば計画的であったり、行動的であったり、有言実行であったりと様々です。行動的を例に挙げてみますが例えば「考えたらひたすら進む行動力」だとありきたりすぎますよね。ありきたりな物だとあまりにも印象が薄く、イメージがしにくいのでもっと踏み込んで具体的な表現である方が伝わりやすくなるのでもっと具体的に考えて行きましょう。

④比喩言葉を使って考える

就活で使えるキャッチコピーを作る時の考え方4つ目「比喩や打ち消し言葉を使って考える」です。キャッチコピーをどのように考えて作ればいいのかはご理解できたと思いますが、実際に作るとなると思っている以上に難しく感じると思います。もっと簡単に作れたらいいのですがそう簡単じゃないのが現実です。では表現方法に比喩や打ち消しの言葉を使って見るのもいいかもしれませんね。比喩とは物や人物や生き物などで例えるという事です。 例えば粘り強さをアピールするとしたら「納豆の様な粘り強い人間です」とキャッチコピーを付けるのも良いかもしれないですね。このように比喩表現をしてキャッチコピーを付けてみるとなかなかいいキャッチコピーが思いつくかもしれませんね。

⑤逆の言葉を入れて考える

就活で使えるキャッチコピーを作る時の考え方5つ目「逆の言葉を入れて考える」です。逆の言葉とは真逆の意味で打ち消すような表現をするという事です。例えば「災難をチャンスに変える男」、意味は「どんな突然のトラブルが起きてもそれを物とせずにチャンスに変える逆境を乗り越える諦めない根性を持っている」です。 災難とピンチと言う言葉を比喩表現してみた言葉です。そこにチャンスという逆の言葉を入れてみました。ピンチをチャンスという逆の言葉を使い表現をすると事で逆境に勝とうとする諦めない人であることを表現してみました。このように考えて付けてみると様々なキャッチコピーが作れるはずです。

⑥どうしても思いつかない場合は簡潔にストレート表現する

就活で使えるキャッチコピーを作る時の考え方6つ目「どうしても思いつかない場合は簡潔にストレート表現する」です。ここまで見てきたような考え方はキャッチコピーとして付けるならこのように考えて作ったら人事担当者に印象やインパクトを与えるが出来る考え方です。 キャッチコピーが下手だからと言って不採用にするわけではないので安心してください。採用される方は全体の評価が良かったからです。キャッチコピーは印象を上手く残すための方法だと考えましょう。どうしても凝ったキャッチコピーや良い物が思いつかないならば、簡潔にストレートに自分の長所を書いて見ましょう。それだけでもあなたのキャッチコピーになります。

就活のキャッチコピーの例文

就活の自己紹介や自己PRで使う事ができるキャッチコピーの例文を挙げていきます。参考にしてあなたらしいキャッチコピーを考えて見ましょう。

①ゴムの様な瞬発性と柔軟性がある人間です

ゴムは緩んでいる時は柔軟で柔らかい物です。しかし引っ張る事で伸縮していきます。そしてゴムから手を放す事で思っている居所の瞬発力を発揮しますよね。そんな瞬発性と柔軟性を表現してみました。

次のページ:あなたらしいキャッチコピーでアピールして就活で内定をゲットしよう
初回公開日:2017年03月16日

記載されている内容は2017年03月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング