IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活で聞かれる「自分のキャッチコピー」の作り方と例

就活ノウハウ

就活のキャッチコピーはどうやって作ればいいの?そもそも就活でキャッチコピーを付けてアピールする必要があるの?そこで今回は就活で使えるキャッチコピーを作った方が良いメリットやキャッチコピーを作る時の考え方や例文について解説していきます。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

キャッチコピーとは

キャッチコピーとは商品の印象を見た人に焼き付ける宣伝文句です。テレビCMやインターネットサイトや新聞広告、駅や電車、バス、タクシーなどの乗り物や施設看板等のあらゆる広告スペースに商品のキャッチコピーと商品の写真が貼られている物を見かけた事はありますよね。宣伝するスペースの幅は限られており、そんなスペースに長い文章で商品説明をされてもまったく買う気も起きませんよね。 そこで商品の説明や商品のイメージなどを短い文章にまとめ、広告を見た人に商品の印象を強く焼き付けるためのインパクトを与えるのがキャッチコピーなんですね。

キャッチコピーを付けるメリット

キャッチコピーを付ける事で商品への印象を残し購買意欲を刺激するのがメリットです。商品を売るためにはインパクトがあり印象が残るキャッチコピーがある方が商品は売れやすくなるんですね。キャッチコピーを付ける方が商品がどんな味なのか想像しやすくしたり、どんなものなのかイメージしやすくしてくれます。 また初めて商品の広告を見た人にその商品について興味を持たせたり、一度、購入したことがある人にはイメージを思い出しやすくしたりします。

就活のキャッチコピーと商品のキャッチコピーが似ている点

就活のキャッチコピーと商品のキャッチコピーを付ける事は少しだけ似ている点があります。

就活のキャッチコピーは人事担当者に強い印象やインパクトを残せる

就活のキャッチコピーを付けて就活で自己PRや自己紹介をする事で強い印象やインパクトを残す事ができます。

商品のキャッチコピーは見込み客に強い印象を抱かせ購入したいと思わせる

商品のキャッチコピーを付ける事で宣伝広告を見た見込み客に強い印象を抱かせる事で商品を購入したいと思わせる事ができます。

就活と商品のキャッチコピーに似ている点はインパクトを与える事が出来る事

就活と商品のキャッチコピーどちらも別物に見えて実は似ていますね。どちらにも共通しているのがインパクトを与える事で相手に興味を持たせることができるという点です。

商品キャッチコピーと就活キャッチコピーの大きな違い

就活と商品のキャッチコピーには共通している点があるのはわかりましたね。ただ商品にも使えるキャッチコピーの作り方をそのまま就活で使うのは良くないかもしれませんね。

商品広告のキャッチコピーはインパクト重視

商品の宣伝広告は誰もが見かけたことがあると思います。商品のキャッチコピーはある程度強い印象を与える事を考えて作られているので、時には「それは大げさだろう」とツッコみたくなるような言い回しのキャッチコピーを付けられてたりしますよね。 要するに商品に付けるキャッチコピーはどんだけ強い印象を見込み客に残せるか、インパクトを残す事ができるかを重視して考えられているんですね。

就活のキャッチコピーは自分を表現する必要がある

就活のキャッチコピーの場合はあまりにも大げさだったり、行き過ぎたキャッチコピーやありきたりすぎるキャッチコピーを付けてしまうのは良くありません。印象は残しつつあなたの事をいかにキャッチコピーに込める事ができるかが大事になってきます。

ウケ狙いよりもあなたを表現したあなただけの就活のキャッチコピーを考えるべき

就活では商品の様にインパクトは残したいですが、あまりもキャッチコピーが強すぎると、それしか印象に残らない表面だけの薄っぺらい人になってしまいます。 就活のキャッチコピーではあなたの事を表現しつつもある程度の印象を残す必要があるんです。要はバランスが大事なのです。ウケを狙う様な行き過ぎた表現であなた自身を表現してもあなたの事は何も伝わりません。きちんと自分を知った上での就活でのあなただけのキャッチコピーを考えるべきです。

就活でキャッチコピーを付ける5つのメリット

就活では自己紹介や自己PRであなた自身にキャッチコピーを付けてアピールする事があります。なぜキャッチコピーを付けて自己紹介や自己PRをした方が良いのでしょうか。キャッチコピーを付ける事で得られるメリットについて解説していきます。

①就活でキャッチコピーを付ける事で「人事担当者の心に印象を残す事ができる」

就活でキャッチコピーを付けるメリット1つ目「人事担当者の心に印象を残す事ができる」です。就活は皆同じ様なスーツを着て同じような髪型に整え、同じように真面目に振舞って内定をもらおうと頑張りますよね。。ただそれだけではあなたは就活生の中に埋もれてしまうでしょう。なぜならそのままでは人事担当者に印象が残りにくいからです。そこでキャッチコピーを付けて自己紹介や自己PRをする事で人事担当者にあなたらしさをアピールする事で印象を残す事ができるんですね。

②就活でキャッチコピーを付ける事で「人事担当者にイメージを伝えやすくする」

就活でキャッチコピーを付けるメリット2つ目「 人事担当者にイメージを伝えやすくする 」です。就活の面接では人事担当者と会うのは初めてなので初対面ですよね。初対面であなたの良いイメージを人事担当者に伝えるにはどうするのが分かりやすいでしょうか。キャッチコピーで言い表して伝えるとイメージが掴みやすいですよね。 自己紹介文の文章の中にあなたの事を一言二言で表現する事であなたがどんな人なのかが分かります。自己PRのあとは自己PRの文章内であなたが今まで経験してきた事でキャッチコピーを補足して説明していくとでさらにあなたの事が伝わりやすくなりますので、キャッチコピーを上手く活用していきましょう。

③就活でキャッチコピーを付ける事で「あなたに興味を持ってもらえる」

就活でキャッチコピーを付けるメリット3つ目「あなたに興味を持ってもらえる」です。就活では人事担当者に興味を持ってもらえる方が何かと有利です。例えば有名大学に通っていたり、難易度の高い資格を持っていたりすると人事担当者は興味を持ってくれますよね。 これは就活の自己紹介や自己PRのキャッチコピーでも同じで、あなたらしいキャッチコピーを付けて自己紹介や自己PRをする事であなたがどんな人でどんな人柄なのかという個性に対して興味を持ってくれます。興味を持ってもらえる事で今後の面接に残れる可能性も上がりますよね。あなたらしいキャッチコピーを付けて人事担当者の興味を引き付けましょう。

④就活でキャッチコピーを付ける事で「あなたの特徴を一言で分かってもらえる」

就活でキャッチコピーを付けるメリット4つ目「あなたの特徴を一言で分かってもらえる」です。就活の会場では皆同じ様なスーツを着て、同じように整った髪型にしています。スーツを着ていると皆同じに見えませんか?来ている物が同じだと人は皆同じに見えてしまう物です。特に初対面の場合相手の事をよく見ていないと顔や特徴などは覚えていないものです。 就活の面接でも同じですね。人事担当者はたくさんの就活生と面接を行います。多い日は100人以上の面接を見る事もあるでしょう。そんな中であなたの顔をよく見ていて特徴や名前を覚えている人事担当者は少ないでしょう。そこであなたの特徴を思い出してもらえるためにもキャッチコピーは使えるんですね。 例え顔は覚えてもらえていなくても特徴的なキャッチコピーを盛り込んだ自己紹介や自己PRをした人の事は印象に残り、覚えているものです。キャッチコピーにはあなたの特徴を印象付ける事ができる物を盛り込むと人事担当者にも覚えてもらえるはずです。

⑤就活でキャッチコピーを付ける事で「あなたの長所がすぐに分かってもらえる」

就活でキャッチコピーを付けるメリット5つ目「あなたの長所がすぐに分かってもらえる」です。就活の面接はあまり長い時間はもらえませんよね。あなただけを面接するわけではないので長くても1時間、短くても15分程度です。そんな中であなたの自己紹介や自己PRや志望動機を伝えたり質疑応答をしたりするわけです。 できるだけ自己紹介や自己PRでアピールをしっかりしたいと思いますが、制限時間が決まっていたりするため長い自己紹介や自己PRはあまり有効ではないでしょう。そこであなたの事を分かりやすく、長所などを含んだキャッチコピーを使う事で長い話をある程度は聞き流しても分かるような説明ができます。キャッチコピーで簡潔にある程度の人柄を使える事もできるので活用してみましょう。

就活で使えるキャッチコピーを作る時の6つの考え方

就活で自己紹介や自己PRをする時にどのように自分自身を表現したキャッチコピーを作れば良いのか迷いますよね。ここではそんなあなただけの就活で使えるキャッチコピーを作るための考え方について解説していきます。

①企業が求めている人材のイメージに合うか考える

就活で使えるキャッチコピーを作る時の考え方1つ目「企業が求めている人材のイメージに合うかを考える」です。キャッチコピーを作る時に考えるべきなのは企業側の求めている人材のイメージとあなたがアピールしようとしている事が合っているのかを考えてキャッチコピーを付けた方が良いでしょう。 なぜなら就活は企業との相性が大事だからです。企業が求めている人材イメージがあなたのイメージや能力とぴったりであれば採用されますし、企業が求めている物と違うのなら不採用になるという事です。 つまり企業が求めている人材のイメージは既に決まっていてそのイメージを想定してキャッチコピーを付けたり自己PRをしていけばおのずと企業が求めている人材のイメージに近づけるという事でもあります。キャッチコピーを付ける時は企業が求めている人材イメージを想定して考えて行きましょう。

②自分を深く知りビジネスで使える長所を見つける

就活で使えるキャッチコピーを作る時の考え方2つ目「自分を深く知りビジネスで使える長所を見つける」です。就活のキャッチコピーでたまに見かけるのがビジネスでは使えないようなキャッチコピーを使って自分の個性をアピールする人がいます。 例えばこんなアピールはあまりにもビジネスとは関係のないキャッチコピーだと思われるでしょう。「私は目覚まし時計が不要な男です」「私は病気にならない病気に嫌われる男です」「筋トレ一筋の筋肉の事ばかり考えている男です」これらのキャッチコピーを見ても特に魅力的な人材だと感じませんよね。それはなぜでしょうか。ビジネスにまったく関係ない事をアピールしているからです。 企業の求めている人材のイメージはある程度は想定可能です。あなたの趣味や得意な事でアピールするよりもその中に仕事に活かせる事は何かないのか考えてキャッチコピーを考えて行くと良いでしょう。

③長所のイメージを具体的に表現する言葉を探す

就活で使えるキャッチコピーを作る時の考え方3つ目「長所のイメージを具体的に表現する言葉を探す」です。長所には色々あります。例えば計画的であったり、行動的であったり、有言実行であったりと様々です。行動的を例に挙げてみますが例えば「考えたらひたすら進む行動力」だとありきたりすぎますよね。ありきたりな物だとあまりも印象が薄く、イメージがしにくいのでもっと踏み込んで具体的な表現で現る方が伝わりやすくなるのでもっと具体的に考えて行きましょう。

④比喩言葉を使って考える

就活で使えるキャッチコピーを作る時の考え方4つ目「比喩や打ち消し言葉を使って考える」です。キャッチコピーをどのように考えて作ればいいのかはご理解できたと思いますが、実際に作るとなると思っている以上に難しく感じると思います。もっと簡単に作れたらいいのですがそう簡単じゃないのが現実です。では表現方法に比喩や打ち消しの言葉を使って見るのもいいかもしれませんね。比喩とは物や人物や生き物などで例えるという事です。 例えば粘り強さをアピールするとしたら「納豆の様な粘り強い人間です」とキャッチコピーを付けるのも良いかもしれないですね。このように比喩表現をしてキャッチコピーを付けてみるとなかなかいいキャッチコピーが思いつくかもしれませんね。

⑤逆の言葉を入れて考える

就活で使えるキャッチコピーを作る時の考え方5つ目「逆の言葉を入れて考える」です。逆の言葉とは真逆の意味で打ち消すような表現をするという事です。例えば「災難をチャンスに変える男」、意味は「どんな突然のトラブルが起きてもそれを物とせずにチャンスに変える逆境を乗り越える諦めない根性を持っている」です。 災難となピンチと言う言葉を比喩表現してみた言葉です。そこにチャンスという逆の言葉を入れてみました。ピンチをチャンスという逆の言葉を使い表現をすると事で逆境に勝とうとする諦めない人であることを表現してみました。このように考えて付けてみると様々なキャッチコピーが作れるはずです。

⑥どうしても思いつかない場合は簡潔にストレート表現する

就活で使えるキャッチコピーを作る時の考え方6つ目「どうしても思いつかない場合は簡潔にストレート表現する」です。ここまで見てきたような考え方はキャッチコピーとして付けるならこのように考えて作ったら人事担当者に印象やインパクトを与えるが出来る考え方です。 キャッチコピーが下手だからと言って不採用にするわけではないので安心してください。採用される方は全体の評価が良かったからです。キャッチコピーは印象を上手く残すための方法だと考えましょう。どうしても凝ったキャッチコピーや良い物が思いつかないならば、簡潔にストレートに自分の長所を書いて見ましょう。それだけでもあなたのキャッチコピーになります。

就活のキャッチコピーの例文

就活の自己紹介や自己PRで使う事ができるキャッチコピーの例文を挙げていきます。参考にしてあなたらしいキャッチコピーを考えて見ましょう。

①ゴムの様な瞬発性と柔軟性がある人間です

ゴムは緩んでいる時は柔軟で柔らかい物です。しかし引っ張る事で伸縮していきます。そしてゴムから手を放す事で思っている居所の瞬発力を発揮しますよね。そんな瞬発性と柔軟性を表現してみました。

②踏まれても枯れない雑草の様な人間です

雑草はどんなに踏まれても枯れる事なくその場所に生き続けますよね。どんなつらい事があっても耐え抜く事ができる我慢強さがある事をアピールしてみました。

③舞台に立たない演者です

あえて舞台に立たず裏方に回り周りの舞台に立つ演者達をサポートすしたりする行動力や協調性がある事をアピールしてみました。

④寡黙な司令塔です

司令塔の仕事は命令をあれこれする人ですが、大事な事以外は命令せずあとは個人の行動を信じて自由にさせるチームを管理する黙っていながら統率できるチームワーク力をアピールしてみました。

⑤万能接着剤のような人間です

接着剤は物をくっつけることができますよね。人間関係も時には協力し合う事が必要ですし、ビジネスのシーンでは人と人が強調しあう事も大事です。接着剤のようななんでもくっつけてみんなを一つにする事をアピールしてみました。

⑥都会の路面で粘る解けない雪のような人間です

雪は気温が上がることで自然と溶けだしますよね。都会で雪が降る事自体珍しいですが都会の路面に降る雪の中には溶けださずにしつこく粘りいつの間にかカチンコチンに凍っている雪もあります。そんな都会の路面で粘る粘り強さと忍耐強さを溶けない雪でアピールしてみました。

あなたらしいキャッチコピーでアピールして就活で内定をゲットしよう

キャッチコピーとは広告を見た人に商品の印象を焼き付けるための人の心を掴む言葉の事です。就活におけるキャッチコピーはインパクトよりも自分を表現する必要です。キャッチコピーを付けるメリットは、人事担当者の心に印象を残す事ができる点です。またキャッチコピーを付けて表現する事であなたのイメージを伝えやすくする事ができます。あなたの特徴や長所などもキャッチコピーに入れる事で人事担当者に分かりやすくアピールしましょう。 キャッチコピーを作る時は企業側の求めている人材がどのような人物なのかも考えてキャッチコピーでアピールしていくようにするといいでしょう。またキャッチコピーを付けるためにはあなた自身を深く知り、具体的な言葉で表現したり、比喩言葉や逆の言葉を入れてみると良いです。どうしてもキャッチコピーが思いつかない場合は無理にひねる必要は無くストレートで簡潔な表現を用いましょう。例文を参考に、あなたらしいキャッチコピーでアピールしてください。

関連タグ

アクセスランキング