IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

アロマセラピストの年収と仕事内容|男性アロマセラピストは少ない?

初回公開日:2017年03月16日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年03月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

アロマセラピストの専門のスクールや通信講座などで学び、資格を取得後に実際にどれ位の人が専門の仕事として働いているのか?また、のセラピストとそうではないセラピストでは年収にも大きな差が生じてきます。注目されるアロマセラピストに注目してみたいと思います。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

アロマセラピストになる為に必要な資格とは?

女性の社会進出が増えたことにより、シングルでキャリアを積み上げていく女性や結婚後も仕事を続ける女性が増えてきています。そんな忙しく働く日本女性たちが求める癒しの中でもの高いのが「アロマ」。アロマグッズの専門店や雑貨屋さんでもアロマなどの癒しコーナーが設けられるほどのです。 アロマを通して癒しを求める女性たちが多いからこそ、癒しを与える側の「アロマセラピスト」にもより注目が集まってきているのだと思います。では「アロマセラピスト」になる為にはどんな資格が必要になってくるのかを書いていきたいと思います。 アロマセラピストの資格というものは「民間」の資格ですので免許というものではなく、「終了証」というものがスクールなどに通い学んで試験を受けて合格した証ということになります。独学で学びアロマセラピストとして仕事をすることも可能ですが、「終了証」がある方が信頼感や安心感に繋がりますので、多くのアロマセラピストのサロンなどには「終了証」が壁などに掛けられています。 通信講座でも資格の取得は可能ですが本格的に開業を目指している方には「専門のスクール」で学ぶことをいたします。

アロマセラピストとは

アロマとは「芳香」、セラピストとは「療法を行う人」という意味で使われています。直訳すると香りで療法を行う人であり、もっと厳密に言うとアロマセラピーは「医療」ではありません。アロマによって様々な効果が齎されますが、医療とは違い治療するものではなく香りでリラックスし、癒しの効果を齎されるものという認識が正しいのです。 様々な効果が期待されるとはいえ、アロマに使われる精油は医薬品ではありません。ですので、「○○の病気に効果があります」などというキャッチコピーを掲げているサロンなどは、「薬事法」に反していますので無闇に信用しないようにご注意下さい。

アロマセラピストになる為のスクール

アロマセラピストになる為には通信講座もありますが、将来を見据えて本格的に勉強したい場合には「専門のスクール」をいたします。体験入学や説明会などを行っているスクールも多いですので、是非ご自身の目で見て実際に体験してみることで自分に合ったスクールを選べるのではないかと思います。 また、仕事しながら転職に向けて勉強したい方には通信講座で学び資格を取り、それからスクールに通ってみるというのも良いかもしれません。ご自身の時間や生活スタイルに合わせた勉強方法をすることが一番の近道ではないかと思います。

日本アロマ環境協会認定のスクール

アロマセラピストを仕事にするには?

アロマセラピストとして仕事をするには幾つかの種類があります。箇条書きにて書いていきたいと思います。 ❒自宅サロン(自宅の空き部屋などで) ❒サロンを開業(資金・場所が揃えば自分のサロンを持つ事ができます) ❒サロンに勤める(サロンで雇ってもらう) 主にこのような形に分かれるかと思います。その他にイベントやセミナーなどを開催して集客をしたりするなど、様々な方法で活動することが出来るのが「アロマセラピスト」としての仕事の魅力でもあります。 いきなり自分のお店を持つことは資金面などでなかなか難しい場合が多いですが、様々な集客術を駆使することで一流のアロマセラピストとして認められると、リピーターが増えますので自分のサロンを開くための近道になるかもしれません。

アロマセラピストとして集客する為にはブログやSNSが不可欠?

集客と言って思い浮かぶのはブログやSNSなどを通じて多くの人と繋がる方法ですが、一番なのは「アロマセラピスト」になると決めた日から始める事が一番良い方法です。実際に「アロマセラピスト」として活動できる状態になる前から、自分のファンを作っておくことが大切になってきます。 そうすることで「アロマセラピスト」となった時には既にお客様がいるという状態なのです。資格取得の為に学んでいる間でもブログやSNSを通してイベントの開催をするなどし、実際に多くの人と触れ合う事も大切な種蒔きとなるのです。 アロマセラピストになるという目標が決まったその日から、将来のために集客の種蒔きをすることが後々の仕事に繋がるということを理解している人が成功を収めているはずです。そういった観点から見ても早い段階でのブログやSNSの活用が大切になってくるという事です。

アロマセラピストの年収や給料の相場

アロマセラピストとしての経験年数だけではなく、技術の差やの差などで大幅に年収に差が出てくるようです。一般的には「250万~400万」という年収が一番多く、先程も説明したように集客という種蒔きをしていたり技術の能力が高い場合には、700万~1000万以上の年収と言われています。 日々勉強しつづけ努力を惜しまなずに頑張る人には敵いません。技術の能力の高さと人を惹き付ける魅力、そして集客力その全てが揃って初めて「アロマセラピスト」して認められ年収に繋がるのではないかと感じています。

関連タグ

アクセスランキング