IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

アロマセラピストの年収と仕事内容|男性アロマセラピストは少ない?

就活ノウハウ

アロマセラピストの専門のスクールや通信講座などで学び、資格を取得後に実際にどれ位の人が専門の仕事として働いているのか?また、人気のセラピストとそうではないセラピストでは年収にも大きな差が生じてきます。注目されるアロマセラピストに注目してみたいと思います。

更新日時:

アロマセラピストになる為に必要な資格とは?

女性の社会進出が増えたことにより、シングルでキャリアを積み上げていく女性や結婚後も仕事を続ける女性が増えてきています。そんな忙しく働く日本女性たちが求める癒しの中でも人気の高いのが「アロマ」。アロマグッズの専門店や雑貨屋さんでもアロマなどの癒しコーナーが設けられるほどの人気です。 アロマを通して癒しを求める女性たちが多いからこそ、癒しを与える側の「アロマセラピスト」にもより注目が集まってきているのだと思います。では「アロマセラピスト」になる為にはどんな資格が必要になってくるのかを書いていきたいと思います。 アロマセラピストの資格というものは「民間」の資格ですので免許というものではなく、「終了証」というものがスクールなどに通い学んで試験を受けて合格した証ということになります。独学で学びアロマセラピストとして仕事をすることも可能ですが、「終了証」がある方が信頼感や安心感に繋がりますので、多くのアロマセラピストのサロンなどには「終了証」が壁などに掛けられています。 通信講座でも資格の取得は可能ですが本格的に開業を目指している方には「専門のスクール」で学ぶことをおすすめいたします。

アロマセラピストとは

アロマとは「芳香」、セラピストとは「療法を行う人」という意味で使われています。直訳すると香りで療法を行う人であり、もっと厳密に言うとアロマセラピーは「医療」ではありません。アロマによって様々な効果が齎されますが、医療とは違い治療するものではなく香りでリラックスし、癒しの効果を齎されるものという認識が正しいのです。 様々な効果が期待されるとはいえ、アロマに使われる精油は医薬品ではありません。ですので、「○○の病気に効果があります」などというキャッチコピーを掲げているサロンなどは、「薬事法」に反していますので無闇に信用しないようにご注意下さい。

アロマセラピストになる為のスクール

アロマセラピストになる為には通信講座もありますが、将来を見据えて本格的に勉強したい場合には「専門のスクール」をおすすめいたします。体験入学や説明会などを行っているスクールも多いですので、是非ご自身の目で見て実際に体験してみることで自分に合ったスクールを選べるのではないかと思います。 また、仕事しながら転職に向けて勉強したい方には通信講座で学び資格を取り、それからスクールに通ってみるというのも良いかもしれません。ご自身の時間や生活スタイルに合わせた勉強方法をすることが一番の近道ではないかと思います。

日本アロマ環境協会認定のスクール

どうしても迷って決められない場合などには、このような「日本アロマ環境協会」認定のスクールを選ぶことが良いかと思います。

(公社) 日本アロマ環境協会 | アロマの検定・資格 | 認定スクールのご案内

アロマセラピストを仕事にするには?

アロマセラピストとして仕事をするには幾つかの種類があります。箇条書きにて書いていきたいと思います。 ❒自宅サロン(自宅の空き部屋などで) ❒サロンを開業(資金・場所が揃えば自分のサロンを持つ事ができます) ❒サロンに勤める(サロンで雇ってもらう) 主にこのような形に分かれるかと思います。その他にイベントやセミナーなどを開催して集客をしたりするなど、様々な方法で活動することが出来るのが「アロマセラピスト」としての仕事の魅力でもあります。 いきなり自分のお店を持つことは資金面などでなかなか難しい場合が多いですが、様々な集客術を駆使することで一流のアロマセラピストとして認められると、リピーターが増えますので自分のサロンを開くための近道になるかもしれません。

アロマセラピストとして集客する為にはブログやSNSが不可欠?

集客と言って思い浮かぶのはブログやSNSなどを通じて多くの人と繋がる方法ですが、一番おすすめなのは「アロマセラピスト」になると決めた日から始める事が一番良い方法です。実際に「アロマセラピスト」として活動できる状態になる前から、自分のファンを作っておくことが大切になってきます。 そうすることで「アロマセラピスト」となった時には既にお客様がいるという状態なのです。資格取得の為に学んでいる間でもブログやSNSを通してイベントの開催をするなどし、実際に多くの人と触れ合う事も大切な種蒔きとなるのです。 アロマセラピストになるという目標が決まったその日から、将来のために集客の種蒔きをすることが後々の仕事に繋がるということを理解している人が成功を収めているはずです。そういった観点から見ても早い段階でのブログやSNSの活用が大切になってくるという事です。

アロマセラピストの年収や給料の相場

アロマセラピストとしての経験年数だけではなく、技術の差や人気の差などで大幅に年収に差が出てくるようです。一般的には「250万~400万」という年収が一番多く、先程も説明したように集客という種蒔きをしていたり技術の能力が高い場合には、700万~1000万以上の年収と言われています。 日々勉強しつづけ努力を惜しまなずに頑張る人には敵いません。技術の能力の高さと人を惹き付ける魅力、そして集客力その全てが揃って初めて「アロマセラピスト」して認められ年収に繋がるのではないかと感じています。

アロマセラピストとしての仕事内容と「セラピー」は英語?

最初の方にも書きましたが、アロマ=「芳香」セラピー=「療法」ということをまず念頭に置いてください。 アロマセラピストの仕事の内容としては「アロマトリートメントの施術」などがメインの仕事内容となってきます。 その他にはアロマ専門店にて「精油」の詳しい説明をお客様に提供し販売する仕事など、幅広い場で活躍できる仕事の一つでもあります。 以下に記事を引用させて頂きましたので、「アロマセラピスト」の詳しい仕事内容やセラピストの読み方は英語なのか?それともフランス語なのかも載っていますので、是非参考になさってみてください。

アロマセラピストとは 天然の植物から抽出したエッセンシャルオイル(植物性香油)を使い、アロマテラピー(芳香療法)を行う施術者やアドバイザーのことをアロマセラピストといいます。 フランス語読みが「アロマテラピスト」、英語読みが「アロマセラピスト」となりますが、「セラピー」に「治療」のイメージを持つ人もいることから、「アロマテラピスト」を好んで使う人もいます。 香りによるヒーリング効果で心と身体をリラックスさせたり、ストレス解消やさまざまな身体の不調を改善に導く仕事です。

アロマセラピーサロン一覧

様々なアロマセラピーのサロンが掲載されていますので、ご参考にしてみてください。

アロマセラピーサロン 喜香(yoshika)|ホットペッパービューティー

今では男性のアロマセラピストの需要も?

アロマセラピストというと女性の職業と思う方も多いと思いますが、男性客をお断りしているサロンも多いことから男性のアロマセラピストの需要も増えているようです。 例えば全身のオイルトリートメントの施術を受ける場合には紙の下着一枚という場合が多いのですが、男性も女性に裸を見られることに抵抗を感じたり触れられることも恥ずかしいと感じることが多い事もその背景にはあるようです。 同性同士でも抵抗があることもありますので、異性というのは難しいのかもしれません。そのような様々な理由があってか、男性専用のアロマセラピストスクールも増えてきています。男性専用のアロマセラピーサロンが増えることで男性も仕事の疲れを癒すことも出来ますし、男性の職種も増えて一石二鳥ではないかと思います。 その他にはアロマ専門ショップでオシャレな男性の専門家がいることで、女性客の集客率のUPに繋がっているということもあるかもしれません。

男性のアロマセラピストによるアロマサロンです。

シェリルアンジェリ - 渋谷・表参道のアロマサロン

アロマセラピストの求人「東京VS大阪」

アロマセラピストの求人についても少し触れてみたいと思いますが、東京や大阪では様々な場所で求人の募集がされています。東京と大阪でのアロマセラピストの求人での差は特に大きなものは見られず、月収もほぼ同額でした。どちらも人口も多い場所ですからその分だけ需要があるという事だと思います。 また、多くの人が来るサロンでは「リピーター」と「指名」が重要になってきます。表向きはノルマなしとはなっていても多少のノルマがあるのはどの仕事でも同じですし、ノルマがなければ技術の向上にも繋がらないのではないかとも思います。 適度なノルマがお互いを刺激し合い、よりよいサービスに繋がるのではないかと考えています。

利用する側から見て通いたくなるアロマサロン

最後に利用する側からの意見とすれば「リピートしたくなる」アロマサロンというのは、サロン内の雰囲気は勿論ですが従業員の教育が確り出来ているサロンです。言葉遣い一つで去るお客様もいれば、また来るお客様もいらっしゃいます。心を込めて自分の持つ技術を出し切る「アロマセラピスト」には延長をお願いすることもありますし、次回も必ず同じ方を指名したくなるものです。 その逆を言えば、心がこもっていない上に技術も中途半端では二度とそのサロンには行かなくなります。人気のあるサロンには一流のアロマセラピストがいるか否かなのではないでしょうか・

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

このランキングの中でも1位の「リクルートエージェント」は、求人数も多く、古くから運営されているため、求人の動向を詳細に教えてくれますよ。 来週にでも、「自分のスキルで転職して年収が上がるのか」を仕事帰りに聞きにいってみましょう。想像よりも自分のスキルへの評価が高くて驚くかもしれません。 ※相談は無料

関連タグ

アクセスランキング