IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

隣人トラブルの例10個|隣人トラブルの対処法と相談先

更新日:2022年07月02日

ビジネスマナー

日常生活を送る上で、隣人トラブルが生じてしまうこともあります。できることなら、穏便に解決したいものです。このページでは、「隣人トラブル」をテーマにして、隣人トラブルの具体的な例や対処法、相談先などをご紹介していきますので参考にしてください。

隣人トラブルとは

社会には法律やルール、モラルなどが存在します。 しかし、モラルなどは言葉や概念といった目に見えないもので出来ているものなので、人によって解釈や受け取り方の違いが生じて、「隣人トラブル」と呼ばれる衝突が起こります。 多くの人が集まって暮らす住宅街やマンション・アパートでは特に、生活を巡るトラブルが起こりやすいです。そこで今回は、隣人トラブルの例や相談方法、対処法などをご紹介していきます。

隣人トラブルの例10個

「隣人トラブル」とは、自宅の近所の住民や、同じマンションやアパートの住人によって、自分の日常生活に支障が出たり、不快感を感じさせられたりする状態です。 一言に「隣人トラブル」と言っても、トラブルの種類や原因はさまざまです。 「隣人トラブル」では、どのような例があるのか、以下でより詳しくご紹介していきます。

例1:生活音や騒音

例2:ごみの捨て方やごみ屋敷

例3:駐車場所と違法駐車やエンジン音

例4:ペットの臭いや鳴き声

例5:子供の騒ぎ声や物を叩く音

例6:町内会や地域のイベント

例7:玄関前や廊下などの共有部分の使い方

アパートなどの場合、玄関前や廊下などの共有部分の使い方から隣人トラブルになることがあります。 玄関前や廊下などの共有部分は誰のものかわかりにくいため、つい自分の物として使用している人がいた場合などは、通行に邪魔であるという物理的理由や、イライラするという精神的理由からトラブルになりやすいです。

例8:タバコのマナー

人によって吸ったり吸わなかったりするため、時にタバコのマナーは隣人トラブルに発展しやすいでしょう。 特に、アパートのベランダで吸っていた場合などは上の階や横の部屋の人に煙が届いてしまうため、よくトラブルになります。 吸い殻が道路によく落ちていたり、タバコのポイ捨てが多いなどもトラブルの元でしょう。

例9:境界線の問題

特に一つの家あたりの敷地面積が広い地域や、山や田んぼなどが多い土地では、慣習的に土地を利用していたり、境界線が曖昧なことが多いため、境界線の問題で隣人トラブルに発展することがあります。 慣習的に利用していたりする場合は直接相手に伝えにくいですが、土地の問題となると重要な問題であるため、気軽に放置できる問題でもありません。 相手と話し合ってすぐに解決しにくい性質の問題でもありますので厄介です。

次のページ:隣人トラブルの対処法
初回公開日:2017年03月14日

記載されている内容は2017年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング