IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【公務員】志望動機の書き方と例文|市役所/県庁など

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

こちらの記事では、公務員の志望動機の書き方や公務員への転職の志望動機などを紹介しています。公務員の面接の際には、必ず志望動機は聞かれます。どうして自分が公務員になりたいのか。その思いが十分に伝わるような志望動機を作成してみてください。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

公務員の志望動機の書き方

例文①

例文②

例文③

市役所や県庁の志望動機

志望動機のポイント3つを紹介します。参考にしてみてください。

①公務員を志望する理由をはっきりとさせる

志望理由書の志望動機で聞きたいことの1つは「なぜ公務員なのか」という点です。「なぜ公務員なのか」について明確にしておくことは、志望動機を考える上でのポイントでもあります。公務員・地方公務員という仕事上、親に進められて、安定したいから、という理由で志望してくる方も少なくありません。しかし、それを志望動機として正直に書くのは避けましょう。民間企業ではなく、なぜ地方公務員として働きたいのかを明示しなくてはいけません。

②受験する地域の特徴を把握する

③受験する地域を選んだ理由を明確にしておく

公務員への転職の志望動機

例文

志望動機がない場合

公務員の志望動機は明確にしよう

次のページ:志望企業の内定獲得のカギは「自己PR」
初回公開日:2017年03月14日

記載されている内容は2017年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング