IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

看護師の志望動機の書き方例文|病院を志望する場合はどう書く?

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

医療に携わる大事な職業の看護師。医療に携わる仕事なのでつい堅く難しく考えてしまい、志望動機などどう記入していいか、応えていいか志望動機に頭を悩ませる方も多いと思います。今回は様々なパターン別で看護師の志望動機の例文紹介していきたいと思います。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

志望動機を書く際のポイント

看護師という職業は医療に携わる仕事という事から、ついつい堅く考えて志望動機なども悩んでしまうと思います。今回は様々なパターン別の志望動機の例文を紹介していきますが、まずは志望動機を書く際に、どんな所に気をつけたらいいのか、どんな部分が大事なポイントなのかを見ていきたいと思います。

ポイント①理念や事業内容をしっかり確認する

採用担当者が好印象に思う志望動機を書くには、応募先の理念や事業内容をしっかりと調べておく事は必須と言えます。求人情報などをチェックするのはもちろん、ホームページなどがあればホームページのいたる所までチェックし、どんな理念があり、どんな部分に力を入れているか、どんな目標を持っているのか、そういった部分をチェックした上で志望動機に組み込むとかなり好印象になると思います。

ポイント②どこに惹かれたのか?

「将来性に惹かれました」「雰囲気に惹かれました」など抽象的な動機や、どこからか借りてきた様な言葉を使うのは印象を悪くしてしまいます。自分の言葉でしっかり、応募先のどんな部分に惹かれたのかを具体的に伝える事が大事です。こんな部分に惹かれたからこんな看護師を目指したいと付け加えると更に良いです。

ポイント③なぜ看護師なのか?

応募先を選んだ理由を明確に伝える事が出来ても、そもそもの何故看護師という職種を選んだのかという部分を伝えられなくては意味がありません。どうして看護師になろうと思っているのか、または、どうして看護師を続けようと思っているのか、自分の言葉、自分の意思をはっきりと伝えましょう。また、その際にこの先看護師としてどうなりたいのか、どんな看護師を目指しているのかという部分まで伝えるとより良いです。

ポイント④何をしたいのか?

応募先に看護師として就職が決定した場合に自分は何がしたいのか?どんな風に動いていけるのか、動きたいのか。自分が加わる事でどの様な変化を与え、自分自身もどの様に変わっていきたいのかなども明確にして伝える事はとても大事です。

新卒・既卒・転職などパターン別志望動機例文

では実際に志望動機の例文をいくつか見ていきたいと思いますが、新卒・既卒・転職などによっても志望動機の例文は変わってくるので、様々なパターン別での例文をご紹介します。自分に合った例文、ポイントなどを見て考えてみてください。

新卒の場合

「”私は、将来について考えたときに、人の頼りになることが好きなのでそれを活かす職業につきたいと思っていました。 幼い頃祖母が倒れ入院し、寝たきりの状態になったときに看護師が手厚く看護してくれたと母親から聞かされました。私が両親と面会に行ったときにも、看護師が祖母に対して同じ目線で話しかけたり、励まして元気づけたりする姿が大変印象的でした。 看護師という仕事は患者のために尽くし、患者から喜んでもらう職業だと思い、この職業についてみたいと考えるようになりました。しかし、看護学校での3年間の勉強を通して、改めて看護師という職業は幅広い年代の患者さんたちに対し看護していくので多くの知識や経験、技術、コミュニケーション能力が必要だと痛感しました。また、肉体的にも精神的にも過酷な職業だと感じましたが、患者を励まし元気づけるさせることができ、また患者を通して自分自身を成長させることができることに魅力を感じ、看護師になりたいと思いました。"」

この例文のポイントは、まず幼い頃の経験を元に看護師を目指した理由が明確になっているという部分。これでなぜ看護師を目指したのかという部分を伝える事が出来ます。次に、新卒という事もあり、看護学校に通う事で何を学んだのかという部分もしっかりと伝えられています。また、看護師という仕事を続ける上で自分がどんな風になりたいかという部分も伝える事が出来ています。

既卒の場合

初回公開日:2017年03月14日

記載されている内容は2017年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング