IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

看護師の志望動機の書き方例文|病院を志望する場合はどう書く?

書類選考・ES

医療に携わる大事な職業の看護師。医療に携わる仕事なのでつい堅く難しく考えてしまい、志望動機などどう記入していいか、応えていいか志望動機に頭を悩ませる方も多いと思います。今回は様々なパターン別で看護師の志望動機の例文紹介していきたいと思います。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

志望動機を書く際のポイント

看護師という職業は医療に携わる仕事という事から、ついつい堅く考えて志望動機なども悩んでしまうと思います。今回は様々なパターン別の志望動機の例文を紹介していきますが、まずは志望動機を書く際に、どんな所に気をつけたらいいのか、どんな部分が大事なポイントなのかを見ていきたいと思います。

ポイント①理念や事業内容をしっかり確認する

採用担当者が好印象に思う志望動機を書くには、応募先の理念や事業内容をしっかりと調べておく事は必須と言えます。求人情報などをチェックするのはもちろん、ホームページなどがあればホームページのいたる所までチェックし、どんな理念があり、どんな部分に力を入れているか、どんな目標を持っているのか、そういった部分をチェックした上で志望動機に組み込むとかなり好印象になると思います。

ポイント②どこに惹かれたのか?

「将来性に惹かれました」「雰囲気に惹かれました」など抽象的な動機や、どこからか借りてきた様な言葉を使うのは印象を悪くしてしまいます。自分の言葉でしっかり、応募先のどんな部分に惹かれたのかを具体的に伝える事が大事です。こんな部分に惹かれたからこんな看護師を目指したいと付け加えると更に良いです。

ポイント③なぜ看護師なのか?

応募先を選んだ理由を明確に伝える事が出来ても、そもそもの何故看護師という職種を選んだのかという部分を伝えられなくては意味がありません。どうして看護師になろうと思っているのか、または、どうして看護師を続けようと思っているのか、自分の言葉、自分の意思をはっきりと伝えましょう。また、その際にこの先看護師としてどうなりたいのか、どんな看護師を目指しているのかという部分まで伝えるとより良いです。

ポイント④何をしたいのか?

応募先に看護師として就職が決定した場合に自分は何がしたいのか?どんな風に動いていけるのか、動きたいのか。自分が加わる事でどの様な変化を与え、自分自身もどの様に変わっていきたいのかなども明確にして伝える事はとても大事です。

新卒・既卒・転職などパターン別志望動機例文

では実際に志望動機の例文をいくつか見ていきたいと思いますが、新卒・既卒・転職などによっても志望動機の例文は変わってくるので、様々なパターン別での例文をご紹介します。自分に合った例文、ポイントなどを見て考えてみてください。

新卒の場合

「”私は、将来について考えたときに、人の頼りになることが好きなのでそれを活かす職業につきたいと思っていました。 幼い頃祖母が倒れ入院し、寝たきりの状態になったときに看護師が手厚く看護してくれたと母親から聞かされました。私が両親と面会に行ったときにも、看護師が祖母に対して同じ目線で話しかけたり、励まして元気づけたりする姿が大変印象的でした。 看護師という仕事は患者のために尽くし、患者から喜んでもらう職業だと思い、この職業についてみたいと考えるようになりました。しかし、看護学校での3年間の勉強を通して、改めて看護師という職業は幅広い年代の患者さんたちに対し看護していくので多くの知識や経験、技術、コミュニケーション能力が必要だと痛感しました。また、肉体的にも精神的にも過酷な職業だと感じましたが、患者を励まし元気づけるさせることができ、また患者を通して自分自身を成長させることができることに魅力を感じ、看護師になりたいと思いました。"」

この例文のポイントは、まず幼い頃の経験を元に看護師を目指した理由が明確になっているという部分。これでなぜ看護師を目指したのかという部分を伝える事が出来ます。次に、新卒という事もあり、看護学校に通う事で何を学んだのかという部分もしっかりと伝えられています。また、看護師という仕事を続ける上で自分がどんな風になりたいかという部分も伝える事が出来ています。

既卒の場合

「"私は現在別の職種で働いていますが、看護業務から離れて初めて看護師として働きたいという強い気持ちに気付きました。 そこで、どんな看護師になりたいかを改めて考えたところ、患者様に親身になってじっくり寄り添える所で働きたいと思うようになりました。 貴院は、地域のかかりつけ医として信頼が厚く、患者様一人ひとりの様子を熟知した上で医療を提供していると思います。 私も地域で慕われる看護師として活躍したいと思い、応募させていただきました。"」

この例文のポイントは何故空いた期間があったのかという部分を伝えられている点、そして何故そこからまた看護師になりたいと思ったのかという部分まで伝える事が出来ています。また、応募先の長所をしっかりと見抜き、その部分が応募したきっかけとなった事、その応募先にて自分もどうなりたいかという部分まで伝える事が出来ています。

転職の場合

「”看護師として、様々なフィールドで活躍できる人間になりたく、病棟・外来・手術室など幅広い分野での経験を積んできました。 その経験を経て、消化器外科に非常に興味を持つようになりました。 今後は、今までの経験を活かしつつ、より患者さまに寄り添える立場である、消化器外科の病棟で、より専門的なスキル・知識などを習得していきたいと考えております。 特に外科手術に実績があり、地域最先端の医療現場を誇る貴院だからこそ、看護師としてより一層スキルを磨いていきたいと思い志望致しました。”」

この例文のポイントは、まずはどんな分野から転職してきたか、また、今までの就職先で何を学んだかという事、そしてその経験があったからこそ応募先へとたどり着いた旨までしっかり伝えられてる部分です。それにプラスして、その過去の経験を応募先にてどう活かしていこうと考えているか、応募先のどの部分に惹かれて応募したのか、しっかりと説明されていて非常に良い志望動機と言えます。

病院勤務看護師志望の場合

看護師というと病院勤務の看護師というのが当たり前と思う方もいるかもしれませんが、実はそうではありません。まず病院と診療所には違いがあり、病院は病床数20床以上の入院施設をもつもの、つまり大きな施設のほとんどは病院となります。診療所は病床数19床以下の入院施設をもつもの、この場合は開業医など、その町の小さな診療所というイメージのものです。また、看護師としての資格を活かせる場所としては訪問看護、介護施設、保育園、美容外科などもあります。その中で病院勤務を希望する際の志望動機の例文を紹介したいと思います。

「”看護師になって10年余りが経ち、様々な診療科で経験を積んでまいりました。 看護する上で念頭に置いていたのは、患者様の身体的、精神的苦痛を少しでも軽減できるように、小さな変化でも見逃さないよう観察を行うことでした。 今まではスキルの習得や患者様の対応に無我夢中でしたが、キャリアを積んで落ち着いた今、今後の看護師人生を考えるようになりました。 これからはじっくりと患者様に向き合う医療に携わりたく、地域の医療や福祉の発展に熱心な貴院の理念に共感し、志望いたしました。”」

この志望動機の例文のポイントは、今までの経験、学んできた事を伝えている部分、そしてその経験を元に何故病院勤務を今になって選んだかという事をしっかり伝えられている部分です。更に、応募先の理念に関しても触れているので、ポイントもしっかりおさえています。

看護師としてのスキルアップの場合

看護師としてスキルアップをしたく応募先を選んだ際には他の例文と違った志望動機を伝える事が重要になってきます。スキルアップというからにはどの様にスキルアップしたいのかなどを伝える事が大事です。

「”新卒以来、精神科で経験を積んでまいりましたが、看護師としてのスキルを高めるために、総合病院でしっかりと一般医療の経験を積みたいと思い、転職を決意いたしました。急性期から回復期、デイサービス、訪問看護まで設備が整っている貴院で、幅広い技術を身に付けたいと思い、志望させていただきました。精神科で培った患者様の気持ちに寄り添う看護を活かし、様々な疾患に対応できる看護師として長きに渡って活躍できるよう頑張りたいと思います。”」

この志望動機の例文のポイントは、まず今までにどんな経験を積み、何故そこではダメだったのかという事を伝えられている部分です。前の病院では何を学ぶ事が出来なかったのか、応募先にて何を学びたいのか、その部分を伝える事はとても重要です。また、過去の経験をどの様に活かしてスキルアップに繋げていくかという部分を伝えられている事も良いポイントです。

ダメな志望動機とは?

様々な志望動機の例文を紹介しましたが、ここでNGな志望動機のポイントを紹介していきたいと思います。良い部分をおさえるのはもちろん大事ですが、これから紹介するNGポイントもしっかりチェックしておいてください。

教わりたい・身につけたい

志望動機を書く上で、何を学び何を身につけたいかというのを伝えるのはとても大事な事ですが、教わりたい身につけたいだけを主張してしまうと、受身に思われてしまいます。自らどう動いていきたいのか、自分がどういう存在でありたいのかという部分まで伝えなければただただ受身な人間だと思われてしまいます。

抽象的

例えば「貴院の理念がとても素晴らしく感銘を受けました」だけではNGです。また、それに感想をつけくわえるだけもNG。この場合は理念が自分にどの様に響き、自分の考えとどの様に結びついたのか詳しく伝える必要があります。理念などを調べるのは当たり前なので、「理念に感銘を受けた」という言葉だけでは志望動機の定型文の様に感じられてしまいます。

給与や待遇面

やはり給与や待遇面に惹かれてという志望動機は悪印象に繋がってしまいます。給与に関しての部分を志望動機としてしまうと、他に給与が高い所があればそちらに転職してしまうんじゃないかと不安を感じさせる内容になってしまいます。もし給与や待遇に関して志望動機に加えるのであれば、しっかりした志望動機を話したついで位の気持ちでプラスで付け加えておきましょう。

前職への不満やトラブル

前職への不満なども志望動機としてはNGです。採用担当者からすれば前職への不満というのは単なる愚痴や悪口にしか聞こえません。そう思われてしまうとコミュニケーション能力も不足しているのでは?と思われかねません。

体調不良での転職

例えば「前職では残業や夜勤が多く体調を崩してしまい」という志望動機を書いてしまうと、残業や夜勤など対応が出来ない人と思われてしまう上に、看護師という仕事をしていながら自分の体調の自己管理が出来ていないという形で伝わってしまいます。もちろん残業や夜勤など就業時間などに関して自分の希望をハッキリと伝えておく事は重要ですが、その際には悪い印象にならない様に伝え方に気をつけましょう。

採用担当者は志望動機のどこを見ているか?

様々な例文、NGポイントまで紹介してきましたが、採用担当者は志望動機からどういった部分を見ようとしているのか、見ているのか、一番大事なポイントを紹介したいと思います。どうしても志望動機などが苦手という方はそこのポイントだけでもおさえておきましょう。

すぐに辞めないか

とにかく採用した際に、しっかりと仕事を続ける事が出来る人間かというのは大事なポイントです。なので、過去の経歴、今回の応募先を選んだ理由などが大事になってくるのです。つまりは、採用担当者に「これだけの気持ちがあればちょっとやそっとじゃ辞めたりしないだろう」と思わせる事が重要なんです。転職の場合はどうして前職を辞めてしまったかというのをしっかり伝えなければいけません。

即戦力になるか

これは病院などに関わらず、どんな現場においても即戦力になるかどうかというのは重要なポイントです。その為に、どんな信念を持っているのか、どんな風に自分から動いていきたいのかという事を伝える事が重要に成ってきます。

採用したいと思わせましょう!

例文やポイントなど様々な部分を紹介してきましたが、この中の全てを志望動機に組み込もうと思ってもなかなか難しいと思います。なので、この中から自分がうまく伝えられそうなポイントを汲み取り、自分の言葉で志望動機を完成させてください。例文も大事ですが、結局は応募先に対して自分がどれだけの気持ちを持っているかという部分は大前提に大事になってくるので、熱意を持って取り掛かってください。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング