IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

学校事務の年収と仕事内容|学校事務職員になるには採用試験がある?

職種研究

学校事務という仕事は、その名のとおり、学校に従事する事務の仕事です。しかしながら、学校に通学したことはあっても、学校で働くということはなかなか無いと思います。本稿では、学校事務について記載し、学校事務がどういった仕事かということを記していきます。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

学校事務の仕事内容

学校事務の仕事内容というのは、様々です。授業に係る事務であれば、学生のテストの点数の管理や成績の管理、時間割の作成、入学の手続きなどとなりますが、学校事務だからといってそういった仕事だけではなく、当然、一般企業と同じように、総務や経理、人事といった部署もあります。学校事務というのは、あくまで学校という組織の中で働く事務員ということになりますので、学校事務特有のものもあれば、総務、経理、人事など一般企業でもできる仕事もあります。また、地方入試などがある場合は、出張も当然ありますし、キャンパスをいくつも持っている学校であれば、異動もあります。こういったところも一般企業と変わりはないです。

学校事務の役割

学校事務の役割は、大きく言えば学校という組織の運営です。それが部署によって細分化されていき、例えば入学担当であれば、当然、入学してもらうための学生、生徒を集めないといけませんし、経理であれば、入学金などの収入・支出の管理、他にも寮などの学生の生活支援、生活指導といった役割もあり、これらの仕事があって、学校というものが運営されていきます。事務という名前のとおり、学校事務は縁の下の力持ちという役割を果たしていると言えるでしょう。 また、学校というのは、地域に根強く結びついているものです。学園祭や文化祭などのイベントがある時は、学校事務職員も当然参加をすることになりますし、これら以外でも地域に貢献することも重要な役割となります。

学校事務に対する志望動機

学校事務の志望動機としては、一番はやはり学校という教育の現場で働きたいということを全面的に押し出していくべきです。普通の事務なら一般企業でもできますので、一般企業に応募をすればいいという流れになってしまいます。学校事務を応募するのであれば、なぜ、学校事務でないといけないのかということが重要となります。学校と言えば教育の現場です。そういった組織で働きたい、学生のために貢献したいなどの理由を添えることが志望動機としては重要となってきます。 希望する学校が出身校であれば、出身校のために恩返しがしたいなど、志望動機は書きやすくなるはずですし、少なくとも母校愛を見せれば、他の学校の出身者よりも採用条件は有利になるはずです。 志望動機の書き方に関しては、就活のプロでもあるキャリアアドバイザーに相談、または添削してもらうといいでしょう。経験豊富なプロの目線で的確なアドバイスをしてくれます。

学校事務の給料・年収

学校事務の給料や年収というのはどれくらいの水準でしょうか、新卒の頃は他の一般企業と変わらない水準となります。年収も300万円くらいが目安となります。基本的に年功序列で給料が上がっていきますので、30代、40代になれば、平均年収より高い水準にはたどり着くことができるはずです。 学校がなくなるというのは一般企業に比べても可能性としては低いですし、有名な学校であれば、なおさらです。学校事務で年収目的で働くのであれば、長く勤めることを前提に仕事をしていきましょう。

学校事務職員になるには(資格/採用試験など)

学校事務になるには色々な方法があります。資格というものは特に必要はありませんが、大学の事務をやるのであれば、大学卒業の最終学歴を要件としている大学がほとんどです。採用試験も新卒、中途で分かれており、人気の職種ですので、採用のハードルは高く、競争率も高くなります。 上記は正規雇用の学校事務職員の話しとなります。学校事務は人材派遣会社から派遣職員を多く募集しており、派遣職員であれば、上記のような採用試験はほとんどなく、学校事務職員になることができます。派遣ですので、契約期間はあり、実際に働けるのは数年となりますが、雇用形態にかかわらずとにかく学校事務職員として働きたいという人であれば、こういった方法もあることを覚えておきましょう。

学校事務職員からの転職

学校事務職員をやっていたが、一般企業に転職をしたいという場合、学校事務のキャリアは転職に有利に働くでしょうか、企業にもよりますが、学校事務はどちらかというとそれほどまでに一般企業からの評価が高いとは言えませんので、このキャリアが有利になるとは言えません。それこそ、外国人の学生を相手にして英語が堪能であるとか、システム部にいて、システムには精通しているなど、一般企業でも通用するスキルがあれば話は別ですが、学校の事務というのは、一般企業には無い仕事ですし、活用する場も少ないので、もし、学校事務をキャリアに他の企業に転職をしようとするのであれば、一般企業でも通用するスキルを身に着けてから転職を考えましょう。 学校事務職員から転職を考えている方は、自分にピッタリの求人を紹介してくれるエージェントを活用するといいでしょう。適性を見極めてくれるので、何をすればいいか分からない人でも安心して相談することができます。

学校事務と公務員の違い

学校事務というのは、準公務員と言われるように、どちらかというと一般企業よりも公務員よりと言われます。そもそも学校という組織が私立だろうが公立だろうが、公の立場という意味合いが強いからとなります。では、学校事務と公務員との違いはというと、実は学校事務の中でも公務員扱いとなるものと一般企業の社員扱いとなるものの二つに分かれます。その境目は、公立学校か私立学校かの違いです。公立の学校であれば、地方公務員という扱いになります。私立であれば、一般企業となんら変わりありません。

教員は学校事務職員か

学校で働く人間が全て学校事務職員であるかというとそうではありません。教員は教員ですので、学校事務職員とは言えません。教員は教員免許が必要となります。一方、学校事務は前述のとおり、特に資格は必要ありません。教員は実際に学生や生徒に授業をする人でそれを裏で支えるのが学校事務職員です。教員と学校事務職員は仕事上のやりとりは多くあるため教員とうまくやっていくことが学校事務職員として必要となります。大学にもなるとご年配の偉い教授などもいますので、コミュニケーションスキルはさらに求められることとなります。

学校事務の魅力

学校事務の魅力というのは人それぞれあるとは思いますが、教育の現場で働くことができるということに魅力を感じる人は多いです。また、学生、生徒と接することも多いですし、もし、自分がそこの学校の出身者であれば、愛着を持って仕事ができます。また、仕事内容はルーティンが多く、一般企業に比べて残業も少なく待遇も良く、福利厚生も充実していると言えますので、そういった面でも魅力を感じる人は多いです。

学校事務の仕事にブラックはある?

学校事務は一般企業に比べてホワイトなイメージがあります。では、実際にブラックな学校事務があるかと、答えはほとんどノーです。聞いたことも無い学校ならまだしも、ネームヴァリューのある学校であれば、マスコミ沙汰となる不祥事や悪評を恐れます。一度悪いイメージがついて収入源となる学生が減ってしまうことは、学校にとって一番の痛手です。また学校事務が激務と言っていたら、教師は超激務であると思います。学校は公的機関です。学校事務は、入学時期などの繁忙期を差し置いて、仕事量は多くありません。ですので、学校事務はブラックには、ほど遠い環境にあると言っていいでしょう。

学校事務に一番大切な適正

一般企業の事務であれば、求められる適正は事務の処理能力やパソコンの知識、経理事務であれば、経理の知識などが重視されます。学校事務に求められる適正も上記のような能力は求められますが、何より大切なもの、それは人当たりの柔軟性です。なぜなら、上は70代にもなる偉い教授や職員の重役、下は10代のまだ社会に出ていない学生・生徒を相手にすることになります。これ程の年齢差の相手に対し、仕事をする職業というのはなかなかありません。色々な世代を相手にするには、人当たりの柔軟性というのは非常に役に立ちます。ですので、スキルよりも学校事務にとって必要なことはコミュニケーションとなります。

関連タグ

アクセスランキング