IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

不動産業界への志望動機の書き方と例文|事務職/営業職など

更新日:2022年06月08日

書類選考・ES

不動産業に就きたいと考えている方にぜひ知ってほしい、不動産の志望動機の書き方や新卒、転職についてお伝えしていきます。特に事務職の志望動機の書き方については困ってしまう方も多いのではないでしょうか?これを読んで参考にしてみましょう!

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

不動産とは

まず不動産について勉強しましょう

みなさんは不動産をご存知でしょうか。まずは不動産について説明しましょう。不動産とは名の通り、動かない物という意味です。(ちなみにその他動くものは全て動産) 民法86条に "1.土地及びその定着物は,不動産とする。" "2. その他の物は,すべて動産とする。" と記載されています。(3省略)

不動産の志望動機【新卒・未経験編】

新卒のあなたは職歴もまだないまっさらな状態です。ですが常識とその仕事に向けての熱意があれば会社側は研修として教育場所を確保しているので入社しやすいです。日本はまだまだ新卒定年社会ですので、新卒で就職するのが1番おすすめです。 新卒、未経験での志望動機の書き方については、実は他職種との差はあまりありません。一般的に「この職種に興味がある」がほとんどでしょう。そこで必要になってくるのが【企業研究】です。そこから志望動機を探っていくのです。

企業研究が大切

なぜ企業研究が必要なのでしょうか。それは例えるならこの状態は、好きな人に告白をするときにどこが好きなのか言えない状態だからです。このままでは振られてしまいますね。興味はあるけどどこが好きなのか、またあなたをどうやって幸せにするのかを具体的に言わなければあなたのことを何も知らない会社はあなたのことを振るでしょう。どれだけ準備をして会社を口説くか。これは難しそうに見えて実は簡単なのです。まずは良い例文と悪い例文を見比べてみましょう。

× 売り上げの伸び率、お客様への気遣い、丁寧な対応を拝見し、貴社で組織の一員として頑張っていきたく志望致しました。 ○ 昨年の新規事業に着目し○○の売り上げ向上、店頭でのお客様への気遣い、笑顔で丁寧な対応を拝見し、貴社で組織の一員として頑張っていきたく志望致しました。私は貴社で○○事業を××サークルで培った企画力を生かし、海外へと発展させていきたいと考えております。

何でも具体的に伝える

悪い例は、文章としては悪くありません。ですが淡々と相手を褒めて自分の意思を提示しています。その会社のファンであることを伝えるだけならいいのですが、これでは大勢いる就活生に埋もれてしまいます。また、褒めるポイントもどこか曖昧です。何を見て丁寧だと感じ、これからどう頑張っていきたいのかを具体的に伝えると効果的です。志望動機を見た面接官に、会社について理解してくれていると感じてもらえますよ。 良い例では自分の経験をしっかりアピールしながらどう貢献できるのかを伝えています。1つの文章で1つしか伝えないのは勿体無いです。書くスペースも時間も限られているので、少ない言葉で多くを伝えるようにしてみてください。 志望動機を上手にまとめる方法をプロのキャリアアドバイザーに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

次のページ:不動産の志望動機【転職編】
初回公開日:2017年03月16日

記載されている内容は2017年03月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング