IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

チャイルドマインダーの給料と仕事内容|資格の取り方と試験内容

職種研究

チャイルドマインダーと保育士は、子供の保育に関する資格として、現在人気を二分していると言われています。一体なぜそんなに人気があるのでしょうか?チャイルドマインダーの魅力はどういった所なのでしょうか?チャイルドマインダーのに資格ついて、ご紹介したいと思います。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

あの「嵐」のメンバーも資格取得!「チャイルドマインダー」とは?

ジャニーズの人気アイドルグループ「嵐」さん。そのメンバーである「大野智さん」「櫻井翔さん」「二宮和成さん」「松本潤さん」「相葉雅紀さん」が取得した事でも、多くの方に認知されたのが「チャイルドマインダー」の資格です。 チャイルドマインダーというのは、70年以上前にイギリスで生まれた資格で、少人数の保育を行う専門家の事です。現在日本では民間の認定資格になります。保育の形として、どんどん人気が上がってきているチャイルドマインダーですが、どのような物なのでしょうか?

チャイルドマインダーと保育士の違い

保育、といえば多くの人がイメージにするのは、保育士さんのお仕事ではないかと思うのですが、チャイルドマインダーのお仕事とは、いったいどういった違いがあるのでしょうか?二つの資格について、比較してみましょう。

チャイルドマインダーの資格

まずは、気になる必要な資格についてです。 保育士になるために必要な資格は、厚生労働省管轄の国家資格です。取得するためには、「指定保育士養成施設」である専門学校か大学に通い、卒業後、「保育士試験」を受け、合格したのちに、都道府県の「保育士登録簿」に登録して、初めて保育士として働く事が可能となります。 比べて、チャイルドマインダーに必要な資格は、民間の認定資格となります。資格認定を行っている各団体の養成講座などを受講したのち、認定資格取得の試験を受け、合格をすれば、チャイルドマインダーとして働く事が可能です。講座の受講期間も、団体によって様々ですが、6か月くらいまで、という、かなり短い期間なので、多くの人にとって取得しやすい資格となっています。そのため、社会人、主婦、学生などで取得する方も多く、また、保育士の方で、保育士の資格と更にチャイルドマインダーの資格も取得する方もいます。

チャイルドマインダーの保育の場所は?

保育士とチャイルドマインダーでは、保育を行う場所が違ってきます。 まず、保育士は、各保育所、施設などが主な場所となり、集団の保育がメインとなります。 病院や、娯楽施設、などお子様を一時的に預かってほしい施設などにも、サービスの一環として保育の場所が作られる事もあり、そうした場で、多人数のお子様を安全に保育するという一時保育などでも働く事が出来ます。 チャイルドマインダーは、自分自身の自宅やお子様のご自宅、少人数制の託児所などで働く事が出来ます。保育所などのような多人数を、集団行動を主体として保育するのとは違い、個々の子供に合わせた保育をする場で働くのがチャイルドマインダーです。

チャイルドマインダーの保育人数

では、保育士とチャイルドマインダーでは、保育人数の規定はどう違うのでしょうか? 保育士はもともと集団保育を主とした資格で、そのように学ぶためお子様の年齢に応じてですが、多くのお子様を保育することが出来ます。保育士一人当たりで保育出来る人数は 0歳     3人 1~2歳    6人 3歳     20人 4歳以上   30人 (各自治体によって変動があります) となります。一方、少人数を家庭的な環境で保育するチャイルドマインダーは 0歳    2人 1歳    3人 2~4歳   4人 とされています。 多人数を保育するには、集団での行動のノウハウや安全管理が必要となるため、保育士のような教育を受けた方でないと難しいといえます。個を大切に見ていくチャイルドマインダーでは、多くて4人までの密な保育が求められています。

チャイルドマインダーの求人状況

現在、保育士は不足が問題となっており、保育士の人数より、求人数が勝っているほどです。 そこに比べ、チャイルドマインダーを求める求人はまだまだ少なく、資格を取得後、どこかへ就職するという事は、やや難しいです。しかし、そもそも実際チャイルドマインダーの資格を取られる方は、どちらかへ就職することを望む方より、ご自分での開業を目指す方が多いので、求人が少ない事は大きな問題にはならないと言えます。

チャイルドマインダーの収入

保育士として働く場合、就職して働く事が多く、月収が20万円前後となります。重労働である割には、給与が低いという事が、現在問題視されています。 チャイルドマインダーは自宅開業や、少人数制の施設、お子さんのご自宅へ訪問などで、収入も様々ですが、施設勤務の場合、時給1000円前後お子さんのご自宅への派遣で、時給1500円~自宅開業、お子さん3人を11時間保育 月収30万ほどというのが目安となります。 

チャイルドマインダーの資格、おすすめの取得方法は?

チャイルドマインダーの資格取得は、一体どのように取るのが良いのでしょうか?資格取得を目指す方の状況などに応じた方法が選べるのも、チャイルドマインダーの資格取得人気が高まっている理由です。メリット、デメリットなどを考えながら、ご紹介しましょう。

通信制講座

通信制講座は学校などに通わず、自宅で、自分の好きな時間に勉強することが出来ます。 ですので、お仕事や学校、家事、育児が忙しい方でも、受ける事ができるというのは、大きなメリットです。 ちょっとした隙間時間を見つけて勉強したり、自分のスケジュールに合わせて計画を立てたり出来るので、忙しい方にとってはとても良い方法です。しかも、通学の時間、交通費も抑えられるので、無駄を省くことが出来ます。 一方、デメリットとしては、意志が強くないと続かない可能性があげられます。自分でモチベーションを保つ工夫をしながら、続けていく事が必要です。また、実際にチャイルドマインダーとして働く雰囲気や感覚をつかみにくいというのが、デメリットとしてあげられます。実習などがなく、DVDのみの学習となる講座が多いため、実際の働いている雰囲気が分からず、イメージしにくかったり、資格をとっていきなり保育を始めるとなると、初めて保育に携わる方は、戸惑う事も多いようです。

通学生講座

通学制講座のメリットは、資格取得まである程度、スケジュールが組んであるため、資格取得までの流れも分かりやすく、またスピードが早いです。カリキュラムによっては数週間で取れてしまうものまであります。 他にも、講師のサポートがすぐ受けられる事。実際に開業してチャイルドマインダーとして働いている方の体験談を聞ける機会もあるので、開業を目指す方にはとても良いと思います。受講者同志のつながりも出来るので、互いに協力し合ったり、相談しあったり良い関係を築けることが多いです。 デメリットは、通う学校が近くになかったり、スケジュールに縛られたりが挙げられます。 また、学校に通う事で、講座に出れば勉強をした気になってしまう、というのも、気をつけなくてはいけない点です。

受講の費用の目安

では、実際、講座を受け試験を受けるのに必要な費用はどれくらいなのでしょうか? 団体によってかなり違いがあるのですが、講座が15万円前後から40万円前後。受験料も5000円前後から1万5000円前後と大きく違います。値段が高いから良いというわけではありませんが、信頼度や実績などから、就職を目指している方はやや高めの講座を選ばられる事が多いようです。資格さえ取れれば良いという方は比較的安価な講座を選ばれるようです。

試験内容、合格率は?

試験内容については、各講座を受けた後に試験があるため、それぞれの講座内容に沿った問題が出る事が普通です。 ですので、実際に習った内容をしっかり復習しておけば、安心な試験ともいえます。 おおよその試験分野としては、 ・0歳から12歳までの子供の保育について ・チャイルドマインダーの位置づけ ・子供の発達、安全、衛生面について ・保護者とのコミュニケーション方法 ・ビジネスマナー、スキル などです。 合格率については70%~90%となっています。

チャイルドマインダーの資格を活かすということ

チャイルドマインダーは、保育士さんのように、多くのお子様を見ることは出来ません。集団行動の大切さなどを教える事も出来ません。そうした事を子供たちに教えるのはもちろん大事ですが、チャイルドマインダーにとっての強みは、各家庭、親御さんの教育方針などをきちんと話し合い、それらに沿った、細やかな保育をすることが出来ることです。 子供一人一人の個性を伸ばしてあげられたり、健康面の管理をしたり、成長を間近で見る事によって、深い絆を養う事が出来たり。子供ときちんと関わりたい、向き合いたい、と考えている方にとってはチャイルドマインダーのお仕事は適職だといえます。 現在、子供を預けたくても、保育園に入ることが出来ず困っている方がいたり、保育園の不足を解消するため、いざ保育園を作ろうとしても周りから苦情が来たり今の世の中、子供を預けるという事は、中々難しい事です。 少人数で大きな施設を必要とせず、体調が多少悪い時でも保育してくれて各家庭に沿った細やかな関わり方が出来るそんなチャイルドマインダーのお仕事は、これからの時代、子供を保育してもらうときの一つの形として、とても期待されるものです。 チャイルドマインダーとして、個々の関わり方を大切にした、丁寧な保育を行う事は、子供の心を大切にすることに繋がります。一人でも多くの子供が、幸せで温かい保育を受けられる為に、チャイルドマインダーという資格が、更に普及していく事はかなり有効だと思います。子供と関わることが好きだという方、ぜひ一度資格取得を考えられてみてはいかがでしょうか?

関連タグ

アクセスランキング