IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

バイヤーの年収と仕事内容|資格は必要?資格は?

初回公開日:2017年03月14日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

業種としてよく耳にする「バイヤー」。果たして、バイヤーとは大雑把にまとめるとどのような仕事なのか。この記事ではバイヤーのについて書いていきます。バイヤーとは商品を仕入れそれを売る仕事です。そんなバイヤーについて詳しく見てきたいと思います。

バイヤーの資格とは

資格をとる人も

その他の資格

バイヤーの年収は

百貨店や量販店での年収は

バイヤーの志望動機

アルバイトや消費者の立場から

バイヤーならではの志望動機を

バイヤーになるための就職試験で志望動機を述べる場合、「洋服が好きだからファッションバイヤーになりたい」というように自分の好きなことや得意なことをアピールするだけでは志望動機としては弱いのです。ここで重要なのは、「なぜバイヤーという職種なのか」ということ。バイヤーの存在が流通業界でどんな役割を果たしているか、あるいはどんな役割を果たすべきなのか、自分なりの意見を持っていることが大事です。

バイヤーを目指してみますか?

① バイヤーはなるのも難しいが一人前になるには10年かかる場合も ② ヒットを量産できるひとは他のバイヤーに比べて年収が高い傾向にある ③ 百貨店に総合職として就職するのバイヤーになるルートの一つ ④ バイヤーという仕事を理解していないと志望動機が弱くなりがち ⑤ ショップ店員や販売のアルバイトするのも選択肢に入る ⑥ 語学力を磨くために資格取得を視野に入れる ⑦ ファッションバイヤーになるなら資格取得もプラスアルファになる

関連タグ

アクセスランキング