IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ベビーシッターの給料と仕事内容|ベビーシッターの資格の取り方は?

更新日:2020年08月14日

職種研究

ベビーシッターの仕事や収入は、どのようなものなのでしょうか?このページでは、「ベビーシッター」をテーマにして、仕事の内容や関連資格に関する情報をご紹介しています。また、ベビーシッターの給与や収入に関する情報もまとめています。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

ベビーシッターとは?仕事内容や資格について

家族構成や家庭の方針にもよりますが、「ベビーシッター」という職業は、私達にとって比較的身近な職業の1つだと思います。 独身の方や小さな子供がいない家庭にとっては、あまり関係のある職業ではないかもしれませんが、「ベビーシッター」と聞けばどのような職業なのかパッと連想できる方も多いことでしょう。近年は、女性の社会進出が進み、結婚してからも仕事を続ける女性は増えてきました。ベビーシッターは、働く女性にとって、大変心強い存在だと思います。 今回は、そんな「ベビーシッター」をテーマにして、ベビーシッターという職業や仕事の内容、必要な資格などをご紹介していきます。

ベビーシッターとは

「ベビーシッター」というと、母親・父親が働いたり家をあけたりする際に、親や家族に代わって子供の面倒を見る職業を思い浮かべる方が多いと思います。基本的には、上記のようなイメージで間違いはないと思いますが、そもそもベビーシッターとはどのような存在なのか、言葉の意味や職業としての定義についても確認しておきましょう。 「コトバンク」によると、「ベビーシッター」とは、「親が外出している間など、その幼児の世話をする人。子守り。(※1)」だそうです。冒頭でもご紹介したような、一般的に使われている意味や見解と、本来の言葉の意味は、大差がないようですね。 日本では、まだまだ利用率や知名度はそう高いものではないようですが、アメリカなどではかなりメジャーな職業となっているそうです。アメリカでは、「高校生や大学生にとってよいアルバイト(※1)」にもなっており、日本以上に身近な職業となっています。

ベビーシッターの仕事内容

基本的には、親や家族に代わって子供の世話をする職業と認識されているベビーシッターですが、実際のところはどのような仕事をしているのでしょうか?続いては、ベビーシッターの仕事内容について、より細かく見ていきたいと思います。

ベビーシッターの仕事内容【1】:基本的なお世話

ベビーシッターの基本的な仕事は、子供の面倒を見ることですが、一言で「面倒を見る」と言っても、その内容はとても幅広いものです。最も基本的な仕事は、子供が日常生活を不自由なく送れるよう、親や家族に代わって面倒を見ることでしょう。食事やトイレ、着替えなどが自分でできない年齢の子供の場合は、それらの面倒を見る存在がいなければ、日常生活を送れません。 ですから、親や家族が不在でも、子供が日常生活を送れるように基本的なお世話をすることは、ベビーシッターの仕事の中でも特に重要な仕事だと言えるでしょう。

ベビーシッターの仕事内容【2】:勉強や遊び

ベビーシッターの仕事は、単に子供の食事やトイレのお世話をするだけではありません。面倒を見る対象となる子供の年齢や家庭の方針にもよりますが、時には子供の遊びに付き合ったり、子供の勉強をサポートしたりといった仕事をする場合もあります。 単に子供が普段と同じ日常生活を送れるように面倒を見るだけでなく、子供の要望に応えて遊んだり、子供の勉強を見たりして、精神的な面を満たすこともまた、ベビーシッターの仕事の1つなのです。

ベビーシッターの仕事内容【3】:家事代行

契約内容やサービスの方針などにもよりますが、時には家事代行も行うベビーシッターもいるようです。両親や家族が普段できない洗濯や買い物などを、子供の面倒を見つつ行うことも、場合によってはベビーシッターの仕事となることがあります。 また、子供の幼稚園や保育園の送迎なども、仕事として行うこともあるそうです。

ベビーシッターの資格

お世話をすることで、国や世界の将来の担い手である子供の成長をサポートし、更に保護者や家族からも感謝されるべビーシッターは、素晴らしい職業です。特に、子供好きな方や家事などが好きな方は、「ベビーシッターとして働いてみたい」と考えるかもしれませんね。 では、どのようにすればベビーシッターになれるのでしょうか?続いては、資格にスポットを当てて、ベビーシッターになる為の資格の有無や、取得していると有利になれる資格などをご紹介していきたいと思います。

資格がなくてもベビーシッターになることは可能

ベビーシッターと同じように、子供の面倒を見る職業である保育士や幼稚園教諭などは、特定の学歴や資格がないと、働くことができない場合があります。 しかし、ベビーシッターの場合は、特定の学歴や資格を取得していなくても、実は働くことができるものなのです。「子供の面倒を見る」と言ってしまうと、そんなに大変な仕事ではないような印象を受けますが、実際には子供の安全を守る重大な責任を伴う職業でもあります。 そんなベビーシッターが、資格無しでも成り立つことに違和感を覚える方もいらっしゃるかもしれませんね。 確かに、基本的には資格や学歴に関係なく、ベビーシッターとして働けますが、ベビーシッターに関するさまざまな資格も存在します。資格取得が義務ではありませんが、資格を取得しているベビーシッターであれば、より信頼できる可能性は高いと言えるでしょう。

ベビーシッター関連の資格を取得するメリット

初回公開日:2017年03月14日

記載されている内容は2017年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング