IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職に失敗して後悔する人の共通点7つ|後悔しない転職術6つ

転職事情

「うまくいかない!」と転職に失敗して後悔を嘆く前に自分の事を見直してみませんか?実は、転職で失敗して後悔する人には共通点があるんです。今回は転職で失敗する人の共通点と後悔しないための転職術をご紹介していきます。ぜひ活かして転職成功のカギを手に入れましょう。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 転職に失敗する人は、理想と現実のギャップを持ちすぎている
  • 転職で後悔したくないなら、業務内容をよく確認したり適性検査を受けよう
  • 失敗しない転職なら「マイナビエージェント」

転職を考えた際、もし失敗したら、後悔したらと考えるとなかなか踏み出せないですよね。 マイナビエージェント」なら、希望する業界や企業の詳細情報を聞くことができたり、あなたに合った求人を紹介してくれますので、一度相談してみることをおすすめします。

転職する理由・日本の転職率とは

転職する理由・日本の転職率とは

「転職」というワードをよく耳にするかもしれませんが、実際に1つの会社に定年まで働くという人は減っており、転職を考える人は多いです。 それでは、どんな理由で転職を考えているのか、日本の転職率はどのくらいなのかという部分をご紹介していきます。

転職する理由

転職する理由は人それぞれですが、以下のような点が挙げられます。 ・アルバイトや正社員など雇用形態を変えて働きたい ・地元に帰って働きたい ・スキルアップをしたい ・現在の職場の給与や待遇に不満がある ・自分が本当にやりたいことに挑戦したい

日本の転職率とは

日本全体の転職率は年齢によって異なり、20代前半は24%程度・20代後半は12~13%・30代前半は10%程度で、30代後半以降は10%以下というのが平均になっています。 年齢が上がるにつれて転職するにはデメリットな部分多く、若い年代の場合は年齢を気にせず転職するといった傾向が見られています。

転職を失敗したら出戻りできるのか?

実際に転職をしたものの、働いてみると前の会社の方が環境が良かったなと気付き、出戻りしたいと感じてしまう人は多いでしょう。 もちろん会社によっては出戻り可能なのですが、それなりのリスクが伴ってくることも覚えておきましょう。以前働いていた良好な雰囲気で働けるとは限りません。また、辞めたことで失った信頼関係を一から築いていかないといけない場合が多いです。 辞めたというマイナスなイメージからの出戻りは予想以上に苦労してしまう場合が多いので、気を付けておきましょう。

よくある転職の失敗例8つ

よくある転職の失敗例8つ

まずは、転職のよくある失敗例を幾つかご紹介していきます。 事前に知っておけば防げるような例もありますので、参考にしましょう。また、自分自身がそうならないように失敗例をしっかりと見て学びましょう。

失敗例1:転職後のビジョンを描けていなかった

失敗例1つ目として、転職後のビジョンが描けていなかったことで本当に自分がやりたい仕事だったのか、この仕事を続けていいのか分からなくなる人が多いです。 将来のビジョンがない人は、なんとなくで転職してしまい失敗したと後悔してしまうことが多いでしょう。

失敗例2:イメージしていた会社じゃなかった

失敗例2つ目は、イメージしていた企業・会社じゃなかったことが理由で転職を後悔してしまうということです。例えば「残業ほとんどなし」と紹介されていたが、実際は毎日少しずつ残業時間が伸びている・残業が長いといった例があります。 その企業について口コミサイトなどを利用して調べておけば、事前に防げる失敗例でもあります。

失敗例3:興味がある仕事だったのに合わなかった

失敗例3つ目は、興味がある仕事に就きたくて転職したが、実際やってみると自分には合わなかったという例です。 自分の性格に合うのかをしっかり考えて適職を選ぶ必要がありますが、思ったよりも仕事についていけない不甲斐なさに自分自身を追い込んでしまう人が多いでしょう。未経験の仕事への挑戦は、事前にしっかりと勉強しておくことが大切です。

失敗例4:社内の雰囲気が悪い

失敗例4つ目は、社内の雰囲気が悪いという理由の失敗例です。新人教育の上司がやる気がない場合や社員同士が仲が悪く非協力的で仕事がやりずらいといった意見がよくあります。 社内の雰囲気に関しては事前に知る方法は少なく非常に難しい問題ですが、最近では企業の評判や口コミサイトで実情を知れる方法はあるので下調べしておくといいでしょう。

失敗例5:聞いていた給与や労働条件が異なる

失敗例5つ目は、求人票や面接時に聞いていた給与・労働条件が異なるという例です。実際に入社後に給与明細等で確認すると給与の金額が大幅に異なっていたり、昇給制度に関しても異なる内容を提示されたりなど、ブラックな部分を企業側が隠して求人を出している場合もあります。 転職した後に後悔しないように、転職エージェントなどを活用してその企業の待遇や給料・労働条件がしっかりしているか確認して転職することをお勧めします。

失敗例6:仕事についていけなくなった

失敗例6つ目は、頑張ろうと気合を入れて転職したが、思ったように活躍できないと頭を抱える場合の例です。 自分には出来ると高を括って転職したがそう甘くはなく、勉強不足で周りに迷惑かけるばかりで辞めたいと感じてしまい、転職を後悔してしまうといった場合があります。 事前に自分でできることは準備しておき、勉強しておくことも大切です。

失敗例7:迷ったまま転職して後悔

失敗例7つ目は、曖昧な気持ちのまま迷って転職をしてしまい、後悔してしまう場合です。 「本当にこの職場が私に合っているのかな...」と迷いながら転職を決めてしまうと、後々後悔してしまう場合がほとんどです。自分にはこの職場しかないと決心をしてから転職に踏み切るように心がけることが大切です。

失敗例8:貯蓄がないまま退職して急遽転職

失敗例8つ目は、貯蓄がないまま退職してしまったことで生活に困って急遽転職することになり、自分の希望する職種じゃない職場に転職してしまったという場合です。 辞めたいという気持ちを抑えきれないまま後先考えずに転職してしまった場合、自分の希望する職種や条件に近い企業に転職することは非常に難しいです。事前に先のスケジュールを自分の中で決めてから、転職活動を行うようにしましょう。

転職で失敗して後悔する人の共通点7つ

転職で失敗する人の共通点は7つあります。どれも共通して言えるのが現実逃避と転職後に過度な期待や希望を持ちすぎている事です。 転職して後悔する前に自分自身が該当していないか確認していきましょう。詳しくは以下で詳細を解説していきますので参考にしてみてください。

1:転職後は別の職種を希望している人

転職で失敗する人の共通点1つ目は、転職後は別の職種を希望している人です。なぜ転職後に別の職種を希望している人は転職後に失敗してしまうのでしょうか。それは興味本位で転職してしまう事にあります。 例えば現在営業をしているとします。営業は毎日歩いて疲れるので、次は室内で体力的に楽に働けるように見える事務職を希望し転職したとします。 室内なので体力的には大変ではないでしょう。しかし黙々と作業をする事もあるため、営業の頃は外で体を動かす事が出来たのに、事務ではそうした事もできないためストレスで辞めたくなってしまうでしょう。 こうなってしまうと転職した事を後悔し営業職に戻りたいとまで思ってしまうでしょう。このように興味本位での転職は後悔する可能性があるためしない方が良いでしょう。

2:何事も他人のせいにしてしまう人

転職で失敗する人の共通点2つ目は、何事も他人のせいにしてしまう人です。なぜ何事も他人のせいにしてしまう人が転職後に失敗してしまうのでしょう。転職する理由も他人のせいにしてしまう思考のクセが大きな原因です。 例えば前職でも他人のせいで辞めたとします。こうした人は転職後も同じ理由で不満を溜めて辞めてしまうのです。それは思考のクセがついてしまっているため、いつも転職を決める時は誰かのせいであり、自分は悪くないと思っています。 こうした悪い思考はどこかで断ち切らない限りいつまでもいつまでも続きます。もしあなたもそうした思考のクセに思い当たる節があり、転職後に後悔したくないのでしたら、一旦立ち止まって自分を見つめ直す事をおすすめします。

3:海外勤務に憧れている人

転職で失敗してする人の共通点3つ目です。海外勤務に憧れている人です。なぜ海外勤務に憧れている人は転職で失敗するのでしょう。 転職先の国によっては日本よりも給料が下がってしまう国もある事や言葉の壁が主な原因です。 特にアジア圏は思っている以上に給料が日本で働くよりも下がります。そして言葉の壁があります。現地の言語をしっかりと話すことができるのなら問題はないのですが、話せないのはかなり大きな壁です。 言葉が話せなくても有利な資格を所持しているならばアピールする事ができますが、言葉が話せないというのはそこまで大きな壁なのです。 そのため海外勤務に憧れている人は憧れだけで転職して後悔する可能性が高いです。海外でどうしても働きたいならばそれなりの覚悟が必要なのです。

4:将来の夢や目標が無い人

転職に失敗する人の共通点4つ目です。将来の夢や目標の無い人です。なぜ将来の夢や目標が無い人は転職に失敗してしまうのでしょうか。 将来の夢や目標が明確でない事が原因です。将来の夢や目標が無いという事はどこかに自分が求めている仕事を常に探している事になります。 そこで友人が転職で成功したり、仕事で成功した話を聞くと、羨ましくなり自分もそうなりたいと思って焦って行動してしまいます。 転職では焦りは禁物です。やりたい仕事や学びたい事が明確であれば良いのですが、このような考えでいると、手っ取り早く目の前にある仕事をなんとなく始めてしまうのです。 明確な目的も無く、友人を羨んで動くというのは良い傾向ではありませんよね。そのため将来の夢や目標の無い人は、なんとなく転職を始めて転職後にこんなはずではない!と後悔してしまうのです。何か将来の目標を見つける事から始めた方が良いかもしれませんね。

5:現在の職場での実績が全くない人

転職に失敗する人の共通点5つ目です。現在の職場で実績が全くない人です。なぜ現在の職場で実績が無い人は失敗するのでしょうか。 転職とはつまり中途採用ですよね。中途採用に求められているのは即戦力であるため、現在の職場で実績が無いのは転職するにあたり不利ですし、転職後もできる事は限られているわけですから、前の職場の方が良かったと必ず後悔してしまう事でしょう。 新たな職場で新鮮な気持ちで働きたい気持ちは分かりますが、中途採用は一から育てる人材よりもそれなりの実績を持っている人をほしいわけですので、もし転職を考えているのなら、それなりに実績を積んでからでも遅くはないでしょう。

6:情報収集をしていない人

転職に失敗する人の共通点6つ目です。転職サイトやメルマガだけで情報を知り、しっかりと転職先について情報収集していない人は、転職に失敗しやすいでしょう。 しっかりと調べないと本来の企業の実態や環境は見えてこないですし、上辺だけで選んでも後々良いことはなく、後悔する可能性が大きいです。 転職エージェントなどを活用してしっかりと調べた上で転職先を決めるように心がけましょう。

7:どんな企業でも良いから内定が欲しい人

後悔する人の特徴で多いのが、内定欲しさに興味ない企業を受けているという人です。どこでも良いから内定が欲しいと受けていると、転職後に必ず後悔してしまうでしょう。興味のない仕事を日々続けるほど、辛いことはそう無いでしょう。 焦って転職活動をしている人などによくある特徴の1つです。

転職を失敗したときにやるべきこと

転職を失敗したときにやるべきこと

転職を失敗して後悔する前に同じことを繰り返さないようにやっておくべきことをご紹介します。失敗してしまったのには必ず理由があります。その原因を追究して改善すれば、きっと次は成功させることが出来るでしょう。 転職を失敗したときにやるべきことを参考に、実践して失敗理由を追求してみましょう。

失敗した原因を追究する

失敗した原因は人それぞれですが、もし自分の理想としていた企業イメージとは異なったという場合であれば、転職先の情報収集が足りなかったという事になります。 他にも、人と接するのが好きという理由で営業職になったが合わないと感じてしまった場合であれば、自分の性格に合う適職を知るべきです。 それぞれの失敗した原因を追究することで、自分には何が必要だったのか知ることができ、ぞれを改善することで次は失敗しないように繋げることができます。

自分の譲れない条件を明確にしよう

転職だけに限りませんが、自分の譲れない条件をしっかりと知り、その条件に合う企業を探すことで失敗せずに転職することが可能になります。 例えば「待遇が良い」「働く環境が良い」「キャリアアップできる」「スキル取得に協力的な企業」など、譲れない条件をしっかりと明確にしておきましょう。

転職のデメリットを知っておこう

転職のデメリットは複数あります。転職先が自分に合わない企業だった場合に以前働いていた企業に出戻りしたいと感じた時は、自分にとって不利な立場になりやすいですし、再転職に関してもより厳しい状況になってしまいます。 しっかりとデメリットを知って悩んだ上で、転職するという道を選ぶように心がけましょう。

失業手当を貰えるか確認してみよう

転職を失敗して退職しても条件が合えば失業手当を貰える可能性もあるので、確認しておくといいでしょう。焦って再就職先を探して失敗してしまうより、失業手当を貰いながらゆっくりと次の転職先を探す方が確実に成功のカギを掴めるでしょう。 失業手当の条件としては、雇用保険の被保険者であるのが最低条件なので自分が当てはまっているのかハローワークに確認しましょう。

転職のプロに相談するのも一つの手

転職に関する悩みや問題に関しては、転職のプロが在籍するエージェントを活用するのがおすすめです。あなたに最善の策を提案してくれるのはもちろんのこと、希望に合う転職先をしっかりと探してくれます。 転職エージェントの中でも信頼性の高い「マイナビエージェント」をぜひ利用してみてください。

転職を失敗して後悔しないための転職術6つ

後悔しないための転職術は5つあります。この5つを実践する事で転職で後悔する可能性を減らす事ができます。転職で二度と後悔したくないなら面倒でも実践し、次の転職先をあなたの天職にしていきましょう。以下に詳しく解説していきますので、参考にしてください。

1:一日の業務の流れを細かく聞いておく

後悔しないための転職術1つ目は希望している職種の一日の流れを聞いておく事です。面接の際に必ず希望職種の一日の業務の流れを細かく聞いておくと実際に転職後に後悔する事が減ります。 こうした事前確認は重要です。働き始めてから何か違うと感じてからでは遅いのです。事前に自分にあった仕事なのかをしっかりと細かく聞いておくのです。 細かく聞く事は悪い事ではありません。仕事への興味を持っているという事でもありますので、積極的に聴いておく事で転職後に後悔する事が減ります。

2:リアルな体験談を聞く

後悔しないための転職術2つ目はリアルな体験談を聞く事です。リアルな体験談とは実際にその業界で働いている人や面接先の企業の人と会い実際に話を聞いて見るのです。 また同じような業種の人や面接先の企業と取引をしている企業で働いている人に実際に話を聞いて見るのも良い方法です。 こうしたリアルな体験談を聴く事であなたの中のイメージとリアルな話の差異が少しずつ減っていくはずです。自分の中のイメージとリアルな話の差を埋めていく事は大事な事ですので、積極的に行動していきましょう。

3:適職診断・自己分析をを受けてみる

後悔しないための転職術3つ目は適職診断・自己分析を受けてみる事です。自分に向いている事が分からないのなら、適職診断を受けて見る事で新しい可能性が開ける事もあります。 自己分析は自分だけの視点ではなく、客観的な視点が必要なため難しいです。客観的な視点から自分を分析するためにも、こうした適職診断を受けて自分に向いた職種を探してみるのも大事な事なんです。

4:3年働いている自分を想像してみる

後悔しないための転職術4つ目は3年働いている自分を想像してみる事です。日本では一般的に3年を一区切りのキャリアとして見られているため、少なくても3年は働く事が重要なのです。 もしも次の転職に失敗したとしても、3年のキャリア実績があるため次の転職先が決まりやすくなります。 今後の事を計画的に考えて3年という一区切りのキャリアの間にどのようなスキルアップが見込めるのかも想像する事で、今後のどのように働くべきか明確になってくるはずです。

5:入社の前に労働条件通知書を確認する

後悔しないための転職術5つ目は入社前に労働条件通知書を確認する事です。これは面接で内定をもらい承諾した後のお話しになります。 入社の前に通知書との話の相違があって、入社日の前に内定を断った場合は、キャリアとして含まれなる事が無いので、次の職を探すために面接を受けても、職を転々としている悪い印象を持たれなくて済みます。 逆に言うと入社して1週間程度で自己都合で辞めてしまった場合は、悪い印象しかもたれないので入社前に事前に確認する事はとても重要になりますので、必ず労働条件通知書は確認しておきましょう。

6:転職希望の企業を複数検討しておく

1つの企業に絞るのではなく、自分の理想の仕事が出来そうな企業を複数リストアップしておくといいでしょう。また、現在勤めている企業も候補に入れて、他の企業と見比べてみましょう。 必ずしも転職という道が正解とは限りません。どんな選択が一番正しいのか、いろいろと視野を広げてみておけば、あとで後悔してしまうようなことは避けられます。

転職を失敗して後悔したからこそ見える物がある

いかがでしたか。今回は転職で失敗する人の共通点と後悔しない転職術の話をしてきました。転職を失敗してしまう人に共通している事は理想が高く、現実との差がある事です。 まずは今の自分には何があるのか、何ができるのかをしっかりと見つめ直す事から始めていくのが大事な事だと分かりましたね。 生きていると後悔する事が必ずあります。しかし後悔したからこそ見えてくる物があるんです。失敗は成功の母という諺があるように、失敗から見えてくる事が人生には多くあり、失敗したからこそ見えてくる物があるのです。 それは転職にも言える事ですね。後悔から失敗から見えてくる事の一つ一つを改善し生まれ変われば良いのです。一歩ずつでも良いのです。信じて進んでいきましょう。

次こそ失敗しない転職を

記事のまとめ
  • 転職に失敗する人は、理想と現実のギャップを持ちすぎている
  • 転職で後悔したくないなら、業務内容をよく確認したり適性検査を受けよう
  • 失敗しない転職なら「マイナビエージェント」

次の転職は失敗したくない!求人数トップを誇る「マイナビエージェント」でサポートしてもらいましょう。数ある求人の中なら、あなたのキャリアに合った職場をキャリアアドバイザーが選んでサポートします! まずは無料登録をしましょう。

関連タグ

アクセスランキング