IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

将来像の書き方と例文|面接や就活における将来像の答え方

更新日:2020年08月14日

書き方・例文

日頃仕事仲間としてお世話になっている同僚に、オフィスグッズをプレゼントして、労いや感謝の気持ちを表現してみてはどうでしょうか?細やかな気配りは、心の距離を縮めるのにも役立ちます。今回は、贈って喜ばれるおしゃれなオフィスグッズについて、まとめてみました。

同僚へのプレゼントの選び方

プレゼントを選ぶときには、「このプレゼントを受け取ったら、相手の気持ちがどう動くかな?」と楽しく想像を巡らせながら選ぶのがコツです。 受け取ったのが自分だとしたら、どう感じるか? 「いつもお世話になっているし、これどうぞ」なんてプレゼントを渡されたら、嬉しいですよね。ちょっとしたサプライズは、成功すると印象がぐっとアップすることにも繋がります。 純粋に喜んでもらうためには、十分な気配りが欠かせません。高価なもの、恋人が贈るような品は、職場でのプレゼントとしてはNGです。 あくまで同僚としての距離を保ちつつ、 ・あるとちょっと嬉しいもの ・ちょっと欲しいけど自分ではわざわざ買わないもの この「ちょっと」をポイントに選ぶのが大切です。 自分で使うオフィスグッズは、節約の対象にしてしまうことが多いのでは? センスのよいおしゃれなオフィスグッズを贈れば、相手を喜ばせることが出来そうですよね。

プレゼントに最適!おしゃれで便利なオフィスグッズ

スケジュール管理系オフィスグッズ・ミニ卓上カレンダー

デスクに置いておけるミニカレンダーは、スケジュール管理を楽しく演出するオフィスグッズとしてです。 おしゃれでスタイリッシュなカレンダーを贈れば、仕事のモチベーションをアップさせるツールとして喜ばれるかも。

■[Re+g Triangular] リプラグトライアングラーは、小さな三角柱形の卓上カレンダー。手のひらサイズのコンパクトさなのに、常に3か月分の日付を確認できます。月ごとにミシン目が入っていて、過ぎた月は順に切り取れるようになっています。 ホワイト・ブラック・ブラウンといったシックな色使いを中心に展開しており、オフィスのスペースになじみやすいカレンダーとしてです。 実用的かつ機能美を追究したデザインが素敵です。

■[MOMAアクリル万年カレンダー] 毎年買い替えるカレンダーに飽きた人なら、万年カレンダーにチャレンジするのもいいかもしれません。 MOMAのアクリル万年カレンダーは、ブロックをプラスチックのフレームにスライドさせることで、今の月に合わせることが出来ます。 様々な書類や道具で混雑したデスクの上でも、邪魔になりません。 ちょっと変わったデザインのカレンダーを贈ると、おしゃれ上級者として認めてもらえるかも。

デスク時計

あなたは1日のうち、何度時間を確認しますか? 時計は、最も目にする機会が多いオフィスグッズかもしれません。 ちょっと個性的で華やかなカラーのものを置いておけば、仕事時間の合間に、気持ちをぱっと明るくしてくれるグッズにもなります。  

■[ANYTHINGアラーム時計マイケル・ソドー] ANYTHINGは、日々のデスクワークにアクセントを加えるステーショナリーを展開するメーカーです。見やすいシンプルな文字盤、機能的なデザインに加え、海外ブランドらしいユニークなカラーが魅力のひとつ。無機質になりがちなオフィススペースに、彩りを添えるオフィスグッズになってくれそうです。

■[株式会社おりある ミニパン時計] 焼いたトーストそっくりの面白オフィスグッズ。 きつね色の焦げ目がリアルで、思わずお腹が空いてしまいそうです。 食品サンプルを使ったグッズもの今、こういうオフィスグッズもこれから流行るかもしれませんよ。

収納系オフィスグッズ

オフィスのデスク周りは、何かとごちゃごちゃしがちなものです。あふれる物たちをすっきりとまとめるのに役立つ便利な収納グッズは、片づけがちょっぴり苦手な人にとっては、思いの外助けの神となるかもしれません。

ケーブルホルダー

■[Blue loungeケーブルドロップ] ちょん、と描いた絵具の水玉にも見えるユニークな見た目のケーブルドロップ。これ、裏のシールをはがして、デスク周りに貼るだけで、邪魔なケーブルを固定してくれるので、小さくても役に立つおしゃれグッズなんです。 ペンやメモホルダーとしても使えて便利ですよ。

■[モンキービジネス ケーブルホルダーチャーリー] 机の上を這うケーブルを、チャーリーがしっかりホールド。 オフィスのデスク周りは、とかくケーブルが邪魔になります。コードの整理にも、可愛いグッズで遊び心を感じられるとストレス軽減にもなるかも。

初回公開日:2017年03月14日

記載されている内容は2017年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング