IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【不動産業界】人気企業の業績ランキング・平均収入ランキング

就活

皆さんの中にも、引っ越しや物件探しなどで、不動産会社へ足を運んだ経験がある方は、多いのではないでしょうか?今回は、そんな不動産業界にスポットを当てて、業界研究に役立つ不動産企業ランキングをご紹介していきます。ぜひ業界研究の一環にお役立て下さいね。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

不動産業界企業ランキング:業績ランキング

最初にご紹介するのは、不動産業界企業の業績ランキングです。皆さんや身内の方が利用している不動産業界企業は、何位に入っているのでしょうか?業績から、不動産業界の各企業の将来性や規模、人気などを読み取っていきましょう。 以下は、平成26年7月~平成27年6月の不動産業界企業の売上高を元にしたランキングです。 1位:三井不動産 2位:飯田グループHD 3位:三菱地所 4位:住友不動産 5位:東急不動産HD 6位:大東建託(不動産事業) 7位:野村不動産HD 8位:レオパレス21 9位:大京 10位:東京建物 11位:すてきナイスグループ 12位:ヒューリック 13位:イオンモール 14位:オリックス(不動産事業) 15位:日本空港ビルデング 16位:パーク24 17位:リロ・HD 18位:スターツコーポレーション 19位:NTT都市開発 20位:オープンハウス 21位:日本ハウズイング 22位:フジ住宅 23位:タカラレーベン 24位:コスモスイニシア 25位:住友不動産販売 26位:穴吹興産 27位:プレサンスコーポレーション 28位:日神不動産 29位:サンケイビル 30位:日本土地建物 31位:三栄建築設計 32位:サンヨーホームズ 33位:トーセイ 34位:ファースト住建 35位:明和地所 36位:エフ・ジェー・ネクスト 37位:フージャースHD 38位:シノケングループ 39位:グランディハウス 40位:サンヨーハウジング名古屋 41位:アパマンショップHD 42位:ダイビル 43位:平和不動産 44位:三重交通グループHD(不動産業) 45位:東京建物不動産販売 46位:レーサム 47位:日本エスリード 48位:太平洋興発 49位:和田興産 50位:日本管理センター 51位:インテリックス 52位:サンフロンティア不動産 53位:ユニゾHD 54位:THEグローバル社 55位:ウッドフレンズ 56位:ケネディクス 57位:大栄不動産 58位:サムティ 59位:空港施設 60位:世界貿易センタービルディング 61位:テーオーシー 62位:セントラル総合開発 63位:ゴールドクレスト 64位:日本エスコン 65位:エリアリンク 66位:東祥 67位:プロスペクト 68位:日本商業開発 69位:イーグランド 70位:日本駐車場開発 71位:京阪神ビルディング 72位:スター・マイカ 73位:日本アセットマーケティング 74位:トラストHD 75位:毎日コムネット 76位:アーバネットコーポレーション 77位:エストラスト 78位:アズマハウス 79位:エー・ディー・ワークス 80位:プロパスト 81位:サンセイランディック 82位:アルデプロ 83位:パラカ 84位:青山財産ネットワークス 85位:新日本建物 86位:東京楽天地 87位:サンウッド 88位:ハウスコム 89位:SBIライフリビング 90位:リベレステ 91位:ハウスフリーダム 92位:日住サービス 93位:日本社宅サービス 94位:駐車場綜合研究所 95位:ロジコム 96位:イントランス 97位:コーセーアールイー 98位:価値開発 99位:KONOIKECo. 100位:ランドビジネス 引用元:「年収ラボ(不動産業界)(※1)」 ランキングを通して、不動産業界は他の業界と比較して、企業の数が大変多い印象を受けます。また、上位の企業の業績については、後程詳しくご紹介していきますが、1社の企業が他社を寄せ付けない程の高い業績で市場を独占するというよりは、売上高1兆円前後という好業績の企業が複数存在しており、1社1社の高い業績によって、巨大な市場を動かしているという印象が強い業界でした。

業績ランキング1位:三井不動産

数ある不動産業界企業の中でも、特に高い売上高で首位に輝いた三井不動産。売上高は、1兆5290憶円でした。三井不動産は、マンションや戸建て分譲などを中心に、不動産流通事業を行っている企業です。(※2)

業績ランキング2位:飯田グループHD

業績ランキング2位の飯田グループHDの売上高は、1兆1881憶円でした。飯田グループHDは、飯田産業や一建設など、不動産企業6社が統合して誕生した企業です。マンションや戸建て分譲などをメインに取り扱っています。(※3)

業績ランキング3位:三菱地所

業績ランキング3位は、売上高1兆1102憶円の三菱地所でした。三菱地所は、丸の内などに、優良賃貸ビルを30棟以上展開しています。サンシャインシティや丸ビルなども、三菱地所が所有している物件なのです。(※4)

不動産業界企業ランキング:平均年収ランキング

続いて、不動産業界企業の平均年収ランキングをご紹介してきます。不動産業界と言うと、取り扱っている商品が物件という高価なものである為、市場規模も大きく、平均年収も高額なイメージがありますが、実際はどのようになっているのでしょうか?ランキングから、不動産業界の収入の相場などを読み取ってみることをおすすめします。 また、業界研究をしている方は、業績ランキングの結果と比較してみてはいかがでしょうか?平均年収というのは、人気や業績の高さに比例するものなのか、それとも何か別の法則や特徴があるのか…考察してみることをおすすめします。

以下は、不動産業界企業の平成26年7月~平成27年6月の平均年収を元にしたランキングです。 1位:ヒューリック 2位:東急不動産HD 3位:ランドビジネス 4位:三菱地所 5位:三井不動産 6位:日本商業開発 7位:野村不動産HD 8位:ダイビル 9位:サンケイビル 10位:ケネディクス 11位:世界貿易センタービルディング 12位:大東建託 13位:平和不動産 14位:東京建物 15位:日本エスリード 16位:NTT都市開発 17位:エスポア 18位:すてきナイスグループ 19位:プレサンスコーポレーション 20位:京阪神ビルディング 21位:コスモスイニシア 22位:大京 23位:アーバネットコーポレーション 24位:オリックス 25位:セントラル総合開発 26位:プロパスト 27位:トーセイ 28位:東京楽天地 29位:三重交通グループHD 30位:ニューリアルプロパティ 31位:テーオーシー 32位:飯田グループHD 33位:空港施設 34位:ロジコム 35位:レーサム 36位:エー・ディー・ワークス 37位:青山財産ネットワークス 38位:日本土地建物 39位:インテリックス 40位:大栄不動産 41位:東京建物不動産販売 42位:エフ・ジェー・ネクスト 43位:スター・マイカ 44位:日本空港ビルデング 45位:住友不動産販売 46位:サンセイランディック 47位:ユニゾHD 48位:THEグローバル社 49位:パーク24 50位:穴吹興産 51位:イオンモール 52位:オープンハウス 53位:和田興産 54位:センチュリー21・ジャパン 55位:フージャースHD 56位:住友不動産 57位:サムティ 58位:タカラレーベン 59位:サンウッド 60位:MAGねっとHD 61位:日本エスコン 62位:新日本建物 63位:ツノダ 64位:明豊エンタープライズ 65位:RISE 66位;リベレステ 67位:ゴールドクレスト 68位:ランド 69位:サンフロンティア不動産 70位:明和地所 71位:イントランス 72位:エムジーホーム 73位:スターツコーポレーション 74位:フジ住宅 75位:シノケングループ 76位:サンヨーホームズ 77位:リロ・HD 78位:価値開発 79位:コーセーアールイー 80位:SBIライフリビング 81位:ハウスフリーダム 82位:アパマンショップHD 83位:アーバンライフ 84位:アスコット 85位:ウィル 86位:ウッドフレンズ 87位:レオパレス21 88位:日本ハウズイング 89位:イーブランド 90位:毎日コムネット 91位:パラカ 92位:グランディハウス 93位:トラストHD 94位:三栄建築設計 95位:メッツ 96位:誠建設工業 97位:日本管理センター 98位:アルデプロ 99位:サンヨーハウジング名古屋ロ 100位:ハウスコム 引用元:「年収ラボ(不動産業界)(※1)」 不動産業界企業の平均年収は、全体的に高額な印象を受ける結果となっています。2015年に業界や職種に関係なく統計された労働者の平均年収は、440万円(※5)。この金額を基準とした場合、ランキング100位のハウスコムの平均年収が482万円ですので、ランキングに登場した全ての不動産業界企業の平均年収が、標準以上ということになります。

平均年収ランキング1位:ヒューリック

首位に輝いたヒューリックの平均年収は、1267万円と、特に高額なものでした。ヒューリックは、都市圏のビル・マンションに強い企業で、物件の開発や投資、賃貸などを主な事業としています。(※6)

平均年収ランキング2位:東急不動産HD

続いて、2位に入った東急不動産HDの平均年収は、1212万円。上記でご紹介した標準金額が440万円であると考えると、こちらもかなりの高額年収です。東急不動産HDは、戸建てや賃貸ビルを中心に活躍する不動産業界の大手企業で、リゾート開発なども手掛けています。(※7)

平均年収ランキング3位:ランドビジネス

平均年収1184万円のランドビジネスは、ランキング3位となりました。ランドビジネスは、不動産賃貸や投資の他、開発分譲事業なども手掛けている総合不動産会社です。(※8)

人気企業=優良企業?

[参考資料・引用元] ※1「年収ラボ(不動産業界)」 ※2「年収ラボ(三井不動産)」 ※3「年収ラボ(飯田グループHD)」 ※4「年収ラボ(三菱地所)」 ※5「平均年収ランキング2015」 ※6「年収ラボ(ヒューリック)」 ※7「年収ラボ(東急不動産HD)」 ※8「年収ラボ(ランドビジネス)」

いかがでしたでしょうか?今回は、業界研究をしている方に向けて、不動産業界企業の2種類のランキングをご紹介しました。人気企業や大手企業が多数登場しましたが、皆さんが利用している不動産業界企業の名前は見つかりましたか? ランキングという形成で見ると、どうしても上位の企業に注目してしまいがち。やはり、人気にしても業績にしても、順位が高い方が好ましいのは、間違いありません。しかし、ランキングで順位が高かったり、口コミなどで人気が高かったりする企業だけが、優良企業というわけではありません。業績や人気、その他ランキングだけでは図れない、企業の良さというものがあるのです。業界研究をしている方は、順位や人気、業績の高さだけにとらわれず、各企業の強みや社風などにも注目してみましょう。

不動産業界に興味があるならリクルートエージェントで転職

年収の高い不動産業界へ転職をしたい方におすすめなのが、転職サイト「リクルートエージェント」です。 リクルートエージェントは、約160,000件の求人を扱っています。しかし、求人数だけが多くても転職が出来なければ意味ありませんよね。安心してください。リクルートエージェントは転職実績No. 1です。 転職実績No. 1の秘訣はアドバイザーにあります。経験豊富なアドバイザーが転職希望者一人一人の希望条件に合わせた求人を提供し、企業には転職希望者のアピールポイントを最大限に引き出しブランディングしてくれるためマッチングしやすくなります。 不動産業界へ転職したいと考えているのであれば一度アドバイザーに相談してみましょう。あなたの新たなスタートを切れるかもしれません。

関連タグ

アクセスランキング