IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

作詞家の年収と仕事内容・有名な作詞家|作詞家になるには?

職種研究

華やかなイメージのある作詞家ですが、仕事内容や作詞家になる方法を知っていますか?作詞家になるためにはどのようなルートがあるのでしょうか。今回は、作詞家になるための方法や有名な作詞家についてまとめました。作詞家になりたい方は参考にしてみてください。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

作詞家になるには

作詞家になるためにはどうしたらいいのでしょうか?作詞家になるためには、さまざまな入り口があり決まったルートはありません。ここでは、その方法のいくつかを紹介していきます。

音楽系の専門学校に入る

音楽系の専門学校には作詞家を目指すためのコースがあります。そういった場所で専門の基礎を身につけて将来作詞家を目指す、といった方法があります。しかし、作詞家には免許も資格も必要ないので、通っていたからといって必ずしも作詞家になれるわけではありません。ただし、音楽業界の基礎知識であったり、同じ夢を持つ人との人脈などは広がるので、メリットも多くあることも事実です。

コンテストなどで優勝する

作詞家として継続してヒットを飛ばせる人はあまりいません。そのため、レコード会社などは常に新しい才能を求めてコンテストを開催しています。こういったコンテストに作品を応募して、作詞家の業界に足を踏み入れるといった方法があります。 基本的にはj-pop系統の内容の募集が多いので親しみやすく、作りやすくはなっています。しかし、曲にのせて歌入れしてあるデモテープでの応募形式が多いため、外部の人に歌ってもらったり、自分で歌ったりしなければならず、録音についてもある程度の知識が必要となります。 近年、素人でもハイクオリティな楽曲が安価で制作できるようになっているため、レコード会社などではクオリティが低いものには見向きもされない場合も多く、作詞だけでの才能ではコンテストの関門は潜り抜けることが難しいとされています。

音楽業界を通じて作詞家になる

作詞家になるためには、音楽業界に精通していることも重要です。自分でバンドをしていたり、楽曲制作をしていることで場を広げていきレコード会社から声をかけてもらうといった方法です。作詞家への弟子入りを経て多くの制作を経験していく方法、さらには知人などを通じて直接レコード会社へ売り込む方法などです。ミュージシャンとして活動していた方が、歌詞の才能を認められそのまま作詞家になるといったことも多くあります。 しかし、特殊なルートである上に、才能が元々あることが前提ですので、実践することは簡単ではありません。近年では、売り込みを専門にしている有料のプロダクションなども多くあるようなので、本気で目指すのであれば利用できるものは積極的に利用していくことが必要でしょう。このルートは特殊であるがゆえに万人に共通するものがほとんどありません。ですので、自しいがバンド活動と並行して作詞も担当しているといった状況でなければ、こういった人もいるのだなという程度の認識で大丈夫でしょう。

作詞家の仕事内容

さて、作詞家のなり方を見てきたところで、続いては実際のしごと内容についてです。ご存じのとおり、作詞家とは、曲に歌詞をつけていく仕事です。アーティストの楽曲や歌謡曲、演歌など、さまざまな曲に歌詞を提供します。近年、シンガーソングライターであったり作詞をしてしまう人やグループが増えていますが、まだまだ作詞家の需要は多く、才能ある作詞家を大手レコード会社などが常に探し求めている状態だそうです。 そのため、多くの作詞家がメジャーになることを目指し活動を続けているようですので競争は激しそうです。そんな互いに切磋琢磨する作詞家は一体どこに身の重きを置いているのでしょうか。見ていきましょう。基本的に作詞家はフリーランスで活動する人がほとんどですが、作詞家事務所に所属していたり音楽出版社と契約をしている人もいます。 事務所や出版社に所属している場合、そこと契約しているアーティストの楽曲や、事務所が見つけてくる仕事での業務をすることが多くあります。フリーランスであれば、しがらみはないので、どのアーティストの歌詞も作ることができます。しかし、才能重視の業界ですので、実績がない限り継続的に仕事を得ることは簡単ではありません。

仕事の流れ

基本的な作業の流れとしては、作曲家からデモテープをもらうところから始まります。アレンジされる前の曲であることがほとんどなので、曲の最終的なテンポや楽曲の雰囲気などは手探りで作業を進めることになります。この時点で作詞家には高い想像力が必要なるのがわかってもらえたと思います。 さらに作詞家への締め切り要求は比較的早く、当日や3日前後であるといわれています。この期間内に仕上げて納品するような流れになります。大変なスピード感をもって最良のものを仕上げなければならないので普段から感性を磨くのを心掛けなければならないでしょう。

兼業で働く人も多い

作詞家の場合、有名になれば名指しで仕事がもらえます。通常の場合オーディションのようなものが作家事務所やレコード会社で行われ、出された要求に応じて歌詞を作り結果を待つといった形になります。作詞家の仕事は、名指しをされるレベルになるような作詞家を別にすれば、安定しているとはいえない職業ではないでしょう。ですので、他の仕事を並行しながら活動している人が多くいるのが現実です。 ほかの仕事を掛け持ちしながらの執筆作業は大変なものでしょう、しかし一たび売れてしまえば若いころの苦労話で周りを和ませたり時には盛り上げたりもできるでしょう。この苦労は未来の自分の明日の糧になる。そんな風に前向きに下積み時代を送れるといいでしょう。

有名な作詞家

さて、作詞家を志すのならば、国内での有名な作詞家を知っておくべきでしょう。というわけで一度は目にしたことのある有名な作詞家を紹介していきます。作詞で生活を成り立たせるためには、ただ単に上手いだけでは通用しません。求められている内容をしっかりと乗せることや、売れる詞を書けるかどうかが求められます。ですのでそのような環境の中で成功を収めた作詞家を知り、分析することはとても大切なのです。 有名な作詞家 阿久悠 「作詞家』と聞いて、作詞家を志す人はもちろん、世代を問わず有名なのが2007年に亡くなった阿久悠でしょう。 彼自身の名前を知らなくても、彼が作詞した曲は5,000曲以上あるといわれていますし、なによりも数々のヒット曲を輩出しているので必ず知っている作品があるでしょう。シングルの総売り上げも作詞家では堂々の第一位となっています。ジャンルも演歌からアイドルの歌謡曲、アニメソングなど何でもこなしており能力が大変高かった人物です。作詞家を目指す方は確実に押さえておくべきでしょう。こういったいわば、先人に学ぶこともたくさん多いでしょうし、なによりも作詞家にとって重要なのは「あの曲は彼にしか書けない」といった評価や、「彼の詞は人の心を動かす力がある」といわれることではないでしょうか。自分自身のいわば分身と呼ぶ人もいるくらいこの作詞家という一口で言ってしまえば簡単だけど大変に奥の深い職業です。そんな奥の深い職業を目指すのであれば偉大な先輩に学ぶ姿勢は忘れないようにしたいものですね。

作詞家を目指すうえで必要なこと

① 作詞家には王道のルートはなく実力社会 ② フリーランスの代表格だが実際には兼業の人もいる ③ 作詞家で成功したければ成功した人から学んだほうが良い ここまで見てみるとやっぱりなんだか大変そう。しかし、そういった苦労を乗り越えた先にこそ、あこがれの印税生活が待っているのではないでしょうか。また、有名になれば当然インタビューや年配になってくると後進の育成を乞われたりすることもあるでしょう。一生涯を通じて人と関われ、いくつになっても求められる存在になるには多少の苦労はいとわない覚悟も必要でしょう。いかがでしたか?作詞家を志す方もそうじゃない方も楽しんでみて戴けていたら幸いです。

きらびやかな作詞家へ

いかがでしょうか? 今回は、作詞家について書かせていただきました。 本記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング