IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ヘアメイクアーティストの年収と仕事内容|なるには資格が必要?

更新日:2022年08月12日

職種研究

ヘアメイクアーティストには、どうやったらなれるのでしょうか?知り合いにヘアメイクの先生がいます。外見もすごく素敵な方です。他人から認めらる美意識がないと、できない仕事ではないでしょうか。どうすれば、ヘアメイクアーティストになれるのか、知りたい人必見です。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

ヘアメイクアーティストになる為には

ヘアメイクアーティストとは〜美容師と理容師との違い

ヘアメイクアーティストとは、映像、舞台、コレクション、イベント、紙媒体等のメディア表現を中心に現場においてヘアスタイリングとメイクップを両立し施術するのが仕事です。働き先は幅広く、美容院、結婚式場やヘアメイク専門店、エクステ専門店、葬儀場、もしくは個人でサロンを立ち上げるかです。 美容師や理容師の違いは、資格だと言えます。ヘアメイクアーティストは、髪の毛にハサミをいれてはいけません。美容師や理容師は、国家試験に合格しないとなれませんが、ヘアメイクアーティストには、特に決まった道のりや資格は必要ありません。 ただ一般的には、ヘアメイクの専門学校へ行き、ヘアメイクの資格を取る人が多いようです。美容院でヘアメイクを希望する際、美容師さんがしてくれる事が多いですよね。ヘアメイクの求人は目にする事が少ないですが、美容師の求人は良くみかけるので、資格を取っておいたら、役立つことは間違いありません。

特に国家資格が、今は必要ない

資格が必要ないなら、どうやってなれる?

ヘアメイクアーティストに必要なのは、技術と知識とセンスです。全部独学で学ぶにしても勉強する方法を知っていなければなりません。確実にヘアメイクアーティストになる為の能力を身に着けるには、ヘアメイクアーティストの専門の学校に通うのがマストです。また最近では、ヘアメイクアーティストとして活躍するにしても、美容師免許を必須にしようといった働きもあるそうです。 ちなみに美容師資格は、厚生労働省が認定する、養成施設で2年から3年以上の課程を修了し、その後国家試験に合格することで取得できます。

ヘアメイクアーティストの給与はどのくらい?

給与は個人差がある

例えばサラリーマンなら1カ月の予算の達成率や実績によってランク付けされますよね。給与や、ボーナスの査定を実績や上司の評価できまる会社が多いのではないでしょうか。頑張ったら頑張っただけ評価さるのか?と考えると、お客様によって評価が違う上に、技術力、センスも大事な要素である所が、ヘアメイクアーティストの難しい所ではないでしょうか。初心者からプロまで、個人差が大きいと言えるでしょう。 約150万~約450万ほどの収入が相場のようです。ただプロのヘアメイクアーティストのアシスタンをする場合、日本では給与はもらえない事が多いのだそう。知識を自分のものにできるのだから、ただ働きだと思わずに、授業料なしで勉強させてもらっていると考えるしかないようです。

技術やセンスを磨けは給与がUPする

医者や、弁護士、スポーツ選手など所得の多い仕事について考えたところ、ヘアメイクアーティストも高収入になれる可能性がある職業と言えるでしょう。ただ腕のあるヘアメイクアーティストの下で、アシスタントをし、技術などを勉強でき、センスがある人だけが、将来的には収入が1000万を超える人になれるのでしょう。このように、高所得をもらえる人には、失敗が許されない事が多いです。 しかし技術だけが優れていてもダメで、バランスよく知識も習得しており、その技術力をうまく実践できる人でなければならないのです。努力はかなり必要です。ご自身の専門分野を、とことん極めた人なのです。ヘアメイクアーティストならば、他人や雑誌のファッションや、流行を常に追いかけなければなりません。普通の人だったらいくらでもいるので、特別な人になる必要があります。世の中の流行の発信者になるのですから。

行動力を大切に運を味方につけよう

なかなかそんな有名な人のアシスタントになれることのが少なく、個人経営のサロンで雇われて働く人が多いでしょう。指名されたり、お客さんをいかに習得できるかによっても徐々に変わってくるはず。接客業ですし、相手が求めている事、『こうして欲しい』というのが、どれだけ理解できるのか。 しかも相性もあるのでしょう。全く出来上がった髪型やメイクが思っていたのと違うって事ってありますよね。しかしプロになると、どんな人でも満足する結果にできますよね。そう考えると、お客様に用意する雑誌1つでも身につけている洋服をみて察知し、席に座った際に置けるというのは基本なのかもしれません。コミュニケーション能力も、かなり必要ですよね。

ヘアメイクアーティストの仕事内容とは

日本では、ヘアスタイリングとメイクアップの仕事が分業されていないため、両方の知識や技術を持っていることが必要です。サロンで雇われて働く場合、ヘアメイク専門にこだわらず、着付けや花嫁さんのお世話など、TPO合った衣裳に合うメイクやヘアスタイルを完成させることが求められます。または、道具を準備したり、渡したり、プロのヘアメイクアーティストの助手の役目から始まる人もいます。どちらも、基礎的な事は美容専門の学校などで、身に着けておかないといけません。 1つの事に一生懸命取り組む事は、すごく大切な事ですが、あらゆる目線からヘアメイクと言う仕事に向き合うことができれば、より一層素敵なヘアメイクアーティストになれるのではないでしょうか。その為には、アシスタントや雑用といった、一見地味な仕事とと思える事にこそ大事な要素が含まれているのです。人と関わり人間観察することから、得られるものはすごく多いです。すぐにメイクやヘアセットをしたい気持ちは生まれてしまうものですが、それまでの下積みも重要です。

次のページ:有名なヘアメイクアーティスト【TomoyukiTamura】
初回公開日:2017年03月18日

記載されている内容は2017年03月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング