IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

パソコンインストラクターの年収と仕事内容・志望動機の書き方と例文

更新日:2020年08月14日

職種研究

パソコン教室で働くパソコンインストラクターとはどんな職種なのでしょうか。パソコンインストラクターになるにはどんな資格が必要?パソコンインストラクターに必要なスキル志望動機など、パソコンインストラクターになるためのノウハウをご紹介。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

パソコンインストラクターになるには

パソコンインストラクターは主にパソコン教室やシニア向けパソコンスクールなどにいる、パソコンの操作とかを教えてくれる先生のことです。そんなパソコンインストラクターになるにはどうしたらいいのでしょうか。

パソコンインストラクターとは

パソコンって何でもできて便利ですよね。写真、画像を編集したり、プリントしたり、プログラムを組んでアプリケーションを作ったり、マルチメディアなことであれば何でもできる便利な道具です。 しかし、パソコンで何ができるのか知らない、パソコンでやりたいことがあるのにやり方が分からなくて困ってる。パソコンを学びたいと思っている人がいます。そんな『パソコンが使えるようになりたい』『就職の為にパソコンの知識を得たい』そういった人々のニーズに応えられるのが、パソコンインストラクターです。

パソコンインストラクターに求められるスキル

パソコンインストラクターに必要なスキルは、パソコンの操作やできること、インターネットや有名なアプリケーション、パソコンについての知識があれば特にこれといった必須の学歴・資格はほとんど必要がありません。

パソコンインストラクターに向いている人

パソコンインストラクターに向いている人は、明るく楽しい人柄、そして誰にでも分かりやすい解説能力が必要になってきます。担当する講座についての知識はもちろん、専門用語を多様に覚えるような講座では教えられる側を意識しながら勉強し、誰にでも分かりやすく説明できる力が求められます。

特にパソコン教室などは、パソコンを覚えたいご老人や主婦の人たちが来ることが多く、もしかすると、なかなか分かってもらえないことがあるかもしれません。

それでも、根気よく優しく本人が「わかった」と納得できるまできちんとフォローできるかが大切になってきます。つまり、忍耐力と専門知識に対する理解力、伝える力が高い人はパソコンインストラクターには向いています。人に教えるのが好きだという人には職業といえるでしょう。

パソコンインストラクターの資格

パソコンインストラクターを目指す上では特に必須の学歴や資格などはありませんが、取得しておくと就職の際に便利な資格がいくつかありますので、ぜひ就活の武器にしてみてはいかがでしょうか。

マイクロソフト認定トレーナー(MCT)

旧名、Microsoft Office Specialistとも呼ばれています。(現在はMCTとして統合しました)Microsoft社が提供する文書作成ソフトWord、表計算ソフトExcel、プレゼンテーション作成、編集ソフトPowerPointなどといったMicrosoft Officeを使いこなせる人に与えられる認定試験です。パソコンインストラクターにはスキルアップや就職の際にアピールすることができます。年会費は5万円ほど、さらに、合格するとMicrosoft製品の割引を受けられるそうです。

パソコンインストラクター資格認定試験

全日本情報学習振興協会が運営するパソコンインストラクターとしての知識や技能、コミュニケーション能力などを認定してくれる認定試験です。受験資格は、各級共通で満20歳であること。 ・パソコン技能検定Ⅱ種試験 ・パソコン検定 文書・表計算試験を2級以上 ・パソコン技能検定ビジネス実務試験実践以上 ・Microsoft Office Specialist(MOS) この4つの試験のいずれかを取得していることが条件となります。もちろん、男女国籍問わず受けることができます。毎年試験日がバラバラですので、ホームページでチェックする必要があります。階級は1級と2級があり、1級は20,000円、2級は14,000円で受けることができます。合格率は詳しく公表されてはいませんが、各部門80点以上で合格できます。

志望動機

次のページ:仕事内容
初回公開日:2017年03月14日

記載されている内容は2017年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング