IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事の進め方の基本とコツ|仕事の進め方がわからない人の改善方法

更新日:2020年06月11日

仕事

仕事の進め方で悩んだことや上手く進まなくて困ったことがある人は多いと思います。仕事の進め方が上手になるにはどうしたらいいのでしょうか。仕事を整理すること、仕事を段取りすること、そしてコミュニケーション能力も大切となります。

仕事の進め方で途中でつまづいた時は

同僚、先輩、上司に支援をもらったりしながらその後のスケジュールを調整していく事が必要になります。 チームで仕事をしている場合は話し合いをする必要が出てきます。どんな課題があってどう対処していくのかをみんなで共通理解をするために話し合いをして進めていく事が必要です。

たくさんの仕事があり過ぎて処理できないと感じた時は

この場合も優先順位を付けることと同僚、先輩、上司に相談をすることが必要です。何が原因で処理ができていないのか、無駄なことをしていないのか、手順が悪いのか、もっと大事なことが抜けていないのかなどをアドバイスしてもらいます。 そして時には仕事を助けてもらったりすることもお願いします。

たくさんのメールへの対応やその後の仕事が進まない場合は

最近ではまたメールでの仕事依頼や連絡なども増え、それを処理するだけでも時間が取られることがあります。 そんな場合には毎日届くメールにもフラグを付け、重要度やいつやらなければならないなどの分類をしておきます。そうすることでメールへの対応に追われるということも少なくなります。 メールの中での仕事の分類やスケジュール管理もしておくようにします。

仕事の進め方で参考になる本

また、仕事の進め方で参考になる本についてもまとめてみますと、段取り系の本が多く出ています。

「段取りのつけ方・仕事のすすめ方」神谷 一博 (著) は、モレ・ムダ・ミスのない「段取り」の付け方について「段取り」のテクニックを実践的に書いていて実践的に使える本です。

「仕事の9割は「段取り」で決まる! 」伊藤 昭 (著), 酒井 昌昭 (著) は、段取りに時間をかけることの重要性を説き、「段取り」で仕事の進み方もスムーズになるということが書かれています。

仕事の進め方が上手になる方法のまとめ

いかがだったでしょうか。仕事の進め方についてはまず目標の明確化から仕事のリストアップ、仕事の分類、スケジュール化をすると言った「段取り」をするまでの時間をしっかり取ることが重要だと言うことが言えます。 そして、そのスケジュールを途中でチェックしていく仕組みを作ること、つまづいたり課題が出てきた時はしっかり相談し、支援をしてもらったり、対策を取ることも重要です。仕事を整理し、スケジュール管理する能力と、チェックし、コミュニケーションを図って仕事を進めていく能力が必要となってきます。 仕事をすることは一人ではできませんからチームプレイも大事です。仕事を進める上でのチームの共通理解が常に大切だと言えます。目標についての共通理解や課題が発生した時も共通理解を図ることで問題をクリアしていくこともできるでしょう。「段取り」というのは仕事だけの「段取り」ではなく、そうしたコミュニケーション的な「段取り」というものも大切にしていくことができれば理想なのではないでしょうか。 ネット社会でメールでの仕事のやり取りや仕事もネット上で管理することも多くなっている現代です。メールでの仕事内容に優先順位を付けたり、メールでの返信についても上手に処理していくことで仕事の効率化も図れる時代です。そうした効率化も目指しながら仕事の早い進め方を目指していきたいものです。

初回公開日:2017年03月13日

記載されている内容は2017年03月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング