IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

医療秘書の年収と仕事内容|医療秘書になるための大学の選び方

職種研究

病院で勤務する医療秘書。資格検定サイト等でも目にすることが多くなった仕事です。そんな医療秘書の仕事内容、待遇、そして医療秘書になるために必要な検定、資格等を紹介します。これから医療秘書を目指す方には、どんな学校で学べばよいかも紹介します。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

医療秘書とは?

医療秘書は医療機関において、様々な内部業務を担当し、サポートする病院事務のスペシャリストです。専門知識や医療関連の知識だけでなく、患者さんや他の医療スタッフと接するための高いコミュニケーション力が求められます。

医療秘書の仕事内容とは?

医療秘書の仕事内容は、多岐にわたります。 勤務する病院の規模や所属する課によっても異なりますが、一例を紹介します。

受付業務

患者と直接応対する仕事です。初診受付や診察券の発行、保険証や患者の個人情報の入力、診療後の会計や入退院の手続き等まで、病院の規模によって様々な業務を行います。病院の顔として、明るく丁寧な対応、正確な会計処理能力が必要です。

秘書業務

規模の大きな病院において、院長や部長、課長などの秘書業務を行います。主にスケジュールの管理や、物品・書類の管理などを行います。企業の秘書と同じようなビジネスやパソコンのスキルが必要となります。

事務処理業務

患者の情報や診療内容をコンピュータ入力したり、来院や入退院数の統計、病院の収支の管理など、様々な資料作成を行います。様々なデータを取り扱うため、正確なデータ処理能力が必要となります。

診療報酬請求業務

保険点数が自動計算される「医事コンピュータ」を利用して、保健診療費を請求するレセプト業務を行います。カルテに書かれている診療内容をレセプト用紙にまとめ、保険点数を計算し、請求書類を作成します。医事コンピュータを操作する高い専門性が必要とされます。

医療事務との違いは?

「医療秘書」と「医療事務」はどちらも病院等の医療機関での勤務という点では共通していますが、仕事内容を比較するとそれぞれ少し異なります。 「医療事務」の場合、病院の受付やレセプト業務が主な仕事内容になります。そのため、レセプトに関するパソコン知識や操作技術が必要とされます。患者と接する仕事が多いため、接客業の要素が強い部分があります。 一方、「医療秘書」の場合、要求される仕事の範囲や必要とされるスキルが医療事務よりも広いことが特徴です。医師や看護師のサポート業務を行うため、医療に関する知識が一定以上必要になります。また、資料作成の仕事も多いため、文書作成やデータ整理のスキルを求められます。勤務先によっては、資料の翻訳、資料作成等も仕事にあり、外国語の力を求められる場合もあります。接客業の要素がある医療事務と比較して、医療秘書は、事務職の要素が強い職種といえます。

医療秘書の待遇は?

給与

医療秘書の給与に関しては、雇用形態によっても、勤務先の医療機関の規模によっても大きく異なります。例えば、患者数の多い総合病院等で正社員として働く場合は、月収が15~25万円程度のようです。給与以外にも住宅手当や福利厚生で様々な優待サービスを受けることができる場合もあります。 一方、規模の小さな病院等で非正規雇用で働く場合は、月収15万円以下になることもあるようです。このことから少しでも高い給与を望むのであれば、規模の大きな総合病院や、正規雇用での就職を目指す必要があります。

勤務時間、休日

勤務時間は、勤務先の開業時間に合わせた勤務となります。総合病院であれば、診察の始まる朝8時半頃から17時半頃までの勤務時間になるのが一般的です。病院によっては、土曜も勤務する場合があります。個人病院等では、診察をそれよりも遅くまで行っている場合があるため、それに準ずる勤務時間となります。 休日についても病院の診察日によって様々です。基本的に日曜や祝日はどの医療機関も休みになることが多いです。また平日に休診日を設けている病院もあります。ただし、祝日がある場合、その週の休診日が出勤とするような勤務体制をとる病院もあります。勤務体制については、気になる場合は就職の際に事前に確認してみるとよいでしょう。

医療秘書になるには?必要な資格は?

医療秘書になるためには、大学を卒業しなくてはいけない、とか理系で医療系の勉強をしていなければならない、等の制限はありません。どんな学校種に進学しても目指すことはできます。ただし、採用の際にある程度の知識、技術、適性を持っていることが求められます。例えば、秘書として働くための基本的なスキルとして、パソコンや電話応対等のスキルは必要とされます。 パソコンについては、Word、Excel、Powerpointは扱えるようにしておくとよいでしょう。また、秘書として「高いコミュニケーション能力」や「スケジュール管理能力」を有し、段取りよくサポートをすることができることが必要とされる場合が多いです。さらに、「医療秘書技能検定」等の資格を有していることで、就職を優位に進めることができます。

医療秘書技能検定について

医療秘書技能検定とは?

「医療秘書技能検定」とは、一般社団法人医療秘書教育全国協議会が認定しているものです。医療秘書として必要な専門知識や技能を認定する試験で医療関係の事務職を目指す学生や社会人が受験しています。試験はレベルに応じて、1級、準1級、2級、3級、と4つのレベルに分かれています。毎年6月と11月に実施されており、年齢や学歴による受験の制限はありません。

医療秘書技能検定の難易度は?

医療秘書技能検定の難易度は各級により、大きく異なります。おおよその合格率としては、3級で70%程度、2級で50%、準1級で30%、1級で10%と級が上がるにつれて、合格率も低くなっています。1級についてはかなりの難関試験といえるでしょう。2級以上の合格を目指すのであれば、医療秘書の専門学校などで医療関連の知識を身につける方が近道かもしれません。

医療秘書技能検定合格のための対策

試験内容は以下の項目に分かれます。(各100点) ・領域Ⅰ 医療秘書実務、医療機関の組織・運営、医療関連法規 ・領域Ⅱ 医学的基礎知識、医療関連知識 ・領域Ⅲ 医療事務(レセプト作成並びに診療報酬点数表の理解) 合格するためには、以下の両条件を満たす必要があります。 ・領域Ⅰ、領域Ⅱ、領域Ⅲの正解合計が180点以上 ・領域Ⅰ、領域Ⅱ、領域Ⅲのそれぞれの正解率が60%以上 試験対策は、基本的に過去問を中心に取り組むことがおすすめです。暗記項目が多いため、関連する参考書、問題集を利用して繰り返し学習することで暗記することをおすすめします。領域Ⅲでは、レセプト作成の問題が出題されます。穴埋め形式ですが、保険点数の基礎知識等は難しいものもあるので、余裕があれば医療事務関連の講座を受講するのがよいかもしれません。 就職の際にこの検定の取得を採用条件に挙げる医療機関もあるため、医療関係の事務系での就職を考えている人にとっては、取得によって就職活動に大いにプラスになる検定です。確実に就職に結びつけるには、専門学校等でしっかり勉強し、就職先の斡旋をしてもらう環境に身をおくことも一つの選択肢です。

医療秘書になるための学校の選び方

医療秘書になるために進学をするというのは選択肢の一つです。では、どのような基準で学校選びをすればよいのでしょうか。

目指す資格が取得できるか

先に紹介した「医療秘書技能検定」をはじめ、ビジネス系資格、IT系資格等、自分が目指す資格を確実に取得できるかどうかの確認が必要です。カリキュラムや卒業に必要な取得資格に含まれているかどうか、また合格率はどうか、等を確認しておくとよいでしょう。

病院実習は充実しているか

病院実習では、実際に病院等の職場で仕事内容を経験することのできる貴重な経験の場です。医療秘書を目指して学習するにあたり、目標設定やモチベーション向上に非常に重要な役割を果たします。学校によって、病院実習の取り組み方は様々です。自分に合った実習内容、実習先があるかどうかを確認しておくとよいでしょう。

卒業生の就職実績はどうか

その学校の卒業生がどのようなところへ就職しているかどうか確認することも重要です。自分が目指す業態の職場へ就職している卒業生がいるかどうかで、自分の目標とする就職に近づけるかどうかの確率が変わります。卒業生の就職率、就職先は事前に必ずチェックしておきましょう。

専門知識を身につけ、病院の顔に!

医療秘書の仕事は様々ですが、患者や医師、病院のスタッフ等とコミュニケーションをとることが必要な仕事になります。進学したり、検定を取得して、医療やレセプトに関する専門知識を身につけ、明るく元気な笑顔で病院の顔として勤務する医療秘書を目指しましょう。

関連タグ

アクセスランキング