IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ニュースキャスターとアナウンサーの違い|なるにはどうする?

更新日:2022年08月09日

職種研究

ニュース番組といえば、ニュースキャスターですよね。しかし、アナウンサーとは実は少し違うのです。ニュースキャスターとアナウンサーの違いって何?ニュースキャスターの年収は?気になるニュースキャスターになるための方法やノウハウなどをご紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

ニュースキャスターとは

ニュースキャスターといえばどのようなことを思い浮かべるでしょうか?今日は入ってきたニュースを読む人…?アナウンサーとは違うのか?など普段目にしていても、実はどういうことをしているのか分からない人も多いのではないでしょうか。 私たちが良く目にするニュースキャスターというのは、ニュースでは入ってきたニュースを読み上げたり、緊急で入ってきたニュースを報道したり、解説したりする人のことです。ニュース番組での司会も務める人のこともニュースキャスターといいます。

ニュースキャスターとアナウンサーの違い

ニュースキャスターとアナウンサーは何が違うのか気になりますよね。 よく考えてみれば同じようなそうでもないような…。しかし、ニュースキャスターとアナウンサーには決定的な違いがあります。

アナウンサーは原稿を読む専門職であることが多い

アナウンサーはテレビ局に所属している職種です。主にニュースの原稿などを読み上げることを専門としています。アナウンサーはニュースの原稿を読むだけではなく、バラエティー、VTRのナレーションやスポーツの実況の司会進行など、たくさんの仕事を担当します。

ニュースキャスターは自分の意見を交える

日常のニュースを伝えるための報道番組において、入ってきたその日のニュースを紹介しながら番組を進行する言わば、司会のような役割を持つ職種です。ニュースキャスターはただ原稿を読んでいるだけではありません。ニュースを紹介しつつ、自分の意見を交えたりそのニュースの解説をしたりします。 ジャーナリストやアナウンサーでもニュースキャスターを担当している場合もあります。また、ドラマ出演俳優やモデルがニュースキャスターを務めるケースもあります。アナウンサーはテレビ局所属のニュースの原稿読み上げや他の番組の司会などたくさんの仕事をしている人。 ニュースキャスターは基本的には報道番組の司会者と考えたほうが明確かと思います。

ニュースキャスターになるには

ニュースキャスターになるといっても何から始めたらいいのか分からない! そんな人の為にニュースキャスターになるための方法をいくつかご紹介しましょう。

アナウンサーとして就職をする

いきなりテレビ局に就職をしてニュースキャスターを任されるということは少ないそうです。まずはアナウンサーとして就職する人が多いようです。アナウンサーはニュースキャスターになるために 必要なニュースの原稿を読むことを経験として積むことができます。また、様々な番組において活躍をすることができ、『自分の意見を伝える』というスキルを身につけることもできます。 ニュースキャスターには、自分の意見を交えて報道したり、番組の進行をスムーズにするためにどのようなことが起きても対応できる力が必要です。まずは、アナウンサーとしてテレビ局に就職して、下積みをしてからニュースキャスターへの道が早いのではないでしょうか。

ニュースキャスター、アナウンサーの学校で勉強する

ニュースキャスターやアナウンサーとしての知識がまだ乏しい、どのようなスキルを身につければ良いかわからない人はニュースキャスター、アナウンサーの専門学校へ行ってみてはいかがでしょうか。 主に、ニュースキャスターとして必要な知識、正しい日本語の使い方や発声練習、表現の仕方を学ぶことができます。有名なニュースキャスターでもアナウンサーでも専門学校からテレビ局へ就職して活躍している人も多いです各テレビ局でのニュースキャスター、アナウンサー養成スクールもあるので、ニュースキャスターやアナウンサーを目指してみたいという人はそういった学校に入り、テレビ局への就職をしてみるのも1つの方法といえるでしょう。 夜間コースなど仕事をしながら勉強できる環境があるスクールもありますので、ぜひ探してみてくださいね。

ニュースキャスターに向いている人

明るくポジティブな人、負けず嫌いな人、忍耐力がある人、冷静で気持ちの切り替えがすぐにできる人、そして何より『人に物事を伝えるのが好き』という気持ちが必要になってくるでしょう。 確かに、暗くてボソボソとニュースを言っているニュースキャスターよりも、 明るく真剣に、そして人にわかりやすく伝えるということができているニュースキャスターのほうがいいですよね。 また、ニュースキャスターやアナウンサーに失敗はたくさんあります。いつだったか某番組でお天気キャスターの人が原稿を読み間違えてしまい、番組中泣き出してしまうというハプニングがありましたが、ニュースキャスターが原稿の読み間違えでいきなり泣き出してしまうというのは、プロとしては恥ずかしいことです。 誰でも失敗はありますが、そこは泣き出さないでニュースの終わりやCMの合間に訂正をするという方法もあるので、失敗はあまり根に持たず、気持ちを切り替えてしっかりとニュースを伝えることが大切なのです。 そして、どんな仕事でも言えることですが、ニュースキャスターも大切な仕事の1つです。 自分の仕事に責任を持つ。つまり、プロ意識を持つことが大切です。どんなに個性的なキャラクターのニュースキャスターでも1つの仕事としてみており、真剣に取り組んでいる姿勢が見られる人のほうが評価されます。

次のページ:有名なニュースキャスターの男性・女性
初回公開日:2017年03月13日

記載されている内容は2017年03月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング