IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電気工事士と施工管理士の違い・電気工事士の年収と仕事内容

職種研究

電気は私たちの生活に欠かせないものです。その電気を使えるようにする工事を電気工事と言います。電気工事は需要が多く社会的にも貢献度の高い仕事です。電気工事を行うには電気工事士という国家資格が必要です。ここでは電気工事士のすべてをご紹介します。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

スマホも電気がなければ使えない

スマホも電気がなければ使えない

電気はガスや水道とともに私たちの仕事や生活に欠かせないものです。電気がなければ、照明もエアコンも使うことができません。最新型のスマートフォンも充電しなければ使うことはできません。その電気を電柱から引き込み、家庭や会社で使えるようにする工事が電気工事です。

電気工事と電気工事士

電気工事と電気工事士

電気工事は、感電事故や漏電火災といった危険を伴う作業であることから、一定の知識と技術を持った電気工事士という資格者しか作業を行うことができません。それでは、電気工事士の行う電気工事にはどんなものがあるのでしょう。

電気工事士の仕事内容

工場や商業施設、学校、病院、マンション、一般住宅など電気を必要とする施設のほとんどの電気工事が電気工事士の仕事の対象です。工場を例に主な電気工事士の仕事を見てみましょう。 ・工場敷地内の変電施設に電柱から電気を引き込む ・変電施設から工場内配電盤に電気を引き込む ・工場内の機械やエレベータ、空調機器などへ電気配線をする ・敷地や工場内の高所に照明設備を設置し電気配線をする ・コンセントやスイッチを取り付け電気配線をする 電気工事で設置した設備や配線は、いずれは老朽化するため交換作業も必要です。電気工事は、社会が電気を使用する限り増えることはあっても減ることはないでしょう。

電気工事業界の動き

電気工事業界の動き

環境問題は社会の大きな関心事の一つです。CO2削減や省エネにつながるHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)を導入した一般住宅も増えています。環境対策は国の後押しもあることから、新しい技術を取り入れた省エネ関連の電気工事は今後も増えることが期待できます。一方、少子高齢化による労働人口の減少が社会問題になっています。電気工事士は将来は不足することが予想されるため貴重な存在になりそうです。

電気工事士の資格

電気工事士の資格は、電気工事の欠陥による災害の防止を目的として電気工事士法で定められている国家資格です。電気工事士の資格には第一種と第二種があり、従事できる業務範囲が異なっています。

第一種電気工事士

一般用電気工作物の電気工事と自家用電気工作物で最大電力500KW未満の電気を使用する設備の電気工事を行うことができます。自家用電気工作物というのは電気事業者から高圧で受電している場所の電気使用設備や電気配線のことで、工場やビルの工事が該当します。

特種電気工事資格者

ネオンサインの工事と非常用予備発電装置の工事は第一種電気工事士であっても行うことはできません。特種電気工事資格者という特別な資格が必要です。

第二種電気工事士

一般用電気工作物の電気工事の作業を行うことができます。一般用電気工作物というのは、低圧600V以下で受電している場所の電気配線や電気使用設備のことで、一般住宅や小規模店舗、小規模工場の工事が該当します。

簡易電気工事と認定電気工事従事者

自家用電気工作物でも、最大電力500KW未満の需要設備において600V以下で使用する設備の電気工事は簡易電気工事と言います。第二種電気工事士は、本来は自家用電気工作物の電気工事はできませんが、所定の講習を終えて認定電気工事従事者の認定証の交付を受ければ、簡易電気工事については作業を行うことができます。

電気工事士の試験

試験は誰でも受験できる

電気工事士試験の受験資格に制限はありません。誰でも受験することができます。ただし第一種電気工事士は、試験に合格しても、一定年数の電気工事の実務経験がなければ免状が交付されません。大学や高専で所定の課程を納めて卒業している場合で3年以上、それ以外の場合は5年以上の実務経験が必要です。そのため、まず第二種電気工事士の試験に合格し、所定の年数の実務を経験してから第一種電気工事士の試験を受けるのが一般的なようです。

試験の内容

電気工事士試験は筆記試験と技能試験があり、技能試験を受けるには筆記試験に合格している必要があります。技能試験に落ちた場合は翌年に限り筆記試験が免除されます。第二種の試験は上期と下期の年2回行われますが、両方を申し込みすることはできず、第一種、第二種ともに年一回のチャンスです。

筆記試験の合格基準

電気工事士の筆記試験は第一種、第二種ともに正解率6割以上が合格基準です。

技能試験の合格基準

技能試験は実際に施工した作品の欠陥の程度によって合否が判断されます。欠陥の区分と合格基準を見ておきましょう。 欠陥の区分 ・A欠陥は電気的に致命的な欠陥 ・B欠陥は施工上の重大な欠陥 ・C欠陥は施工上の軽微な欠陥 欠陥の合格基準 ・A、B、Cの欠陥が何もない ・A欠陥とC欠陥がなく、 B欠陥が2個以内 ・A欠陥がなく、B欠陥が1個、C欠陥が2個以内 ・A欠陥とB欠陥がなく、C欠陥が4個以内 上記以外は不合格です。

試験の勉強方法

電気工事士の試験対策は3つの方法があります。 ・講習会に通学する ・通信教育を受ける ・市販のテキストで独学する 通学も通信教育もそれなりに費用がかかります。通学の場合さらに時間的な制約もあります。市販のテキストで独学する方法は、自分の時間都合で勉強を進めることができ、一番安価です。

独学でも合格可能

電気工事士の試験対策テキストはDVD付きのテキストも市販されています。技能試験の施工手順や欠陥のポイントを映像で解説してありますから、独学で合格することも可能です。試験の傾向を知る上でも、テキストや過去問題集は最新版を入手することをお勧めします。

電気工事士と電気施工管理技士の違い

電気施工管理技士は、施工計画・施工図の作成、工程管理、品質管理、安全管理といった電気工事の管理を行う責任者です。電気施工管理技士は一級と二級という資格区分があり、管理業務を担うことができる建築物の規模が異なっています。 ・二級電気工事施工管理技士は3,000万円を超えない金額の電気工事に限定される ・一級電気工事施工管理技士は3,000万円を超える金額の電気工事を請け負うことができる

電気工事士の就職・転職

電気工事士の就職・転職

電気工事士の就職先は、電力会社や電気工事会社の他にも、電気工事を行う建設会社や建築会社、家電メーカーや家電量販店、ビル管理会社などたくさんあります。電気工事士の求人は、ハローワークでも求人サイトでも電気工事士という条件で検索すればすぐに見つかります。勤務地や給料、雇用形態など就業条件を絞り込んで検索することもできます。第一種電気工事士の資格を持ち、実務経験が豊富であれば転職も有利に進めることができるようです。

無資格で電気工事の仕事をするには

無資格で電気工事の仕事をしたいという場合は、電気工事の補助という仕事があります。補助作業であれば無資格でも行うことができます。「電気工事士 無資格」や「電気工事士 補助」「電気工事士 見習い」という条件で検索すれば、無資格の人でも応募できる求人を探すことができます。資格取得を支援してくれる会社もありますから、仕事をしながら電気工事士の資格を取得することもできます。

電気工事士の給料・年収

電気工事士の給料は、年齢や経験、会社の規模や業態、資格の種別によって違ってきます。電気工事士の給与に関する口コミ情報をまとめておきましょう。 ・20代と40代の平均月額給与は10万円程度の差がある ・第二種と第一種の電気工事士の平均年収は100万円程度の差がある ・一般社員と監督者の平均年収は100万円程度の差がある ・大企業と中小企業の平均年収は100万円程度の差がある 電気工事士の給料は、月額ベースで比較すると高く見えても、賞与を加えた年収ベースでは逆転する場合がありますから注意しましょう。電気工事の仕事を取ってくる営業力や仕事を回してもらえる人脈を持っている電気工事士であれば、独立して高収入を得ることも可能です。

電気工事の仕事は魅力的

電気工事は、感電事故や漏電災害の危険があるため、一定の知識と技術を持つ電気工事士にしか作業が許されていません。電気工事は電気を使用するほとんどの施設で必要な工事です。環境対策の面では省エネ設備の導入に対して国の積極的な後押しもあります。電気工事は今後も増えることが予想されており、将来性のある仕事と言えそうです。あなたも電気工事業界で活躍してみませんか?

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング