IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ホテルコンシェルジュの年収と仕事内容|なるにはどうする?

初回公開日:2017年03月14日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2017年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

ホテルコンシェルジュという仕事は、ゲストの旅における相談役です。安心して旅を楽しむ際に必要な役割を持ち、お客様それぞれが抱える旅での不自由さや不安を払拭する高い適応能力が必須な仕事です。ホテルコンシェルジュの仕事や給料のことを詳しく見てみましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

ホテルコンシェルジュとは

ホテルコンシェルジュとは、どのような仕事をしているのでしょうか。ホテルコンシェルジュは一般的に語学力に長けていることが必須であり、その他にも訪日外国人の方々とスムーズなコミュニケーションを図る必要があるため、宗教、食文化、その他外国文化において幅広い知識を持った上で、接客を行うプロのお仕事です。

インバウンドをサポートする役割

ホテルコンシェルジュは、専門的な知識を有しているだけでなく、普段から日本に滞在していない訪日外国人における旅のお手伝いを行うため、公共交通機関の交通網、移動時間、移動方法などホテルから一歩外へと踏み出した先でも安心して旅を行うことができるよう気遣いのある接客を行っているのです。 特に、外国人旅行者たちはそれぞれの国によって礼儀作法やマナーが異なります。海外文化に対しる基礎知識を有していないとホテルコンシェルジュでさえも振る舞い一つで誤解を与え、旅を台無しにしかねないため、高い教養が必要な職種と言えます。

ホテルコンシェルジュの仕事とは?

ホテルコンシェルジュは、具体的にどのような仕事をしているのでしょうか? ホテルコンシェルジュの仕事をする上で重要な能力は、語学力とトラブル対応能力だと言えます。まず、語学力においては先ほども触れたように訪日外国人旅行者がホテルを利用する頻度が以前よりも増えている傾向にあります。日本に普段から訪れているわけではない、旅行者たちは、乗り物の乗り方、日本の交通ルール、目的地までの距離や移動手段などわからないことがいっぱいな状況です。 このような旅行者の気持ちを汲み取り、今何をしてあげることが宿泊旅行者にとってベストな対応なのかを瞬時に判断できる能力が必要です。対応ができても道を教えてあげるためには、言葉が必要。英語はもとよりその他の言語も話せる方がホテルコンシェルジュとしての信頼も増すと言えます。 次に、トラブル対応能力については、慣れない海外での滞在では、よく母国のルールで行動をしてしまった結果、日本で騒ぎにまで膨らんでしまうトラブルも多々見受けられます。世界に存在する様々な宗教や風土や文化などに対する教養を身につけておくことも各々の国の利用者を偏見なく見る上で重要な知識を用すると言えるでしょう。

必要な資格やスキルはあるの?

必要な資格やスキルはあるの?
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

ホテルコンシェルジュになる上で、取得しておかなければいけないスキルや資格というのは、実はありません。しかし、不特定多数の人と接する仕事であるため、コニュニケーション応力は必然的に必要となります。また、訪日外国人に対する対応の機会は必ずあるため、語学力を身につけていて損はないでしょうか。 また、ホテルコンシェルジュとして有利な経験といえば、海外留学です。本で学ぶこと以上に海外での滞在経験を踏んでいる人の方が、慣れない国で何に困るのか?どういうサポートを受けたいと感じているのか?といった旅行者の心情をいち早くキャッチすることができることにつながります。 ホテルコンシェルジュを目指す上で必要なスキルは入社後にある程度は身につけることができますが、語学力や海外経験という部分においては、事前に自主的に経験値を積んでおくことに越したことはないと言えるでしょう。

ホテルコンシェルジュの年収

ホテルコンシェルジュの年収
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

ホテルコンシェルジュという仕事は、就職先によって年収が変化します。 例えば、世界にも名高い「リッツカールトンホテル」「ヒルトンホテル」などのホテルコンシェルジュになると給与は世界最高水準です。また、日本国内においては「リーガロイヤルホテル」「帝国ホテル」などを筆頭にホテル大手になると給与水準も高くなります。

海外大手ホテルのコンシェルジュ

ビッグネームなホテルのコンシェルジュは、年収は比較的優雅だと言えるのではないでしょうか。給与に見あったサービスを提供しているということはもちろんのこと、一流ホテルでホテルコンシェルジュとして働くことは、スキル磨き、経験値を得られるということはもちろんの事それに見合うだけの給与はしっかりとあることがモチベーションへとつながることは間違い無いでしょう。

ホテルコンシェルジュになるには?

ホテルコンシェルジュになるために、4年生大学を卒業していなければならないといった学歴による制約はありません。そのため、短大卒でも高卒でもホテルコンシェルジュになることは可能です。しかし、ホテルコンシェルジュになるためにはホテル業界で長年培った経験や知識、対応能力など何十年も業務をこなした上でようやく手にすることができる職位なのです。 よく言えば、誰でもホテルコンシェルジュになるチャンスはあるということが言えますね。

ホテルコンシェルジュになるには?
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

ホテルコンシェルジュに近づくために専門学校へ

若くして本気でホテルコンシェルジュを目指す人材にとっては、ホテルマンやホテルウーマンになるための専門学校が実はあります。専門学校では、実際にホテルで想定される出来事を基に応対能力を磨く他、学校では教えてもらえないホテルコンシェルジュとしての仕事に対する心構えにおける部分など、経験豊富な元ホテルマンの講師などが教鞭に立ち未来のホテルコンシェルジュに教育をしてくれる場があるのです。

海外でも活躍できるホテルコンシェルジュを目指そう!

海外でも活躍できるホテルコンシェルジュを目指そう!
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

いかがでしたか?ホテルコンシェルジュという仕事は、ホテル業界においてベルボーイや受付、給仕係など総合的な業務経験を全てこなした上で、ごく一部の人に与えられる職位なのです。キャリアを重ねればいつかなれるというものではなく、ホテルコンシェルジュとしてホテルのことを知り尽くしている人材であり、いかなるお客様が来られたとしても高い応対能力と、言語能力によりお客様に常に最善のおもてなしを提供できる存在になります。 ホテルコンシェルジュの仕事は、高いプロフェッショナルな仕事である反面、給与体系はそこそこなのが現実です。同じホテルコンシェルジュになるにしても、日本の大手ホテルよりも給与の面で言えば、世界の大手ホテルで活躍する方が給与体系は魅力的と言えるでしょう。 ホテルコンシェジュルになるには、それなりの年月を要するものであるため、本気で目指さなければそのチャンスすら与えられずに終わる可能性があります。そのため日々のホテル業務を真剣に取り組む必要があります。利用者様の不足の怪我のケアやホテル周辺はもちろん日本の大手観光名所における地理案内など多岐にわたるノウハウが必要となりますので、日々勉強と考えて取り組むことがホテルコンシェルジュに近づく道標となるかもしれません。 スキルや資格はとりあえずなくても問題がないので、ぜひホテルコンシェルジュに興味のある方は、応募してみるのも良いと思います。多くの人を笑顔にできるやりがいのある仕事です。

就活を有利に進めるなら

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

関連タグ

アクセスランキング