IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【保険業界研究】「現状」「今後の動向・将来性」調べまとめ

更新日:2020年11月05日

就活

皆さんや周囲の方も、何かしらの保険に加入しているという方は、多いのではないでしょうか?今回は、保険の中でも特に損害保険に注目して、損害保険を運営している損害保険業界の現状や動向、将来性などをご紹介していきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

保険業界研究:現状

まずは、保険業界が今、どのような状況に置かれているのか、基本情報や業界シェアを通して見ていきましょう。

保険業界の現状:基本情報

以下は、平成25年~平成26年の損害保険業界の各データを元にしたものです。 市場規模:8兆4719億円 労働者数:19811人 平均年齢:43.0歳 平均勤続年数:14.8年 平均年収:903万円 引用元:「業界動向SEARCH.COM(※1)」 損害保険業界の基本情報の中で、特に目を引くのが、市場規模の大きさです。他の業界と比べてみると、比較的大きいと言えます、一方で、労働者は、標準的な人数となっています。市場規模の大きさを考えると、少ないと言えるでしょう。また、平均年齢と平均勤続年数は、他の業界と比べても平均的です。 平均年収に関しては、かなり高額と言えそうです。参考までに、業界などに関係なく統計された2015年の労働者の平均年収を見てみたところ、440万円でした(※2)。この金額を標準と考えた場合、損害保険業界の903万円という金額は、標準の2倍以上の高額年収ということになります。

保険業界の現状:業界シェア

続いて、保険業界の市場がどのような内訳になっているのか、業界シェアを見ていきましょう。今回は、損害保険業界の業界シェアをご紹介していきます。 以下は、平成25年~平成26年の損害保険業界企業の売上高を元にしたデータです。 1:東京海上ホールディングス 2:MS&ADインシュアランスグループホールディングス 3:NKSJホールディングス 引用元:「業界動向SEARCH.COM(※1)」 東京海上ホールディングスのシェア率は33.9%、売上高は2兆8707億円でした。業界全体の市場の3割以上を占める業績を治めている東京海上ホールディングスは、損害保険業界を牽引していく存在ですね。 続いて、シェア率33.2%、売上高2兆8116億円のMS&ADインシュアランスグループホールディングスです。東京海上ホールディングスとの差は僅差となっており、こちらも業界全体の市場の3割以上を占める好業績となっています。 NKSJホールディングスは、シェア率26.8%、売上高2兆2689億円でした。こちらも、業界の市場に大きな影響を与えている高い業績をおさめています。損害保険業界の市場は、1~3の企業が「3強」のような形で独占している状況です。

保険業界研究:動向

続いて、保険業界で今、どのような変化が起こっているのか、動向を追っていきましょう。現在、損害保険業界が抱えている課題や、業界規模の推移などをご紹介していきます。

保険業界の現状:課題

まずは、損害保険業界の課題を見ていきます。どのようにすれば、損害保険業界をより良くしていけるのか、解決案を考えてみると、将来性なども見えてくるかもしれませんよ。

保険業界の課題1:社会の変化

社会の状況や景気などは、常に変わっていくものですが、近年は国内の少子高齢化が進み、今後の損害保険業界に大きな影響を与えると考えられています。人口減少による市場規模の縮小は勿論ですが、自動車の保有台数や住宅着工数の変化なども、損害保険業界にとっては大きな打撃となる場合があるのです。今後は、変化していく社会の状況やニーズによりフィットしたサービスやプランを考えていく必要がありそうです。(※3)

保険業界の課題2:環境の変化

近年は、地球温暖化などの影響もあり、以前では考えられなかったような災害が増えてきました。また、震災などの影響で、消費者の災害やその対策に対する興味が高まってきています。損害保険業界企業では、高度なリスク管理を行い、消費者がより安全に暮らしていけるようなサービスやプランを生み出していけるよう、更なる進歩や追究が必要とされています。(※3)

保険業界の課題3:高齢者ドライバーの増加

次のページ:保険業界の現状:市場動向
初回公開日:2016年11月11日

記載されている内容は2016年11月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング