IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

経理事務の年収と仕事内容|未経験から経理事務になれる?

職種研究

皆さんは「経理事務」という言葉を1度は聞いたことがありませんか?しかし実際の仕事内容を知っている人は少ないかもしれません。この記事では、気になる経理事務の仕事内容、年収、資格そして面接でのアピールの仕方まで見ていきたいと思います。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

経理事務の仕事内容

皆さんは「経理事務」という言葉を聞いたことがありますよね?しかし実際の仕事内容を知っている人は少ないかもしれません。 経理事務とは、簡単に言えば、企業でお金の流れを管理する仕事です。 具体的には、日常の出入金管理や帳簿づけ、経費精算、売上や入金の確認、貸借対照表、財務諸表などの作成業務です。企業の支出と収益を把握・分析し、問題がある場合は関係部署と調整をします。 <経理事務の仕事内容> ・入出金の管理 ・仕訳伝票の起票 ・各種帳簿作成 ・試算表の作成・管理、 ・月次決算や年次決算等の会計処理 ・連結決算業務 ・個別決算業務 ・有価証券報告書及び短信作成 ・収支バランスを管理 ・財務諸表の作成 ・税理士や公認会計士との協議 ・取引き先の与信管理 ・マニュアル・チェックリストの作成と運用 ・監査法人対応 ・税務調査対応 ・消費税・源泉所得税申告業務 ・取締役会資料作成、担当役員への説明業務 このように、経理事務の仕事内容は多岐に渡りますが、経理事務の仕事をするには資格等が必要なのでしょうか?

経理事務に必要な資格

経理事務に特別に必要な資格はありません。しかし、持っていれば採用に有利・仕事に役立つ資格はあります。経理事務は企業の収支を管理しますので、簿記検定2級以上があると有利です。また、業務のほとんどはパソコンを使用しますので、マイクロソフトのエクセルやワードなどの基本的なパソコンスキルは必要です。

未経験からの経理事務

上記で述べたように、経理事務には特別に必要な資格はありませんので、未経験からでも働くチャンスは十分にあります。ただ、実務経験があると採用の際に有利になるようです。もしあなたが未経験から経理事務として働きたいと考えているのであれば、簿記検定とパソコンスキルを身につけましょう。面接で有利になり、実際の業務にも役立ちます。

どんな人が経理事務に向いてる?

経理事務細かい数字を扱いますので、性格が几帳面で注意深い人が向いています。また、計算が得意な人も望ましいです。他にも、経営者や他部署の社員、税理士、会計士と連携しながら仕事を進めていくことも多いので、コミュニケーション能力も必要です。

経理事務の年収・給料

気になる経理事務の年収は、いくらなのでしょうか?結論から言いますと、経理事務の年収はだいたい450万円ほどです。日本の給与所得者全体の平均年収が、だいたい440万円前後程度なので、それと比べると、経理事務の年収はほぼ平均と変わらないと言えます。

経営事務の職種別年収

経理事務の平均年収は約440万円と言いましたが、雇用形態によって年収は変わってきます。ここでは、雇用形態別に給料を見ていきたいと思います。 正社員 420万円~580万円 派遣社員 330万円~370万円 アルバイト 時給950円~ 正社員の経理事務の平均年収は420万円~580万円ほどで、会社の業務内容や規模、また本人のスキルやキャリアによっても大きく変わってきます。派遣社員の経理事務の平均年収は330万円~370万円となっており、正社員と比べると年収は低くなっていますが、正社員の場合は月末の月次決算書の時、年次決算の時期は休日出勤や残業をすることも多く、年収だけでは比較できない大変さがあります。 アルバイトの場合は時給950円からですが、実務経験が豊かな経理事務であればアルバイトでも、時給1500円以上を稼ぐことも十分に可能です。

経理事務で年収1000万円は可能?

年収1000万円といえば夢の大台と言われ、目指している人も多いのではないでしょうか。経理の平均年収は約440万円で、日本の給与所得者の平均値に近いと言いましたが、それ以上稼ぐことは可能なのでしょうか。 国税庁の民間給与実態統計調査によれば、年収1000万円を超える給与所得者は全体でわずか約4%しか存在しません。そんな狭き門ですが、経理事務でも年収1000万円を得ることは大変難しいですが不可能ではありません。もし経理事務で年収1000万円を目指すのであれば、社員の平均年収が年収1000万円以上の企業に就職するか、転職すれば可能性はあるでしょう。特に、外資系企業は福利厚生が充実していない代わりに、年収が高く設定されており1000万円をもらっている社員も多いです。

経理事務として働きたい!

世の中にはたくさんの職業があります。その中でも経理事務は、ほとんどの企業に存在し、重要な役割を担っています。単純な事務作業もありますが、財務分野など幅広く会社の運営に関わっていく業務もあり、やりがいのある仕事です。これまでに、経理事務の仕事内容、必要な資格、年収・給料を見てきましたが、ここからは実際にあなたが採用面接を受ける中で役立つ情報をお伝えしていきます。

志望動機の書き方

経理事務の志望動機をどう書いたら良いか悩んでいますか?結論から言いますと、他の職種を志望するときと、大きな違いはありません。たくさんある会社の中から志望の会社を選んだ理由を書くようにしましょう。そのためには事前にその会社について調べ、企業研究をしておくことが重要です。それに加え、経理事務として働くのに必要な自分の能力、適性をアピールし、それをどう経理事務の仕事に役立てることができるのかを書きましょう。 <例文> 私は几帳面な性格で、丁寧に仕事に取り組みます。以前経理事務として働いていたときは、丁寧・正確・スピードを心掛けて業務に取り組んできました。その結果、経理事務の業務を円滑に進めることができました。 パソコン検定を取得しており、Microsoft Word, Excelが得意です。また、簿記2級も所持しており、貴社で働くことで、私の資格や能力を活かせると思い応募させていただきました。

面接でアピールするポイント

では実際に、採用面接であなたのどのような長所をアピールしたら、人事から高評価を得られるのでしょうか。 ・簿記検定、パソコンなどの実践スキル これは先ほども述べましたが、経理事務に必要な資格はありません。ただし、簿記検定(2級以上)、パソコンの操作スキル(Microsoft Excel, Word, Power Point など)は実際の業務に非常に役立ち、実践で多いに役立つことでしょう。これらの実践スキルがあれば、人事担当者は即戦力として考慮し、採用に有利になります。 ・几帳面さ 経理事務は細かい数字を扱うことになります。特にこの職種では、ミスが許されない業務を多く担当することになります。企業の支出・収益を計算する中で間違いがあれば企業全体に影響を及ぼしてしまいます。ですので、几帳面であることをアピールすれば、採用に直結する内容になります。 ・忍耐力 経理事務は、日々同じ単純作業をすることも多いです。細かくミスの許されない業務に加え、その仕事はあまり目立たず、業務において評価される事は少ないため、忍耐強くないと勤まらない仕事と言えるでしょう。根気強く、何かを続けて来たエピソードがあれば、面接でおおいにアピールするべきです。 ・迅速さ ゆっくりと自分のペースで業務が出来る様に見える経理事務ですが、実際には、期限に間に合うように事務処理を行ったりと時間に追われる仕事も多くあります。ですので、きちんとスピード感を持って、期限に間に合うように予定を立てて仕事が出来る点をアピールすれば、面接官に好印象を与えることができるでしょう。 ・コミュニケーション能力 経理事務というと、机に向かって誰とも話さず黙々とお金の計算、とイメージしている人も多いと思います。しかし実際には、経営者や他部署の社員、税理士、会計士と連携しながら仕事を進めていきます。周囲と連絡を取り、円満に仕事を進めていくためにはコミュニケーション能力は不可欠です。

経理事務という仕事を理解できましたか?

いかがでしたでしょうか? 今回は、経理事務の事内容、年収、資格、志望動機そして面接でのアピールの仕方まで見てきました。 未経験でも十分に経理事務の仕事を得られる可能性はあります。現在または将来、経理事務として働きたいと考えている方は、今回ご紹介したことを参考にしてくださると幸いです。

関連タグ

アクセスランキング