IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

教員免許の正式名称と種類・教員免許の履歴書への書き方

書き方・例文

教師ってなんだかかっこいい!そう思っている人意外と多いと思います。ここでは、教員免許の正式名称、種類、教員免許を履歴書に書く方法、取得可能大学、免許の更新方法など詳しくご紹介します。履歴書に教師と書きたいあなた、ぜひ拝読ください。

更新日時:

教員免許とは???

「教員免許」よく聞きますが、教員免許の正式名称ってご存知ですか?教員免許の正式名称は、「教育職員免許状」といいます。教壇に立ち、生徒に教えるためには教員免許が必須になります。私たちの多くは、「教員免許」と一つにまとめがちですが、実は教員免許にも種類があります。

教員免許の種類 

これから、教員免許について紹介します。私たちは、「教壇に立つ先生たち=みんな同じ」と思いですが、実は持っている免許が異なることが多々あります。え?教員免許って種類があるの…って方も多いかもしれません。くわしくご紹介していきます。 まず、教員免許は大きく分けると3つあります。 ・普通免許 ・特別免許 ・臨時免許 です。 では、最初に【普通免許】について紹介します。

普通免許状とは?

普通免許状とは、教諭・養護教諭・栄養教諭の免許状です。所要資格を経て必要な書類を添えて申請を行うことにより授与されます。実は普通免許状の中にも種類があります。 ・専修免許状 ・一種免許状 ・二種免許状の3つです。 簡単に違いを説明すると、 ・「専修免許状」とは、修士学位を有することを基礎資格とするものです。つまり大学院を卒業することで獲得できるもので、現職教員がランクアップのためにとることが多いものです。 ・「一種免許状」とは、学士の学位を有することを基礎資格とするものです。これがいわゆる普通の教員免許になります。 ・「二種免許状」とは、短期大学の学位を有することを基礎資格とするものです。高校生を教える免許としてはあたらず、基本的に小学校・幼稚園向きの免許となります。 詳しく分類すると以下のようになります。 ①幼稚園教諭免許状 ・専修・一種・二種 ②小学校教諭免許状 ・専修・一種・二種 ③中学校教諭免許状 ・専修・一種・二種 国語、社会、数学、理科、外国語、音楽、美術、保健体育、保健、技術、家庭、職業、職業実習、宗教 ④高等学校教諭免許状 ・専修・一種 国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語、音楽、美術、工芸、書道、保健体育、保健、看護、看護実習、家庭、家庭実習、情報、情報実習、農業、農業実習、工業、工業実習、商業、商業実習、水産、水産実習、福祉、福祉実習、商船、商船実習、職業指導、宗教 ・一種のみ 剣道、柔道、建築、インテリア、デザイン、情報技術、情報処理、計算実務 学校種・教科種の区別がない免許状として ・特別支援学校教諭免許状 ・養護教諭免許状 ・栄養教諭免許状 が挙げられます。

特別免許状と臨時免許状

先ほども述べた通り、教員免許は、【普通免許状】と【特別免許状】、【臨時免許状】に分けられます。ここから、イレギュラーである、【特別免許状】と【臨時免許状】について説明します。 【特別免許状】とは、授与を受けた都道府県内の学校でのみ、教壇に立つ権利が与えらえるものです。これは、教諭の免許状で、社会的経験を有する者に、教育職員検定を経て授与されます。つまり、特別免許状というものは、教員免許を持っていないが、優れた知識経験などを有する社会人等を教員として迎え入れることにより、学校教育の多様化への対応や、その活性化を図ることを目的に導入されています。

特別免許で授与を受けるには?

授与を受けるには、任命または雇用する者の推薦が必要です。また、教科に関する専門的な知識経験または技能、社会的信望、教員の職務に必要とされる熱意と識見を有することが求められます。

特許免許状の有効期間は10年です。 ちなみに、幼稚園教諭の免許状はなく、小学校教諭の免許状は教科ごとに授与されます。

【臨時免許状】とは、助教諭、養護教諭の免許状です。これは、普通免許を有する者を採用できない場合に限り、教育職員検定を経て、授与されます。臨時免許状も特別免許状と同様に、有効地域は限定されており、授与を受けた都道府県内の学校のみになっています。 有効期間は、短く、3年になっています。

教員免許を履歴書に書くには?

教員になろうがなるまいが、せっかく教員免許をとったのなら、履歴書に書きたいですよね。ここでは、履歴書に教員免許をどのように書くべきかをご紹介します。

履歴書・基本的な書き方

一般的には、「〈学校の種類〉教諭〈一種・二種・専修〉免許状〈中高の場合は教科〉」の順番で履歴書に記載します。例えば、正月河野教育免許状は、履歴書に書くときには、「小学校教諭一種免許状」、「中学校は、中学校教諭一種免許状(英語)」高等学校は、「高等学校教諭一種免許状(公民)」のような形で履歴書に記入します。

教員免許を複数所持している場合・履歴書の書き方

教員免許を複数所持している場合もありますよね。その場合の履歴書への書き方を説明します。教員免許を複数所持している場合、まとめて書かずに1行に一つずつ履歴書に書くのが決まりです。中高で同じ科目だから、といってまとめてしまうのはアウトです。 ダメな例 「中学・高等学校教諭一種免許状(数学)取得」 正しい例 「中学校教諭一種免許状(数学)取得」 「高等学校教諭一種免許状〈数学〉取得」 取得して年代が古い順番で、履歴書に記入しましょう。 履歴書にある、日付欄には、免許状に記載されている授与年月日を記載します。教員免許は、免許状記載の日付から有効となります。

新卒の場合・履歴書の書き方

新卒の場合は、履歴書を書く際に、「取得見込み」とつける必要があります。例を挙げると、「高等学校教諭一種免許状(数学)取得見込み」 となります。日付は、大学の卒業見込みの年月日をそのまま履歴書に記入するのが一般的です。

教員免許状更新講習を受講、修了してない場合・履歴書

教員免許状更新講習というのは、後程詳しく説明しますが、簡単に説明すると、教員免許には有効期限があるものとないものがあり、教員になる際に期限が過ぎていたら、受講が必要とされている講習のことです。有効期限が過ぎたから、といって履歴書に書くことができなることはないのですが、教員になる際、期限が切れていたら講習を受ける必要がある、というものです。 この講習を受けてない場合、履歴書にどう書くべきかを紹介します。書き方は、そこまで大きく変わりません。 ・平成○月×日 「小学校教諭一種免許状授与(更新講習未受講)」 このように履歴書に書けば大丈夫です。

教員免許を履歴書に書くのは有利?不利?

教員免許を取得していても、一般企業に就職したい方もいますよね。一般企業に就職する場合、履歴書に教員免許を取得していることを書くべきなのでしょうか。 基本的には、自分の仕事に対する能力やアピールになること、履歴書に書いたほうが良いとされています。そのため、履歴書に書くべきか、書かないべきかといったら書くべきでしょう。しかし、教員とはかけ離れた職種である場合、面接官から、「なぜ教員免許を取得したのか」と質問される可能性は高くなるため、履歴書に教員免許と書く際は、しっかりと事前準備をしましょう。

教員免許をどのようにアピールするか

せっかく履歴書に教員免許を記入しても、アピールできなければとてももったいないですよね。ここから、教員免許を履歴書に書くうえでのアピールポイントと、教員免許を持っていることで有利になる職種の紹介をします。

教員免許・履歴書・アピールポイント

「教員免許」は生徒に物事を教えるためのものです。そこから、ひとに物事を教えるとき、どのように伝えれば伝わりやすいか、学んできたはずです。また、そのほかにも、あなたが教員免許を取得するために、勉強するうえで、学んだこともあるはずです。 「教員免許を取得した」という事実も、もちろんアピールのポイントになりますが、免許取得の過程も、しっかり分析し、自分の言葉で伝えることができれば、大きなアピールポイントになります。履歴書に書けるのは、「教員免許」という証だけですが、面接で自分が教員免許を取得する過程で何を学んだのか、を伝えることで説得力が上がるので、ぜひ自分を見つめなおして考えてみてください。 また、「教員免許を取得した」ということは、コツコツ勉強し、多くの単位を獲得したということが読み取れます。地道な仕事でもコツコツ頑張ることができる、というまじめさもアピールすることができます。

教員免許・履歴書・強みになる職種

教員免許を履歴書に書くだけで、強みとなる職種もあります。 「教育」が関係する仕事です。 例として挙げると、 ・塾や予備校の講師、家庭教師 ・教科書の出版 ・学校運営にかかわる機関 ・学校対応の文房具メーカー などです。 これらの職種は、履歴書に教員免許と書くだけで、有利になります。理由としては、その職種によって変わってきますが、塾や予備校の講師などで、教員免許を持っていると、教え方や、子供との関わり方をもともと学んでいることで、教えることに対する説得力が上がり、保護者の安心材料になります。教科書の出版や、学校運営に関係する仕事では、今までに勉強した教育の知識が生かせることが多々あることが理由として挙げられます。

なんのために履歴書を書くのか

教員免許を履歴書に書く方法を理解できましたか?最後に、教員になろうが、なるまいがなぜ履歴書に「教員免許」を書くべきなのかをまとめてみようと思います。そもそも履歴書とは、面接官に読んでもらうためにあります。 面接官にあなたの履歴書を見てもらい、あなたがどのように生きてきて、何を頑張ってきたのか知ってもらわなければ、面接官は、多くの志望者の中からあなたを選んではくれません。実際に、言葉で伝える時間もありますが、伝えたいことを十分に伝えることができる時間はあまり長くありません。 履歴書は、あなたという人物を会社側に知ってもらうための大きなカギとなるのです。 教員免許を持っているということは、先ほども述べた通り履歴書に書くだけでアピールできる点が多々ありますし、書くことで、自分がどのような人間であるか、という話を広げることが簡単になります。せっかく持っているあなたの強みを、履歴書に書かずになかったことにするのは、もったいないですよね。また、せっかく持っているのに、履歴書の書き方が正しくなかったら、アピールが十分にできません。書き方をしっかり守り、あなたが持っている強みを、履歴書を通してぜひアピールしてください。

教員になるためには?

学校の教員になるためには、①教員免許状を取得すること②教員として採用されることが必須です。教員免許状を取得するには、免許状に応じた教職課程がある大学・短期大学などに入学後、決められた科目や単位を修得して卒業し、各都道府県教育委員会に教員免許状の申請を行うことが必要になります。

教員免許・取得可能な大学

教員免許を取得することができる大学はとてもたくさんあります。教員養成系学部、文学部、経済学部、薬学部、理学部など、様々な学部学科で教員免許を取ることが可能です。教育大学とその他の一般の学部どちらでも、免許の取得は可能ですが、どちらに進学すべきか迷っている人のために違いを紹介しておきます。 教育学部は、教員に必要な資質・能力を育成することを重視したカリキュラムが組み立てられています。教育学部の先生は、小中高の教員経験者が多いため、教育の現場を身近に感じて学ぶことが可能です。一般の学部に比べると、専門的な内容を学ぶ機会は少ない代わりに、教員免許をとるための科目が卒業に必要な単位となります。 一般の学部は、専門的な内容を深く学ぶことができますが、教員免許取得に必要な科目の多くが卒業に必要な単位として認められないため、多くの授業に出て、単位を取得する必要があります。どちらにもメリット・デメリットがあるので、一概にどちらがいいのかは決められませんが、違いを知っておいて損はないでしょう。 教員免許状を取得可能な大学は数がとても多く、教科や学校の種類で変わってくるので、文部科学省が紹介する「教員免許状を取得可能な大学等」のリンクを以下に載せておきます。 参考にしてください。

大学以外の取得方法

教員免許を取得したいけれど、大学は違う学部で入ってしまった…、卒業してから教員免許がとりたくなった…など、様々な理由で、大学で教員免許を取得するのが難しい方もいると思います。その方たちのために、「通信教育」というものを紹介します。通信教育の中にも、教員免許を取得するためのものがあります。教員免許取得コースに入り、教育関係の単位を決められただけ取得すると、教員免許状が発行され教育現場に立つことができます。 通信教育には、年齢制限がありません。また、自分のペースで自分の好きな時間に学ぶことができるのもポイントです。学費も普通の大学に通うより、かなり優遇されています。しかし一つ問題があります。通信教育を経て免許を取得するのには、年齢制限はありませんが、教師になるための、年齢制限を設けている都道府県もあるのです。気になる方は、各都道府県の採用試験要項を参考に調べてみてください。 近年では、通信教育が年々増加傾向にあり、扱っている免許や資格も多種多様になりました。教員免許を取得したいけど、年齢や金銭面であきらめている方々は、ぜひ通信教育を視野に入れてみてください。

教員として採用されるには

教員として教壇に立つためには、免許状を取得するだけでなく、採用選考試験を受験し、合格する必要があります。 教育委員会によって試験科目・内容は異なりますが、基本的には以下の通りです。 ・筆記試験…一般教養試験(中学校~高校1年程度の5教科+α)、教職教養(教育原理、教育心理、教育法規など)、専門教養(教員になった時に教える内容。小学校なら5教科か9教科、中高なら担当教科) ・面接試験…集団面接や個人面接 ・論文試験 ・実技試験…ピアノの演奏や英会話、水泳など強化に関する実技試験が課されます。 ・その他…教育委員会によっては、指導案作成や適性検査などを実施しているところもあります。

教員採用試験について

せっかくなので、教員採用試験についてもう少し詳しく、紹介します。先程も述べましたが、先生になるためには、教員免許を持っているだけではなく、教員採用試験に合格し、教員として採用されなければなりません。 では、肝心な教員採用試験の合格率とはどのくらいなのでしょうか。平成28年度公立学校教員採用試験の実施状況を集計した結果、全国69県市の平均倍率は、4.9倍となっています。倍率としては、平成12年度の採用の最も高い13.3倍から下降傾向にあります。しかし、県や市によって倍率は大きく異なります。倍率の高いところでは、28年度で、13倍以上になるところもありました。 倍率が下降傾向であるとはいえ、そう簡単に合格するほどの低倍率でもありません。この倍率の中で合格するためには、もちろん対策が必要になります。ここから、教員採用試験合格に近づくために、一次試験、二次試験の勉強法、タイムスケジュールを簡単にですが紹介しておきます。

教員採用試験・一次試験

〈一次試験〉 一次試験では、一般教養・教職教養・専門の学力試験と出題範囲がとても広くなっています。 試験前に、一気に詰め込む勉強ではなく、早めにコツコツと、計画的な勉強を始めるのがおすすめです。ポイント①自分が教員採用試験を受けたい都道府県の出題傾向を掴む実は県によって問題の特徴や、傾向がガラリと変わってきます。がむしゃらに勉強を始める前に、自分が受けたいと思っている都道府県の教採の問題を見て、自分なりに分析してください。 そうすることで、効率的に勉強がで切ること間違いなしです。 ポイント②計画的な勉強 問題を見て、分析をした後は、どのように勉強を行うか計画を立ててみてください。気が向いたときにだけ勉強を詰め込むより、毎日少しずつ勉強を積み上げていくほうがよっぽど効果的です。自分のペースで勉強を進めるため、しっかりとタイムマネジメントするのがカギです。

教員採用試験・二次試験

〈二次試験〉 二次試験では、一次試験とは異なり、受験者の人間性や教員としての適性を見る試験です。実は、一次試験にクリアしても、二次試験に落ちてしまったら、来年また一次試験からやり直しになってしまうため、二次試験はとても重要な試験です。 二次試験は練習あるのみとされています。面接・論作文・模擬授業・集団討論・実技試験など、すべていきなりできるようになるものではありません。能力がどんなに高くても、練習なしではうまくいかないので、練習して慣れることがカギです。 一緒に教員を目指す仲間と練習を行ったり、先生に協力をお願いすることをお勧めします。

タイムスケジュール

〈タイムスケジュール〉 教員採用試験までの流れを紹介します。教員を目指している方は、ぜひ参考にしてください。 大学3年 秋 ー多くの教員志望の学生委が教員採用試験にむけて勉強を開始するー 大学4年 春 ー各都道府県・政令指定都市の教育委員会のホームページに採用情報が掲載されるー 大学4年 6月 ー教育実習ー 大学4年 7月 ー教員採用試験の一次試験ー 大学4年 8月 ー教員採用試験の二次試験ー 大学4年 9月以降 ー教員採用試験の三次試験ー このようなタイムスケジュールになっています。

教員免許の更新方法

免許状の有効期間は10年です。それを過ぎると、履歴書には書くことができません。せっかく取得しているのですから、履歴書に書く権利を失いたくないですよね? ここからは、教員免許の更新方法を紹介します。

教員免許・更新方法・履歴書

先ほども少し説明した通り、教員免許更新制が平成21年4月1日から導入されました。 教員免許更新制とは、教員として必要な資質能力が保持されるように、定期的に最新の知識技術を身に付けることで、教員が自信と誇りをもって教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目的とする制度です。 免許状を更新するためには、大学などが開設する免許状更新講習を受講・終了することが必要になります。

免許状更新講習・内容

免許状更新講習の内容は ①教職について省察並びに子供の変化、教育政策の動向及び学校の内外における連携協力についての理解に関する事項 ②教科指導、生徒指導その他教育の充実に関する事項 となっています。

教職に就かない人も免許の更新が必要?

今後教職に就かない予定もいない方もいると思います。その人たちが免許更新の必要があるか否かについて説明します。教職に就いたことがなく、就く予定もない方は、実は免許状更新講習を受講できません。また、免許状を授与された時期により、免許状更新講習を受講しないことについて、取り扱いが変わってきます。 平成21年3月31日以前に免許状を授与した方については、免許状に有効期限が定められません。そのため、生年月日により割り当てられた修了確認期限を過ぎても、免許状は失効しません。もちろん、履歴書にも書くことができるということです。ただし、修了確認期間を過ぎて、教職に就く場合は、30時間の免許状更新講習を受講する必要があります。 一方、平成21年4月1日以降に免許状を授与した方については、免許状に10年間有効期間が定められるため、この期間を過ぎると免許状は失効します。しかし、現在教職に就いてない方が講習を受けない場合でも、免許の取り消しを受けることはないので、履歴書に記入することが可能です。しかし、履歴書の書き方が通常と異なるので注意してください。教員免許状更新講習を受講・終了してない場合の履歴書の書き方は、先ほどの〈教員免許を履歴書に書くには?の、教員免許所更新講習を受講・修了していない場合・履歴書〉で紹介してるので参考にしてください。また、大学で取得した単位が失われるわけではないため、30時間の免許状更新講習を受講すれば、免許状が授与されるので心配は無用です。

教員免許をしっかり覚えておこう

教員免許の正式名称から始まり、免許の種類、履歴書への書き方、取得可能大学、免許の更新方法に加え、様々な豆知識をご紹介しました。参考になった方がいれば、光栄です。 教員免許は、知れば知るほど奥が深く、うまく使えば、あなたの就職の強い味方です。教員になりたい方だけでなく、教育系の仕事をしたい方、履歴書でまじめに努力ができることをアピールしたい方、目的は様々でしょうが、教員免許を持っている、ということが大きな武器になることは間違いなしです。 しかし、教員免許を持っていても、履歴書の書き方や、アピール方法といった知識がなければ、大きく損をしてしまいます。もし、この記事を読んで、初めて知ったことや、理解できたことがあればぜひ活用してください。

関連タグ

アクセスランキング