IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

テープ起こしのバイト|テープ起こしのアプリ・テープ起こしのコツ

アルバイト

近年インターネットの普及により、スマートフォンやパソコンからアルバイト求人サイトへ簡単にアクセスできるようになりました。皆さんもアルバイト求人サイトから、「テープ起こし」という職業を見たことはありませんか?今回は「テープ起こし」のアルバイトを紹介していきます。

更新日時:

テープ起こしのバイトの条件は?

相場

テープ起こしの料金は、基本的にテープの一分ごとに設定されています。文字単価ではなく、元の音声データの尺数によって具体的な料金が設定される仕組みになっているというわけです。実際の料金自体は、テープの内容や長さ、テープ起こしをする人のスキルや納期によって異なっています。専門性の高いジャンルのテープであれば、一分あたりの単価も上がりやすいですし、聞き取りにくい音声データなどはプラス料金が設定されることも少なくありません。外国語のスピーチであったり、締め切りまでの期間がごく短かったりすると、より高い単価で仕事がしやすいでしょう。 相場で言うと、一分あたり100円前後が平均料金となっています。業者ごとの見積もりも異なっていますが、一時間あたりの音声をテープ起こしすることで、5000円から一万5000円程度が一般的です。より高いクオリティのテープ起こしであれば、60分で二万円程度の報酬を受け取ることが出来る場合もあります。専門業者と個人でも手取りの料金は異なっています。発注に関わるコミュニケーションがよりスムーズに行く場合や、クオリティが保証された案件に関しては、それだけ安価もアップしやすいでしょう。 また、テープ起こしは前述した通り基本的にはテープの時間で単価設定をしていますが、例外として文字数単価で仕事を発注している業者も存在しています。早口でしゃべる人はそれだけ情報量も多くなりやすいですから、追加料金として60分あたりの報酬が二万円以上になってくるケースもあります。

在宅

テープ起こしの仕事は、パソコンと音声の再生環境さえあれば、基本的に在宅で取り組むことが出来る仕事となっています。起こした文字データもオンライン環境があればそのまま納品することが出来るので、在宅で働いている人がほとんどの仕事だとも言えるでしょう。初期投資もほとんどかかりません。案件ごとに難易度が異なっているため、未経験からでも気軽にスタートしやすい仕事でもあります。テープ起こしを続けていくうちに、聞き取りのコツやタイピングの慣れなども生まれてくるため、スキルアップも可能です。スキルが上がれば単価アップも狙いやすいでしょう。 また、得意分野がある人ほど、テープ起こしは稼ぎやすい仕事です。たとえば、医療分野に特化した知識があれば、それだけ聞き取りや文字起こしに活かすことが出来ます。裁判法定用のものや、政治経済に関わるものなども、専門知識を活かしやすく、案件の報酬単価も高くなりやすいと言えるでしょう。外国語案件も誰でも担当できる内容ではないため、英語をはじめとして、中国語やドイツ語、フランス語やイタリア語など幅広い言語それぞれに精通している人ほど、実力を発揮しやすいと言えます。 ただし、あくまでテープ起こしは特技を活かせるというだけなので、学歴や職歴に関係なく働くことが出来ます。事務所に所属することもできますが、基本的にフリーランスでこなすことが出来るので、扶養の範囲内で働きたい人や、本業と両立した副業として働きたい人でもスタートさせやすいと言えます。

テープ起こしにおすすめのソフトやアプリは?

okoshiyasu2

Wave、MP3、Ogg Vorbis、WMAなどの5タイプの音声ファイルに対応しているため、様々なデータ形式に対応することが出来るフリーソフトです。初期投資をより少なくしてテープ起こし始めたい人から高い人気があります。シンプルで使いやすい設計になっているため、テープ起こし以外にも、会議の音声から議事録を作りたいサラリーマンなどでも使用している人は少なくありません。 「再生」「停止」「巻き戻し」「早送り」のような使用頻度の高いキーを自由に設定することが出来ます。ショートカット設定を自由に行うことで、スムーズなテープ起こしを実現することが出来るでしょう。また、「巻き戻し」の秒数を設定できるため、こまめで使いやすい反芻が可能です。自動巻き戻し機能も設定されているため、キーをセットする手間も節約できます。更に、この「okoshiyasu2」は、タイムコードを簡単にコピーとペーストすることが可能です。タイムコードの手打ちにかかる手間も省略できるので、テープ起こしをよりシンプルに済ませることか出来るでしょう。

Zamzar

スマートフォンを使用して録音した音声データは、基本的に「3ga」形式で登録されることになります。しかし、この音声データは通常のパソコンではストレートで開くことが出来ないという厄介なファイルなのです。それでも近年のスマートフォン文化の台頭により、3gaデータからテープ起こしを依頼してくるクライアントは非常に多くなって来ています。「Zamzar」は、シンプルな設計でスムーズに使いやすい3ga変換に対応したソフトウェアです。もちろん、その他のメジャーな形式のファイル変換にも対応していますから、変換ツールとして非常に有能だと言えるでしょう。英語表が搭載されていますが、システム自体がとてもシンプルなので、慣れれば簡単に使いこなすことが出来ます。エラーも少なく、対応OSも幅広い魅力的なソフトとなっています。

テープ起こしをするコツはなに?

クライアントと詳しい打ち合わせを欠かさないこと

テープ起こしを成功させるためには、クライアントの要望をより深く、かつ的確に理解しておくことが重要です。ある意味、テープ起こしの仕事に正解はないのです。クライアントがどういった形で音声の文字化を望んでいるのかを把握しておかないと、認識のずれが発生してしまい、タイムラグが発生したり、折角行った作業を大幅に修正しなければいけなくなったりします。「あの」「えーっと」といった言いよどみまで、すべて文字に起こしてほしいクライアントもいれば、音声データの中身を整理して、情報として提出してほしいクライアントもいます。方言の訂正や「ですよね」「でしょう」「となっています」といった語尾の調整を求めてくる場合もあれば、こういった一人一人のクセまで反映した文字データを欲しているクライアントもあるというわけです。

資料は存在するだけもらっておくこと

テープ起こしをする際、細かい打ち合わせが出来ないクライアントも少なくありません。特に未経験からスタートする難易度の低い案件や、安い単価の案件だと、密接な打ち合わせはなかなか組めないというパターンも珍しくないでしょう。こんなときは、出来るだけサンプルや資料をもらっておくのがおすすめです。「こういった形で提出してほしい」という文字サンプルがあるだけでも、自分の仕事にはかなり反映しやすくなります。文章のスタイルも把握しやすいでしょう。また、テープ音声自体に関する資料も、出来るだけたくさんもらっておくと良いです。より正確でスムーズなテープ起こしに繋げやすくなります。

自分の得意なジャンルを開拓する

テープ起こしでより効率よく、高い報酬を手に入れるためには、自分の得意分野を開発していくことが重要です。オールラウンドに色々な分野に対応できる人ほど、仕事の数は多くなりやすいですが、効率良く稼ぐためには、やはり得意分野がひとつでもあると強みになりやすいのです。テープ起こし自体はまったくの未経験からスタートさせるとしても、医療に関する職業経験があったり、法務や政治経済について学んだ経験がある人などは多いでしょう。外国語スキルはもちろん、趣味の分野の知識でも、テープ起こしに役立てられるものはたくさんあります。インタビューやトークショーなどで、話す人のクセを知っていれば、テープ起こしはとてもスムーズになります。より単価が良い案件を受注するために、自分の得意な部分を的確に伸ばしたり、反映したり出来るように工夫してみましょう。

テープ起こしの仕事を成功させるために

いかがでしたか? テープ起こしの仕事は、未経験でもスタートさせられる案件がたくさんあります。これまでの経験や知識、得意な分野を活かして働くことも可能です。タイピングが早い人や、聞き取りが得意な人、各種ソフトやアプリをうまく使いこなせる人は、より働きやすいと言えるでしょう。在宅で案件ごとに働くことが出来るため、空き時間をうまく使い、フリーランとして家事や育児、正社員としての仕事とバランスをとって稼ぐことも可能です。初期投資もほとんどかからないので、気になった人は是非テープ起こしにチャレンジしてみてください。

短期・単発のアルバイト探し!

短期・単発アルバイトや、日払い・日雇いバイト探しキャストポータルにお任せ! キャストポータルはフルキャストが運営する登録制アルバイトサイトです。

関連タグ

アクセスランキング