IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

コネ入社で退職したい場合の注意点|コネ入社でもクビになる?

初回公開日:2017年03月14日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2017年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

退職ノウハウ

あなたの周りには、コネを使って会社に入った人が周りにいますか?コネ入社をして、どれ位の人がその会社で活躍しているのか、デメリットは何なのか?また、コネ入社したはいいが、退職したいと思った場合、どのような事を考えなければいけないのかをお伝えします。

コネを活用すれば

コネを活用すれば
※画像はイメージです
出典: https://images.unsplash.com

いかがでしたでしょうか?一言でコネ入社といっても、会社に必要なスキルがあり即戦力になる人や、スキルが無くても、一生懸命仕事を覚えようとする姿勢が見えれば、入り口はどうであれ、すぐに周りは認めてくれる様になるのです。 もちろん、コネを使って入ったという事を面白く思わない人の方が多いわけですから、最初のうちは色々言われるかもしれないという事を覚悟して、あとは、仕事で結果を出せば良いのです。 会社に必要なスキルもあり、知識もあり、常識も身についていれば、会社にとっては大切な戦力です。コネ入社した事自体を後ろ向きにとらえるのではなく、コネ入社したからこそ、頑張らなくてはいけない部分が見えてくるのではないでしょうか。 結局のところ、コネで入社しても普通に入社しても、仕事で結果を出していれば、認められるようになり、結果を出していなければ、認められはしない、という事です。

関連タグ

アクセスランキング