IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

コネ入社で退職したい場合の注意点|コネ入社でもクビになる?

初回公開日:2017年03月14日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2017年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

退職ノウハウ

あなたの周りには、コネを使って会社に入った人が周りにいますか?コネ入社をして、どれ位の人がその会社で活躍しているのか、デメリットは何なのか?また、コネ入社したはいいが、退職したいと思った場合、どのような事を考えなければいけないのかをお伝えします。

コネ入社とは?

コネ入社とは?
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

そもそもコネって何?と思われた方に説明致します。 コネとは、権力や影響力のある人との人間関係の事。進学や、入社するにあたって、その人間関係を使って、進学したり、入社したりすることを、コネ入社、コネ進学と言います。 この場合、「人脈」と間違われそうですが、実は決定的場違いがあるんです。それは、「人脈」とは、あちらだけでなく、こちらにも実力影響力がある程度備わっており、その人脈を利用する事で、双方に利益をもたらしてくれる場合を人脈といいます。 ですが、「コネ」とは、こちらには何の実力などが無くても、知り合いというだけでも、こちらだけに利益をもたらしてくれる関係をコネといいます。コネで入社した場合、こちらだけ利益があり、あちらには何の利益も無い、ですが、人脈とは双方に利益が生まれる事、これが大きな違いとなります。 そして、そのコネ、つまりあちら側には何の利益も出ないが、権力等を使って会社に入社させてもらう事をコネ入社といいます。

権力や影響力がある人って?

権力や影響力がある人って?
※画像はイメージです
出典: https://dvrs04bx77b2x.cloudfront.net

ではその権力や影響力がある人ってどんな人がいるのでしょうか? ・政治家 ・会社の上層部や経営者 ・芸能界の大御所やテレビ業界の人 などがあります。また、自分の親が権力や影響力がある人だった場合も、親のコネで会社に入社したりすることもあります。テレビなんかではよく大御所有名人の子供として取り上げられる人もたくさんいて、「親の七光り」なんて冷たい言葉を浴びせられる事も耳にしますよね。

コネ入社したアナウンサーや有名人

ここで少しだけ、コネ入社した有名人をご紹介します。 アナウンサー ・藤井弘輝(父・藤井フミヤ) ・高橋真麻(父・高橋英樹) 芸能人 ・IMALU(父・明石家さんま、母・大竹しのぶ) ・長嶋一茂(父・長嶋茂雄) ・小泉考太郎(父・小泉純一郎) かなり有名どころではありますが、親のコネで芸能界に入ったとはいえ、しっかり実力のある人もいますね。

コネ入社する際に面接を突破するには

コネ入社する際に面接を突破するには
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

コネ入社の場合でも一応もちろん面接はあるわけです。ではコネ入社する場合、一体どんなことに気を付ければよいのでしょうか? コネ入社する場合、先ほども書きましたが、権力のある誰かがその権力で自分を入社させてくれようとしている事を忘れてはいけません。つまり、あなたが行動する事、発言する事全てが、コネ入社させてくれた人に良くも悪くも影響するのです。 それを踏まえて面接を突破するには、当然一般常識を身に着けておくこと、コネだけでなく、自分には会社が必要とするスキルがちゃんとある事をしっかりアピールしなければなりません。 それを考えると、コネ入社とはいえ、面接自体の乗り越え方は普通に面接を受ける時とほとんど変わりは無いと思って良いでしょう。むしろ、ちゃんとスキルや常識がある人がコネ入社した場合、会社にとってもプラスになるので、やはりスキルや知識は大切です。 スキルや知識がない場合でも、常識的な事を身に着けて、しっかりこれから会社に役に立つように努力することが伝われば、面接で落ちる事は無いのではないでしょうか。

コネ入社で気をつけたいポイント

コネ入社した場合、気を付けなければいけないポイントは、「思っていた会社と違ったとしても、普通に入社した人と違い、簡単には辞められない事」です。 コネ入社したからには、自分の実力だけで入社したものではなく、人の力を働かせて入社できたわけですから、ちょっとやそっとの理由では辞められない事を覚悟しておきましょう。

コネ入社したけれど、退職したい場合、どんなことに気を付けるべきか?

コネ入社したけれど、退職したい場合、どんなことに気を付けるべきか?
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

せっかくコネ入社したはいいが、やっぱり退職したくなった場合、まずは、会社の都合をしっかり受け入れる事が大切です。辞めたくなったからと言っていきなり今月いっぱいで辞めます、なんて言われても、会社は急に新しい人を連れては来れないですし、連れてこれても教育するまでに時間もかかります。 ですのでやめたい場合は必ずよっぽど急いで辞めなければならなくなった場合を除いて、会社と双方で話し合う事が大切です。 そして何より忘れてはいけないのは、コネ入社させてくれた人の事です。辞める際は、コネ入社させてくれた人の顔に泥を塗る事のない様な辞め方をしましょう。これだからコネ入社した奴は…なんてあなたも言われてしまいますし、相手の人も悪く言われてしまう事を理解しておきましょう。 普通に入社した人と比べたら、コネ入社した人の方が、のちのち大変な思いをすることもあるという事です。

それでも辞めたくなった場合はどうするべきか?

もしそれでもすぐに辞めたくなった場合、会社と話し合い、最短の期間で辞めさせてもらえる事を受け入れて貰えたら、辞めるまでに一度は結果を出すくらいの覚悟が必要です。何か一つ結果をだし、最後に、あの時は助かったよと言いて貰える位で無いと、コネ入社させてくれた人にも合わせる顔がありませんし、沢山の人に迷惑をかけてしまう事になります。 その辺はコネ入社していてもしていなくても会社に迷惑をかけずに辞めるといった点では同じではないでしょうか。ただコネ入社の場合は、普通に入社した人よりずっと世間の目は厳しいという事です。

コネ入社でいじめにあった場合

関連タグ

アクセスランキング