IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人の話を聞くのが好きな人がすべき仕事・苦手な人の克服方法

更新日:2020年11月10日

コミュニケーション

今回は「人の話を聞く」ことについて、実体験を交えてお伝えしていきます。人の話を聞くことが苦手なあなたが誰かの話を聞くことで、あなたにもその誰かにも幸せになってほしい。そんな想いを込めて「聞く力」について具体的に明日から実践できるトレーニング法をまとめました。

いちいち”私”と関連づけていく

これはとても簡単です。いちいち関連づけていくだけです。例えば「AさんがAA店でAAAをした」と聞きました。それを聞いている最中で「私(B)ならBB店でBBBするよ~」と、私だったらどうするか、を考えます。¥もちろんそれを現在進行形で言葉にしてはだめですよ。全ての話を聞き終わった後に、今まで心の中で溜めていた、私だったら~をぶつけましょう。 いちいち関連づけていくことで、考えることが苦手な人も自然に言葉が出てきます。話を聞きながら頭の中で、どんなことが重要でどんなことを伝えようか、整理することができるのです。

人の話を聞く前に自分の頭を空っぽにする

そもそも人の話を聞く準備はできていますか?どんなに力になってあげたくても、自分のことが精一杯だったり、時間が取れなかったり、思考が停止寸前だったり。そんな状況では意欲だけが先走りしてしまいます。まずは自分の問題を片付け、深呼吸し、人の話を聞く準備をしましょう。共倒れでは何も意味がありませんよ!

とりあえず相手が話し終わるまで聞く

これはどうでしょう。今まで具体的なコツをお伝えしましたが、とても手抜き感がありますね。ですがこれができない人は少なくありません。あなたの周りにも思い当たる人がいるのではないでしょうか? とりあえず、人の話を聞く。ちゃんと最後まで。 話はそこからです。とりあえずきちんと相手の目を見て人の話を聞くようにしましょう。

もちろん、まだ続きがありますよ!人の話をとりあえず最後まで聞いたからといって、具体的な解決方法ではありませんね。これと一緒に実践して欲しいことがあります。それは相槌を打つこと。

相槌を打ってみる

これは簡単なようで難しいことなのです。なぜか?それはきちんと話を聞いていないとタイミングがずれて、とても不自然になるからです。これはもう最終手段のような気もしますし、「人の話を聞く」の問題外な気もしますが、それでも話を聞いてあげられるようになりたい!というのであれば、主旨を相槌を打つに切り替えましょう。まずはそれで「人の話を聞く環境」に慣れます。 慣れたら徐々にスキルアップしていけば不可能なことではありません。それから話の内容が相談であるときに限り、自分自身も相手と共にこの問題を解決するんだ!いう心を強く持ってください。その思いが強ければ強いほど、今日の夜ご飯のことは考えなくなると思います。

人の話を上手に聞きましょう

こちらの記事では主に「人の話を聞く」についてお伝えしてきましたが、もっと大きな括りで考えるなら「人付き合い」です。どの年齢の方でも分かりやすい、簡単な文章で伝えているサイトがあるので紹介しておきます。よかったら覗いてみてくださいね。「人の話を聞く」以外にも、たくさんのことが書かれています。

どうだったでしょうか?とにかく1番の近道として苦手意識をなくすことから始めたら良いかと思います。人の話を聞くことがあなたの得意の1つになり、話や相談を聞いたあなたや話した誰かの人生が充実したものになりますように、願っています。心に余裕のある毎日を!!

初回公開日:2017年03月10日

記載されている内容は2017年03月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング