IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人の話を聞くのが好きな人がすべき仕事・苦手な人の克服方法

更新日:2020年11月10日

コミュニケーション

今回は「人の話を聞く」ことについて、実体験を交えてお伝えしていきます。人の話を聞くことが苦手なあなたが誰かの話を聞くことで、あなたにもその誰かにも幸せになってほしい。そんな想いを込めて「聞く力」について具体的に明日から実践できるトレーニング法をまとめました。

人の話を聴くことは好きですか?

みなさんは人の話を聞くことは好きですか?話すことは好きですか? 私は上がり症だから話すことは苦手だけど聴くことは得意。そう思ってる方は多いのではないでしょうか?ですが、「聴く」ことは皆さんが思ってるよりもずっと難しいことなのです。

「人の話を聞く」と「人の話を聴く」

「聞く」と「聴く」の違いを説明できますか?普段何気なく使っている言葉ですが、意味は少し違います。「聞く」は音や声など、自らが何もしなくても耳に自然に入ることをいいます。「聴く」は話す内容を理解しようとするように進んできくことをいいます。ちなみに「聞き入る」「聞き惚れる」などの複合語は一般的に「聞」を用いります。

あなたが得意なきくは「聞く」かもしれません。ですが、話を聴くことはどうでしょうか?思ったことを話すより他人である誰かの価値観を聴くことの方が難しいのです。今回は、話を聴くことについてお話ししていきたいと思います。また、以下より複合語も使用していくので混乱を避けるため「聞く」に統一させていただきます。

人の話を聞くのが好きな人に向いている仕事

人の話を聞く仕事のやりがいって?

私自身人の話を聞くことが好きです。人から頼られることも好きですし、なにより頼ってきてくれた人が問題を乗り越え笑顔で幸せな日々を過ごしてくれるだけで、自分も相手も幸せになります。そして人の話を聞くことで収入を得ることができるならそれは本当に素晴らしいことではないでしょうか。 そもそも「好き」とは、何かをすること(ここでは話を聞くこと)に苦痛を感じず、収入などの見返りも求めずに精進できるくらいにおもうことです。そこに収入がついてくるなら、好きなことで生きることは難しいことではありません。

「人の話を聞く」職種

医師、看護師、介護士などの医療従事者や、教師、保健師などの教育従事者、マネジメント業など人の話を聞く仕事はたくさんあります。また、「人の話を聞くことに特化した仕事」としてコンサルタント業や心理カウンセラーもあります。一見、個人プレーな仕事で人との関わりが見えにくい仕事でもクライアントとの繋がりなど、コミュニケーションはどの職種でも必須項目です。人によく相談される人や、一緒に問題を解決していきたいと思う人に向いてると言えますね。

どんな資格が必要?どうしたら仕事に就ける?

資格については特に必要はありません。勿論、医師なら医師免許、教師なら教師免許は必要ですが、話を聞くに特化した専門的な心理カウンセラーやコンサルタントなど必須資格はないのです。相手はコンピューターではなく思考を持つ人間なので資格やスキルよりも、自分の経験が必要になることの方が多いかもしれません。

また自称カウンセラーなど、自分で名乗ることのできる仕事でもあるので、専門学校を経由しなくても就ける職ではあります。ただ、どんな仕事も楽なものはないので、自分を簡単に評価してもらえる資格がないことの方が辛いものではないでしょうか?簡単にはじめられる代わりに、他の職種より努力は必要です。

私、人の話を聞くのが苦手です…

そもそも人の話を聞くのは苦手…。大丈夫です。私も最初は人の話を聞くのが苦手でした。価値観も生きてきた過程も全部違うのに、相談内容についての私の意見を伝えれば反感を買ったり嫌な噂を流されたり。そんな私が聞くことをどう克服したのかをまとめていきます。

無意識に感じている苦手を意識する

初回公開日:2017年03月10日

記載されている内容は2017年03月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング