IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

男女別社会人におすすめの趣味|趣味にかける時間とお金の理想は?

趣味

社会人になれば学生より自由に使える時間は減る場合が多いですよね。しかし、時間を上手に使える社会人の人はそれぞれの趣味を持っています。今回は、「社会人」のキーワードを主軸に、社会人の趣味に関して詳しく解説していきたいと思います。

更新日時:

男女別社会人におすすめの趣味(スポーツ・サークルなど)

前提として考えておくことは

社会人であろうと学生であろうと基本的には趣味なんてものは好きにすればよいことです。自分が楽しむことができるのであればそれは立派な趣味といえますし、人生にとってプラスとなることでしょう。 しかし、社会生活においてプラスとなる趣味があるのも確かです。社会人ならば、という意味でお勧めできる趣味というのは確実に存在しています。無趣味であり、好きなことをしよう、というのではなくこれから何かしようと思っているのであればそのあたりのことを意識して趣味を決めるとプライベートのみならず実生活、社会活動においてプラスになることがあるでしょう。

社会人の趣味という考え方として

社会人の趣味となりますとまずは時間的な拘束があるといっても過言ではないでしょう。基本的に日中は働いているわけですから、たまの休みか或いは帰宅後にやる趣味となります。最近では自宅で出来る趣味もネットを使えば世界的な交流に繋がることは可能になっていますので必ずしも自宅で出来る趣味が閉鎖的、内向きともいえないのですが基本的には身体を動かすことができるような趣味がよいでしょう。 まず、考え方として、社会人としてやったほうがよい趣味、となりますと第一に健康に繋がること、そして第二に、人とよく交流できること、というのがポイントになってきます。この二つを意識していますと上手くよい趣味を作りつつ、実生活に役立てることができるようになります。

役に立つということは

趣味が役に立つ、というのは健康に繋がったり、或いはそこから新しい伝手が出来たり、仕事をもらったり、というようなことです。こうした結束、或いは紹介をしてもらうなどの強い絆を作る為にはスポーツが最適です。 まず、運動系のサークルなどに入ることが基本的にはお勧めできることになるでしょう。一つ、社会人になると運動不足になる人が多いです。ガテン系などであれば身体は動かしていますが、それでも健康的な運動に繋がっているわけではないです。まして、デスクワークの人は何もしないのであれば確実に運動不足となっていることでしょう。 ですから、健康面でスポーツをするのはお勧めできます。そして、競うなり、或いは協力するなりしますから、そのスポーツで結束、絆が生まれることになります。社会人として何かと人脈があると有利なのは言うまでもないことですが、そうした意味で運動をしてみんなでなにかを成し遂げる、コミュニケーションをとる、勝利する、といったことができるスポーツは特にお勧めできるといえるわけです。

具体的にどんなスポーツがお勧めできるのか

男性の場合はサッカー、バスケット、野球あたりがお勧めできます。サッカーは最近流行しているフットサルがお勧めできるでしょう。そこまで人数がいなくてもはじめることができるからです。 練習をしたら、積極的に交流試合をすることがお勧めできます。女性の場合は似たようなものではあります。フットサルは特にお勧めできますし、野球などは少々厳しいですから、バトミントンやテニス、といった運動もお勧めできます。 健康を意識して、という意味では水泳は男女ともにお勧めできるようになります。そこまで人と交流はしないのですがとにかく体が強くなります。身体が引き締まることになりますから美容によいです。スタイルという意味で容姿がよくなりますから、これも社会的に非常にメリットがある趣味といえるでしょう。どの趣味にも言えることですが積極的に人と話すようにするとよいでしょう。そこから繋がる縁もあるわけです。

社内でのスポーツサークル

企業によっては社内でスポーツサークルを作っていることもあるでしょう。新しい人との出会いがそこまで多くはないですが、社内でのコミュニケーションの一環であると思えば社会人として利点がある趣味といえるでしょう。 特に社内でやっているわけですから、時間のとり方に関しても上手くいくようになります。但し、そこで人間関係が悪化することになりますとそのまま社内にその雰囲気が入ってくる、ということになりますから、その点のみは注意しておいた方が良いでしょう。社会人ならばプライベートと業務はわけてくれるだろう、という考えは甘いです。社内サークルはよいのですが、どうしてもそのまま仕事にダイレクトに影響することもありますから、参加するかどうかはまさに一長一短であるといえるでしょう。

室内での趣味は駄目なのか

スポーツ系の趣味を強く推奨してきましたが、別に室内の趣味、そういったサークルに参加する、というのはありです。そもそも趣味なのですから、好きなようにやるべきですし、そこから社会人としての実益が生まれることもあるのです。これがよい、というのは本当にその人の考え方、性質次第ではあるのですがたとえば料理サークルなどはお勧めできます。 まず、社会人ですから何事も自分で出来た方がよいに決まっています。料理は立派な趣味になりますし、スキルといえます。 そして、男性、女性ともに人にいえる立派な趣味といえるでしょう。特に女性には男性にアピールできる趣味として需要があります。料理サークルでは一人で何かを作る、ということはそんなに多くはないです。あくまで基本的にはチーム、班で料理を作ることになりますから、人との繋がりを作ることができます。そこから出会いが生まれることもあるでしょうし、それこそ仕事に繋がることもあるでしょう。 どんな趣味であろうと人と人との物であれば社会人としてお得なる可能性はあるのです。そこを意識しておきますと実益を強く引き出すことができるようになるでしょう。

趣味にかける時間とお金はどれくらい?

どこまでの費用をかけるのか

いろいろと社会人としてお勧めできる趣味を列挙してみましたが、どれにも社会人としての利点があります。考え方次第でどんな趣味でも基本的には無駄になることはありませんから、それは心配することはないのですが問題は費用でしょう。いくらかかるのか、ということがやはり問題になってきます。収入の何割、ということを考えておくとよいでしょう。趣味にどの程度使うことができるのか、というのはその人の収入、或いは置かれている立場次第です。 例えば、妻子持ちとそうでない人ではかけられる金額は違ってくることでしょう。趣味というのは、長く続けることに意味があるので毎月の出費は出来るだけ抑えたいと考えるのは当たり前であるといえるでしょう。一応の目安としていわれているのは、社会人として仕事の役に立つ趣味であれば収入の一割程度は問題なく使うべき、というのがあります。これは将来、役に立つ支出といえるからです。

時間はどのくらいかけるのか

社会人において役に立つとしてもあくまで趣味です。睡眠とか勉強の時間を削ってまで時間を割くようなことはないようにしたほうがよいでしょう。これが基本的には社会人としての趣味のスタンスとなることでしょう。時間を作り、それを趣味として使うのは社会人であろうとそれは問題ないです。しかし、無理をするのはお勧めできないことになりますから、時間に関しては自制をして上手く作ることです。あくまで趣味は趣味、というラインを引くことです。

お金をかけない趣味を狙う

時間はともかくして、お金をあまりかけたくない、と考えるのは極々自然なことであるといえます。社会人ですから稼いでいるでしょうがそれでも趣味に散財するほど、という人は少ないでしょう。むしろ、社会人であるからこそ、金銭的に抑えたおきたい、何かしら備えておきたいと考えるわけです。それは実によい考えですし、社会人としては真っ当といえるでしょう。 お金をかけない趣味、というのは意外とあります。しかし、どうしても人との繋がりを求める趣味の場合はその費用がかかることになります。飲み食いをすることもあるでしょう、そのあたりでケチケチなことをするのは社会人としてはお勧めできないことになります。あくまで使うべきときには使うようにしましょう。考えとして社会人であろうとお金は無駄に使うべきではないですが人付き合いに関してはある程度緩めることがお勧めできます。

男女ともに社会人の趣味は自由

社会人であることを意識して趣味を決めるのは次善の策といえます。趣味なのですから、社会人であろうとなかろうと好きにすれば基本的にはよいのです。ですが、社会人であることを意識して趣味を決めることには利点があるのは確かです。人と人との繋がりが重要であることは社会人であれば少なからずわかることでしょう。 どんな趣味であろうとも利点を見出すことができますし、役に立つことはあります。社会人であることを考えて趣味を決めたいのであれば、費用は抑えること、時間をあまり極端に割く必要性がないこと、その上で人とよく会い、人と一緒にやれるような趣味、とするとよいでしょう。様々なスポーツがありますし、室内のものであろうとも人との繋がりは得ることができます。 社会人しての趣味であろうととにかく楽しむことです。そうすれば人と仲良くできますし、そこに縁ができます。その縁こそが社会人として役に立つ可能性があるのです。趣味にそこまで求めるのかどうかは人次第ですが、可能であれば目指してみるとよいでしょう。長い人生にプラスとなる要素となるのです。

関連タグ

アクセスランキング