IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電気主任技術者の平均年収|年収1000万は可能?第二種の年収は?

就活ノウハウ

今後も食い扶持に困らない資格としても、人気の電気系の資格の一つ、電気主任技術者。電気主任技術者として働くといくらぐらいの年収がもらえるのかそして、年収1000万円を超えることができるのか等気になってきますよね。今回は電気主任技術者の年収事情についてご紹介します

更新日時:

電気主任技術者の仕事はビルやマンションなどの電気設備の工事をする人のこと

電気主任技術者と聞くとどんな仕事をするのか、あまりピンと来ない方も多いと思います。 ここでは、少し電気主任技術者の仕事について少しご紹介します。電気主任技術者の仕事は、ビルや工場やお店や一般住宅などの、電気設備の安全を守るための工事を行います。これらの工事は、電気主任技術者の資格がなければできない仕事であるため、専業範囲がある資格です。一般的にこの資格は、電気工事士として世間では言われています。

電気主任技術者は資格によって扱える工事の範囲が変わる

電気主任技術者は、資格によって扱うことのできる工事の範囲が変わります。電気主任技術者の資格は一種から三種までありますが、主に食える資格として持つと良いとされる、一種と二種についてここではご紹介します。二種の資格では、一般住宅や店舗などの600ボルト以下の電気を受電する設備の工事に携わることができます。 そのため、どちらかというと町の電気屋さんのお仕事になります。一種の場合は、二種の範囲の工事に加えて、ビルや工場などの最大電力500キロワット未満の工事に携わることができるため、仕事の範囲はかなり広範囲になります。

電気主任技術者の平均年収は506万円

電気主任技術者の平均年収は506万円です。この額を聞いて多いと思う方も少ないと思う方も分かれると思います。一般企業で勤める電気主任技術者は、年収の水準も低いため、この資格を有しているならば、個人事業主として開業をしていくことをお勧めします。

同じ電気主任技術者でも年収には大きな差がある

企業勤めの電気主任技術者でも年収や業務には大きな差があります。例えば、ある程度大きな工場やビルなどの保守点検であれば電気系の設備等の電気系を専業で行うことができますが、中には資格などを必要としない設備の点検なども業務に含まれる場合もあります。 また、就職する企業の中でも、社長さんや会社の中での電気主任技術者の評価はばらばらであるので、会社の中での評価が低い場合は、あまり賃金をもらうことができず、かなり多くの仕事を任される場合があるため、仕事を選ぶ必要は生じてきます。しかし、ある程度のキャリアと技術があれば転職や再就職は容易であるため、転職などは非常に行いやすい業界であるため、企業勤めをしながらキャリアチェンジを行いやすい業界ともいえます。

電気主任技術者なら開業するのがおすすめ

電気主任技術者として働いていくならば、開業をして個人事業主として働いていくことがおすすめです。その理由としては、企業勤めの電気主任技術者であると、年収700万円に到達するにも至難の業です。 そのため、30万円程度の月収で勤めていくことになります。その反面、開業をすれば、初めの方は稼ぎを得るにも苦労をすることも多いですが、年収ベースで1000万円に到達することも多々あるため、非常に夢が大きいです。

電気主任技術者で年収1000万を超えるなら開業は必須

電気主任技術者として年収1000万円を目指すならば、開業をすることは必須の条件と言えます。その理由としては、先ほど説明したように電気主任技術者をサラリーマンで行う場合は、年収700万円も至難の業となり、なかなか年収アップは望むことができません。 その反面、事業主としてあなたが開業すれば、仕事を自分で取り顧客を作るまでは、かなりの時間と投資などが必要となってきますが、安定して顧客を取ることができ、業務も自業務も安定していけば、安定した年収を確保することもでき、節税なども手広く行うことも可能であるため、手取りにおいても多くの年収を確保していくことが可能です。 そのため、電気主任技術者としてある程度のキャリアを積んだ後は、開業をして事業主として更なる年収アップを目指していくことがお勧めです。

電気主任技術者として開業しても初めはもうからない

電気主任技術者として稼いでいくなら、開業をお勧めしました。しかし、電気主任技術者として開業をしても残念ながら初めはもうかりません。中には、開業後8か月近くは無給の時期もあるなどという体験談もあり、初めのうちは大きな苦労もあります。 ですが、事業主として開業をすれば、初めのうちは企業勤めに比べて年収が下がるのも良くあることで、まず顧客を獲得することが必要になってくるため、多くの業種で開業後は、年収は下がりますが、努力次第で年収アップをすることは可能です。

電気主任技術者として開業するならまずは企業勤めから

電気主任技術者として開業をするならば、まず企業勤めをしてキャリアを積んで人脈を広げていくことがおすすめです。その理由としては、資格だけを持っていてもまだ、ノウハウや技術というのは備わっていません。 そのため、企業勤めをしながらノウハウなどを見に着けていく、3年程度キャリアを積んで電気主任技術者としてある程度の工事を請け負うことができ、一人で様々な工事を請け負うことのできるレベルに技術を身に着けることが必要です。 また、その間に様々な顧客とのコネクションなどを作り、開業後に顧客も一緒に持っていくことができれば、開業時の収入もある程度確保することができるため、企業勤めの間に様々な人脈や顧客作りするために、顧客との信頼関係を重視して仕事を行うことも、開業までの企業勤めの段階で行うことをお勧めします。

電気主任技術者の女性の年収は男性と変わらない

電気主任技術者として働いている女性の方は、非常に少ないため平均年収などのデータがあまりありません。ですが、技術系の職業の場合、年収ベースで大きく変わることはありません。 女性の方だと、男性に比べて結婚や子育てで働き方が変わることが多いため、労働時間も下がり年収は少し下がることはあります。ですが、電気主任技術者の場合、開業もでき技術系の職種であるためある程度のキャリアと実務経験を積んでいれば、出産後の短時間のパートのような仕事や個人で仕事を取るなどの、ある程度自由に働くことも可能であるため、キャリアを積んでいれば結婚や出産後も仕事として続けていくことができ、パートなどに比べても高収入を得ることのできる職種であります。

電気主任技術者の一種と二種の年収の差はある

電気主任技術者の一種と二種で年収の差はあります。一種と二種では扱うことのできる設備に大きな差があるため、年収の差はおのずと生じてきます。 一種であれば、大出力の電気設備等の工事や点検等も行うことができるため、仕事の幅も難易度も変わってくるため、年収は二種に比べても高くなります。 一種の場合は、工場の電気設備の保守点検などの仕事もあり、選べる職種の幅も広がってきますし、開業の場合も、単価の高い案件を受注することも可能です。 また、工場やビルならば定期点検等もあるため、案件も継続的な案件も多いため、開業を行う際には一種を持っている方が、高い年収を望むことができます。

再就職も転職も容易な電気主任技術者はおすすめの資格

技術系の資格で難易度もそこまで高くない、電気主任技術者は専業として行うことのできる仕事の範囲も多くあり、独立や開業も行いやすい資格であるため、技術屋さんで生きていこうと考えている方には、ぜひとも取得をお勧めしたい資格の一つです。 電気主任技術者を取得した後にキャリアや技術を積んでいくことで、転職や再就職の幅も非常に広がるため将来転職や再就職を余儀なくされてしまった場合でも、他の業種に比べて転職なども行いやすいため、食うためには困らない資格としても非常に有効な資格ともいえます。 そして、開業すれば1000万円程度の年収も努力次第で到達する事も可能な資格のため、非常に夢が広がる資格でもあります。また、定年後も開業をして仕事をすることができれば、老後の収入などの心配も必要がないため、生涯働くこともできる資格であるため、一生使える資格としてお勧めしたい資格の一つのです。ぜひ、みなさんも電気主任技術者の資格を考えてみてはいかがでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング