IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スーパークールビズとは?着用期間・男女の服装例

更新日:2020年08月28日

ビジネスファッション

クールビズに続き、最近ではスーパークールビズが環境庁により導入されました。この記事ではスーパークールビズとは何か、クールビズとの違い、服装規定について取り上げます。スーパークールビズを理解してこの夏のおしゃれを楽しみましょう。

クールビズからスーパークールビズへの変遷

今ではクールビズという言葉はしっかりと定着し、夏のオフィスでのおしゃれにも大きく影響を与えてきました。このクールビズが始まったのは2005年の小泉政権時代の事です。主に冷房の節約を目的とし、エアコンの設定温度を28℃に設定できる涼しい服装ということでした。最初はなかなか定着しませんでしたが、時と共にクールビズも浸透し今では多くの企業で実施されています。

市民権を得たクールビズでしたが、2012年クールビズを進化させた新たな取り組み「スーパークールビズ」がはじまりました。これは環境庁が打ち出したもので、簡単に言うと冷房なしでも仕事ができる服装のことです。ではクールビズとスーパークールビズは具体的にどんな違いがあるのか、またスーパークールビズの期間や男女それぞれの服装規定は何か、沢山の疑問が浮かんできます。この記事では新たに聞こえてきたスーパークールビズの掘り下げた情報をお伝えします。

クールビズの語源

今ではよく知られたクールビズですが、これは一種の造語で環境省の一般公募で選ばれました。意味としてはかっこいい、涼しいのクールと、ビジネスのビズを合わせてクールビズと呼ばれています。涼しいだけでなく、おしゃれに夏を乗り切ってほしいという環境庁のねらいがこめられています。

スーパークールビズの始まりは震災による電力不足

2012年から実施されているスーパークールビズですが、発端となったのは2011年の東日本大震災で引き起こされた首都圏の電力不足です。それまで夏場の冷房を節約するという目的でクールビズの取り組みがはじまりましたが、スーパークールビズでは冷房を使わないという前提で快適に仕事ができる服装が提唱されています。

スーパークールビズの期間

クールビズとスーパークールビズの期間は異なります。2016年のクールビズの実施期間は5月1日から9月30日まで、スーパークールビズは6月1日から9月30日まででした。スーパークールビズはクールビズよりももっと軽装が許されていることから、クールビズより一か月遅らせて本格的に熱くなり始める時期から開始されています。2015年までは5月1日から10月末まで、つまり半年間がクールビズの実施期間として設定されていました。日本は一年の半分が熱い気候の国になってしまったようです。 実施期間は環境庁の推奨であり、各会社によって規則があるので事前に聞いておくといいでしょう。

スーパークールビズはポロシャツやスニーカーも許容範囲

冷房なしでも快適な服装ということですが、具体的にどんな服装が可能なのでしょうか?クールビズと比較してみるとよくわかります。クールビズではノーネクタイ、ノージャケットが印象的でしたが、襟付きでもポロシャツなどはNGでした。しかしスーパークールビズではポロシャツも着用可能になりました。また以前はグレーゾーンだったスニーカーも、着用可能の市民権を得ることになりました。

アロハシャツは実は正装

ジーパンやサンダルはまだまだNG

さらにカジュアル度を増したスーパークールビズですが、ジーパンや短パン、Tシャツ、サンダルなどはNGの部類、もしくは節度があれば可と選定されています。ジーンズは今ではファッションとしての地位を得ていますが、もともとは作業着でありカジュアルに傾きすぎていることからビジネスの世界ではまだ受け入れられていません。穴あきのダメージジーンズなどはなおさら論外と言えるでしょう。また袖なしのタンク類も清潔感に欠け、露出が過度に多いことからスーパークールビズでもNGとされています。NGのラインをきちんと知っているなら、スーパークールビズで気まずい思いをせずに済みますね。

女性のスーパークールビズ、露出は抑えめで

ではオフィスで働く女性のスーパークールビズはどうでしょうか?基本的には環境庁の指示は男女区別ない指示となっており、やはりタンクや短パンなどはNGとなります。この原則を応用すると、女性のキャミソール、ミニスカートもNGになります。 女性用のサンダルは男性用に比べてきちんとしたデザインも多く、多くの会社で着用可能とされています。しかし生足をNGとしている会社は多く、サンダルを履くときもストッキングは必須といえるでしょう。夏でも快適に過ごせる涼感ストッキングや、つま先スルーのストッキングも様々なメーカーから販売されているので、上手に選んで涼しいオシャレを楽しむことができます。

夏のおしゃれ、は涼感下着

蒸し暑い日本の夏を乗り切るさまざまな機能をもつ下着が、各メーカーから販売されています。暑いからといって下着を着ずにワイシャツを一枚で着ると、もっと暑さを感じることがあります。吸水速乾の下着を着用するなら、汗が肌やワイシャツにべたべた残って不快を感じることなく、快適に過ごせます。また汗ジミを防ぐこともできるので、他人からみても涼しいオシャレができます。 ユニクロから毎年涼感下着が販売されています。以前はサラファインという名称でしたが、最近はエアリズムという名称になり、機能も毎年向上しています。またワイシャツやブラウスの下に着ても下着のラインが出ない、シームレスのインナーを一枚もっていると便利です。

通気性のいい靴で、さわやかに出勤

初回公開日:2017年03月13日

記載されている内容は2017年03月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング