IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人事考課とは?人事考課表の書き方と例文・目標設定の例

更新日:2020年05月28日

ビジネススキル

会社には、人事考課制度というものがあります。ですが、新社会人にとってはどういうシステムなのか分かりませんよね。人事考課とはいったいどのような制度なのでしょうか?人事考課表の書き方、従業員へ向けた人事考課のコメントや人事考課制度について解説していきます。

人事考課は何が目的なのか?

では人事考課制度は何故やるのか?何が目的なのか。そもそも何故人事考課が必要なのか。 何のために実施するのか。さすがに気になってきてしまいますよね。 それでは、詳しい人事考課の詳しい目的と制度をみていきましょう。

【評価基準を明確にすることで、成果や行動を従業員に理解させる】 【従業員を適切に評価することで、従業員に成長と行動革新の方針が見えてくる】 【評価を行い、それに応じた報酬、処遇を行うと、従業員の業務成果が向上する】 【評価を行った結果を良い物にすることで、部下と上司におけるコミュニケーションがとれる】

評価基準を明確にすることで、成果や行動を従業員に理解させる

何を評価するかによっては、会社によって違ってきますが、評価する項目を明確にすることによって、従業員が何をすればいいのか、どうしたらいいのか理解できます。 そうすることによって、業務の成果や行動のクオリティをアップさせることが期待できます。

従業員を適切に評価することで、従業員に成長と行動革新の方針が見えてくる

人事、または上司が日頃から部下や社員の業務をみていて、良ければきちんと評価し、 悪ければ何が悪いのかを指摘してあげることが大切になってきます。 適切な評価をしてあげることによって、成長することができたり、行動の改善などの方向性が見えてくるでしょう。 成長と改善がみられれば、会社の業績は大きく変化するものだと思います。 より良い会社を目指すには、従業員の評価は大切だということですね。

評価を行い、それに応じた報酬、処遇を行うと、従業員の業務成果が向上する

従業員をしっかり評価したら次は、評価に見合った処遇です。または報酬を与えることです。やはり、評価してくれた会社には、日頃の給料にくわえてがんばった分の賞与がほしいものです。きちんとした評価と報酬を与えることによって、次の目標が見えてきますし、仕事へのモチベーションにもつながることでしょう。

評価結果を見ることで、部下と上司におけるコミュニケーションがとれる

人事考課は、人事部がみる仕事ではありますが、会社によっては上司が直接部下の人事考課を行う場合があります。さきほど、人事考課のコメントについても触れましたが、どんな事でもいいので、些細な評価をすることによって部下は「この上司は私をよく見てくれている良い上司だな」という印象を持ちます。 人事考課を通して、上司と部下のコミュニケーションを取ることも、社内コミュニケーション向上に重要なことなのです。

この4つが主な目的とされています。会社の方針、経営計画などによって 人事考課制度は変わってきますが、人事考課制度の大きな目的は、有能な人材の育成が 大きなポイントです。 確かに、従業員に十分な育成がなされていなければ会社をやっていくには厳しいですよね。 それに、評価してくれる会社とそうでない会社だったら、間違いなく前者を選ぶと思います。

良い人材を育成するには評価が必要

会社にとって良い人材を育成するには、人事考課制度を実施して 従業員を一人一人評価していくことが大切です。 そのためには、人事考課制度を必ず年に1度、もしくは半年に1度に実施することで 現在の従業員に何が足りないのか、理解して業務をしているのか。どうしたら良い業績が伸びるのか。 会社の経営のヒントになってきます。

会社において、人材育成の重要性はますます高まっています。 それこそ、中小企業で人材育成と人事評価、人事考課をうまく結びつけることは、業績向上のための有効な方法なのです。

もしなかなか評価されないと悩んでいるなら、きちんと人事評価してくれる企業に転職するのもひとつの道です。転職エージェントなら、今後のキャリアの相談だけでも可能なエージェントも多くあります。

人事考課は会社で働く人を励ますことができる

いかがでしょうか。人事考課は会社においてとても重要なことだというのが理解していただけたら幸いです。ブラック企業とよばれるところは、人事考課がひどいという話もききます。人はやはり、褒められると嬉しいですし、気づかなかった部分も指摘されることによって大きな成長と改善が見込めます。

次のページ:年に一度の人事考課でキャリアアップを目指してみましょう
初回公開日:2017年03月06日

記載されている内容は2017年03月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング