IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人事考課とは?人事考課表の書き方と例文・目標設定の例

初回公開日:2017年03月06日

更新日:2020年05月28日

記載されている内容は2017年03月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネススキル

会社には、人事考課制度というものがあります。ですが、新社会人にとってはどういうシステムなのか分かりませんよね。人事考課とはいったいどのような制度なのでしょうか?人事考課表の書き方、従業員へ向けた人事考課のコメントや人事考課制度について解説していきます。

人事考課・人事考課表とは?

4月から新社会人になる方も多いのではないでしょうか。多くの会社では『人事考課』というものが実施されています。単語からして人事部がやりそうな仕事ではありますが、一体どういったシステムなのでしょうか。 まずは、人事考課とはなにかを理解することが大切なので、みていきましょう。

人事考課とは?

人事評価、または人事考課。聞いたことがある人もいるかもしれません。 これは、会社の従業員の業績、能力の程度を自己評価し、給料や昇進などの人事施策に反映させる制度のことです。

会社によりますが、大半は半年または、1年ごとに定期的かつ継続的に実施されます。 会社にとって人事考課は重要な人事業務の1つです。 従業員がこれまでに働いた結果を会社側が評価する大きなイベントでもあります。

人事考課表とは?

人事考課表(人事考課シート)とは従業員に対して会社の業務における姿勢や 業績、業務をこなす能力などを自己評価する表です。会社によって言い方が変わってきますが、 人事考課シート、人事評価シート、自己評価シートなどが一般的です。

人事考課表は、会社で用意してあり、年に1度、または半年に1度配布して行われます。 自分で用意する場合は、テンプレートを配布しているサイトを利用すると簡単に作成できます。

人事考課の書き方と例文(目標/コメント/評価など)

人事考課表を配布されたはいいけど、具体的に何を書いたら良いのか分からない! どう書いたら昇給や昇進できるのか分からない!初めて会社に入った社会人にとっては 戸惑うことばかりでしょう。

この項目では、人事考課の書き方や例文などを取り上げていきます。 あくまで、例ですので参考程度に自分の業務と照らし合わせて書いていきましょう。

自己評価における人事考課の例文(営業職)

『上半期では月に30万円の目標に対し、50万円と実績を上げた(前年度比)』 『3ヶ月の目標件数●●件に対し、目標を達成できなかった。 顧客満足度の低下による影響のため、今後はキャンペーンなどを実施して顧客満足度を あげながら集客を達成したい』 『自分はアポイントメントの取り方がうまくいかなかった。お客様へ押し付けるようなアポイントメントを取ってしまったことが原因と考える。今後はお客様目線のアポイントメントを取るよう、上司などからアドバイスをもらいながら頑張りたい』

<ポイント> この例文は営業職の場合ですが、基本的には業務内容に対してどれだけの業績が達成できたのか。 また、達成できなかった場合は何が理由で達成できなかったのか。そして、今後の改善策をどのように実施するのかを書くことによって、上司の二次考課でアピールできるポイントとなります。

人事考課のコメント例文(事務職など)

『これまでの業務において●●のおかげで、効率のいい業務をすることができ、 業績を伸ばすことができましたね。今後も様々なアイディアを期待しています。』 『●●のうまくいかない点をもう一度見直してみましょう。●●の売上がうまくいかないのは お客様目線で見えてないこともあります。お客様に耳をしっかりと傾け、対応してみることが大切です』

関連タグ

アクセスランキング