IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

昇進/昇格試験の論文例・面接の質問例とその回答例・志望動機例文

初回公開日:2017年01月27日

更新日:2020年06月03日

記載されている内容は2017年01月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネススキル

給料アップや仕事のやりがいを求め、昇進・昇格試験に合格することは、ビジネスリーダーを目指す人にとって憧れです。昇進・昇格試験では、合格のポイントを押さえるだけでなく、普段からの仕事への取り組み方も大きく左右します。合否のカギを握るのは何か、考えてみましょう。

現職での昇格・昇進

現職での昇格・昇進
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

今の職場でのキャリアアップを目指している。これから試験、面接を受ける方にはこれから例文や回答例をお話していきます。

昇進・昇格試験の論文例

昇進・昇格を考えているのであれば、所定の試験を受けて合格する必要があります。どのような試験を受験するのかは、企業によって異なります。 多くの企業では、論文試験を課して合否判定をします。論文と言うと「文章を書けば良い」と感じられる節もあるかもしれません。しかし、単に漫然と作成すれば良いのではなく、昇進・昇格で求められている条件を満たしてこそ、合格を手にすることができます。 ここでは、論文試験でよくありがちな例についてお話します。

業務への貢献に関する出題例

論文試験で多いのが、「これまでに企業に対してどんな貢献をしてきたか」について記すパターンです。 このタイプのテーマでは、過去の経験について受験者に論じさせることによって、受験者の適性を見極めることを目的としています。 同じ業務でも、貢献の内容が異なってくれば、今後昇進・昇格した際の伸びが全く異なってくるのです。

職場における役割に関する出題例

「職場においてどんな役割を果たしてきたか」も、昇進・昇格試験ではチェックされます。 役割と言っても、いわゆる肩書きではありません。一人の企業人として、企業における立ち位置を踏まえ、企業の発展に利をもたらしていることが大切なのです。 また、このタイプの問題では、今後の課題について論じさせるパターンもあります。

これまでの経験に関する出題例

「これまでにどんな経験をしてきたか」について論じることは、昇進・昇格試験では外せないと言っても過言ではありません。 経験を自分の言葉で論じることによって、これまでの実績が本当に意味のあるものなのか、自覚できるようになります。ただ漫然と職務をこなすのではなく、普段から意味のある実績を作っていくことが必要不可欠です。 また、単に経験を述べるのみならず、その経験から何を得て今後どう活かしたいのかも、併せて考えておきましょう。

面接・試験で使える「自己PR」をマスターする

面接・試験で使える「自己PR」をマスターする
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

就活の面接時、ESや履歴書で他のライバルと差をつけるために考えた「自己PR」を覚えていますか。 自分らしさを担当者に伝え、注意を惹き付けるためには、論理的で担当者が見ているポイントを抑える必要があります。 初心に返り、昇進、昇格に向けてしっかりと自分をアピールできるよう 「自己PR」をマスターしましょう。 自己PRのポイントを抑えられる資料をこちらに用意しました。 昇進、昇格試験に合格し、納得の年収と、圧倒的成長を実現しましょう。

面接の質問例とその回答例

関連タグ

アクセスランキング