IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

昇進/昇格/昇任/昇給の違い|昇進/昇格論文・推薦文の書き方

経営

昇進・昇格・昇任・昇給とあるけど昇給はお給料が上がることだとわかるけど、昇進と昇格と昇任の違いがよくわからない!実は昇任は公務員の方達だけに使う言葉なんです。今回はそんな昇進・昇格・昇任・昇給の違いと昇進・昇格論文の書き方について解説していきます。

更新日時:

昇進・昇格・昇任・昇給の違い

長い間、企業で働いていると今の地位よりも上に上がる事ができますよね。この時に昇進や昇格、昇任や昇給という言葉がありますが、違いはお判りでしょうか。 それぞれ似たような言葉ですが、それぞれの言葉はには違いがあります。今回はこの昇進・昇格・昇任・昇給の違いを解説していきます。

昇進とは 地位が上がること

昇進とは今の役職や地位が上に上がる事です。例えば課長から部長に上がる場合は昇進です。昇進のチャンスはその役職を持つ人が会社を辞めたり、転勤する事で任命されるチャンスが舞い込みます。

昇格とは 地位の等級が上がること

昇格と昇進は似ていますが、意味が少しだけ違います。昇格には職務資格制度で定められている自分の能力を示す等級と呼ばれる物が上がることを意味します。等級とは会社内における自分が持っている資格のような能力を示す物の事です。 昇格するには推薦されたり、昇格試験や面接や研修の結果決まります。例え役職名が変わったとしても会社内の等級が変わらない場合は昇格とは言えない事もあります。 例えば係長から課長になったとしても会社内で決まっている等級が変わらない場合は昇進であって昇格ではないのです。

昇任とは 上の官位につくこと

昇任とは上の官位につく事を指します。つまり公務員の階級が上がる時に使う言葉です。そのため一般企業では昇任は使う事はありません。 刑事ドラマなどでよく耳にする警部や巡査などの階級ありますよね。あの階級が上がることが昇任なんですね。例えば巡査が巡査長になったり、警部補が警部になったりする事を昇任と言いますね。

昇給とは 給料が上がること

昇給とは言葉の通り給料が上がることを示してします。ボーナスなどには含まず、定期的に支払われる月給などが上がった場合は昇給ですね。

昇給には定期昇給とベースアップがある

昇給関連の言葉で定期昇給とベースアップとあります。

定期昇給とは 給与規定で定められた通りに給料が上がる

定期昇給とは例えば年功序列で給料が上がったり、人事考課などで昇給したりする事を定期昇給と言います。

ベースアップとは 給料の金額の底上げする事

ベースアップとは給料の金額を底上げする事を言います。ベースアップの場合会社の全体の給料に影響するので社員全員の給料が上がるんですね。

昇給と昇格と昇任と昇給の違い それぞれが特有の意味を持っている

以上の事からこのような事が分かりました。 ・昇進と昇格と昇任は地位や階級が上がること ・昇進は地位が上がること ・昇格は会社内の等級が上がること ・昇任は公務員の階級が上がること ・昇給はお給料が上がること ・昇給には「定期昇給」と「ベースアップ」の二種類があること 昇進・昇格・昇任・昇給はそれぞれ言葉は似ていますが、それぞれが特有の意味を持っている事が分かりましたね。

昇進・昇格試験には論文を書かされる事もある

企業で昇進・昇格の試験がある場合、その地位や等級にふさわしい人物なのかを確認するために昇進・昇格試験を行う事があります。 その中に昇進・昇格論文と言われる論文を書く場合もありますので、昇進・昇格試験を受ける人は論文の内容をしっかり考えておく必要があります。

昇進・昇格試験の論文の目的

昇進・昇格試験で論文を書く目的について書いておきます。会社との方向性が合っている人なのかを確認したいわけです。またその地位や等級にふさわしい能力や考え方をしっかり持っている人なのかを確認する事が目的なのです。 大きすぎる夢を論文で語ってしまうと浮いてしまうので、自分がその地位に就いた時に自分の持つ権限でどのような事を行い会社に利益をもたらすことが可能なのかを語る事が必要なのです。 そうする事で「この人を昇進・昇格させてよかった!」と言ってもらえるでしょう。目的を理解し昇進・昇格論文についてしっかり考えていきましょう。

昇進・昇格論文の書き方

昇進・昇格のためには試験や論文の提出をする場合もあります。論文試験と聞くとどうしても難しそうですし、悩みの種ですよね。 そこで昇進・昇格論文の悩み解決の糸口となる昇進・昇格論文の書き方について解説していきたいと思います。参考にして書いて見ましょう。

①長く書きすぎない

昇進・昇格試験の論文の書き方1つ目は「長く書きすぎない」です。 例えば社内の節電や節約を呼びかける目的の論文を書いたとします。以下がその例文です。

昇進・昇格論文の例文

テーマ 複合機の経費節約 現在A社には複合機にFAXが1日に200通も届いていますので、私が計算したところ月々の計算で16000円の無駄がある事が分かりました。これでは経費が大幅に無駄になってしまいます。 そこで弊社の複合機を導入してもらいパソコンと連動をしてもらう事でパソコンの画面上で印刷前のFAXを確認する事が可能になり、印刷する時のみパソコン操作する事で印刷が可能になります。そうする事で無駄なFAXを受け取らないようにする事ができます。 いかがでしょうか。言いたい事は伝わりますが結局は文章が長く、まとまりがないように感じますよね。これをもう少し短くスマートにする事は可能です。以下の様にしてみます。

昇進・昇格論文の例文 修正後

テーマ 複合機の経費節約  現在A社は1日に200通も無駄なFAXが大量に届いています。そのまま受信していると16000円の経費が掛かり無駄になっているのです。 もし弊社の複合機とパソコンを連動し、パソコン上でFAX内容を確認できれば無駄なFAXを無くす事ができます。そうする事で紙の節約にも経費の節約にもなります。 いかがでしょうか。先ほどの昇進・昇格論文よりは何をしたいのかがスマートに伝わりますよね。 この文章だけでは昇進・昇格論文は完成しているわけではありませんが、この文章の様に読みやすく分かりやすく読み手が読みやすく書く事が大事なのです。 昇進・昇格論文ではしっかりまとまった文章を書くように心がけましょう。

②曖昧な表現は避ける

昇進・昇格論文では納得言いたい事を相手に伝え納得させる必要があります。そのため曖昧な表現で書いてしまうと説得力に欠けます。例えば以下の様な表現は避けるようにしましょう。

「〇○だと思う」などの表現は避ける

「〇〇だと思います」「〇○であると言えます」この表現で書いてしまうと説得力がありませんよね。「〇○だと思います」という表現や「〇○であると言えます」という表現は避けましょう。

推測で語る表現も避ける

あと推測で語る表現の仕方も良くありません。例えばもっと「広告を展開していけば売り上げを20パーセントあげる事ができるはずです。」推測で物を言っていますし、実際にやってしまうと売り上げよりも経費の方がかかる可能性もあります。 現実問題このような飛躍した論文を読んでも納得できませんよね。

曖昧な表現は避けて根拠のある表現をする

この事からお分かりの様にこうなるはずではなく、「こういう前例があり、こうなったので我々もこうしたら売り上げが伸びます。」と納得できる根拠を用意して論文に書きましょう。

③読みやすい説得力のある論理的な文章構成で書く

読みやすい昇進・昇格の論文を書くためには読みやすく説得良のある論理的な文章構成を考える必要があります。例えば私が良く使う文章構成にPREP法という文章構成法があります。以下に詳しくご紹介します。

PREP(プリップ)法

P=Point(結論) R=Reason(理由) E=Example(事例、具体例) P=Point(結論を繰り返す)

PREP法の特徴 結論先行型の論理的文章構成

PREP法の大きな特徴は冒頭に結論を語り、次になぜそうすべきなのかの理由を語り、次に具体的にこういう事が可能になる等の具体例を語り、最後に冒頭の結論を強調する文章構成法です。 このPREP法を活用して昇進・昇格論文を作成すれば読みやすく納得できる論理的な論文が作成可能です。

PREP法のフレーズ 使い方例

①結論 私は〇○を提案いたします。 ②理由 〇○であるためです。 ③事例・具体例 前例によると〇○%の売り上げ向上が確認できております。 ④再び結論 以上の事から私は〇○を強く提案いたします。

昇給論文を書く時はPREP法を活用して論理的な提案をしよう

昇進・昇格・昇給は一般企業でもよく使う言葉なので覚えておくといいですね。昇任は公務員等の公的な職員の方に関係のある言葉ですので間違えないようにしましょう。 昇進・昇格論文ではあまりにも飛躍した論文を書いてしまうと、「この人は本当に自分が何を言っているのか分かってるのか?」と疑われてしまいます。 恥ずかしい思いをする前に現実的で根拠のある論理的な言い回しをしていきましょう。今回解説してきたPREP法のフレーズを活用すると論理的でしっかりと伝わる論文が作成できますので書いて見ましょう。

関連タグ

アクセスランキング