IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕入れでは常識。「掛け率」の意味・計算方法・相場

ビジネススキル

仕入れする場合には必ず耳にする「掛け率」という言葉。その言葉を知らないだけであなたは話についていけないのではないですか?間違った「掛け率」の知識を持っている人も多くいます。ここで正しい掛け率の計算を身につけていきましょう。

更新日時:

仕入れでは常識。掛け率の意味は?

小売予定価格(定価)に対する卸値の割合を言います。 卸率とも言います。 小売店から見ると、仕入原価率となります。 掛率は、得意先である小売店の過去の取引実績などに応じて、小売店ごとに設定されている場合が多いですが、そのときの購入量や商品によって変更されることもあるのです。

掛け率の計算方法は知っておきましょう。

商社で仕事をしている人は常識ではありますが、一般的には間違って覚えている方もいますので、ここで整理しておきましょう。 6掛けでお願いします。 この商品は何掛けですか? 掛け率は何掛けというような使い方をします。 6掛けと言うと、商品の仕入れ値に対して60%をかけた数字、いわゆる40%OFFで購入できるということになります。 1000円の6掛けは 1000×0.6=600円 と言うことになります。

又、掛け率を%で言うこともあります。 1000円の掛け率60(%)となると、同じように600円となるのです。 これは使っている人により違いますので、交渉の時はその使い方を察知して使い分けた方が良いでしょう。 ただ一つ、掛け率と言うには、商品の値段に対して、何%の値段で購入できるかということになります。 これさえ覚えておけばあとは数字をそのままかければ良いということになりますよね。

掛け率の相場

掛け率のには大体の相場が決まっています。例えばアパレルメーカーなどは、お店に卸す場合は6掛けと言われています。メーカー15000円の定価の場合には9000円の仕入れ値になるという計算です。 この計算できました?15000円に0.6を掛けて9000円という計算になるわけです。食品メーカーについては7掛け、おもちゃ業界も7掛けと言われているのです。そこから計算すれば実際にどれくらいのコストがかかっているかは想像できますね。 この掛け率は相場です。交渉次第、付き合い次第で少し優遇されることももちろんありますよ。

上代の意味とは?

上代とは、定価、または希望小売価格のこと。売値を表します。 反対に下代は卸売価格を表します。 もう少しわかりやすく言いますと、販売店がお客様に売る金額が1000円とします。この金額が上代です。 1000円で販売するために600円で仕入れたとします。これが卸売価格、下代と言います。 この上代と下代の差が販売店の利益という事になるのです。 ちなみに、希望小売価格とは、メーカーが定価(売値)を決める代わりに、標準的な値段を示していることを言います。 大手量販店などは、直接メーカーと取引を行い中間マージン(卸売り業者の儲け)をカットしていいることで、低価格な商品を消費者に提供することができるのです。

掛け率計算はどんな職場でも使います

掛け率についておわかりいただけました? あなたは掛け率の計算を商社などの人しか使わないと思ってはいませんか? 実はそんなことはないんですよ。 掛け率を知るということはいわば社会人、サラリーマンでは常識です。 あなたが何か業者さんに頼んで、見積もりをもらいますよね。 その見積もりのまま発注なんていうことは非常にもったいないのです。 業界によって掛け率は異なり、教えてくれる人はなかなかいませんが、 会社勤めの方は決まった業者を使います。 決まった業者で の場合には過去の交渉データを蓄積することで、必然的に掛け率が決まってくるのです。 例えば物品の購入は7掛けですとか、諸費用は作業費の1掛けとかです。 掛け率については社会人としては覚えておいて損ないと思いますよ。

掛け率をしっかり覚えておきましょう

いかがでしたでしょうか。 掛け率、上代、下代と知らなかった方も多いのではないでしょうか。 掛け率を知っておくだけで、仕入れの現場や交渉するときなどには非常に役に立ちます。逆に知らないと話についていけないのではないでしょうか。 今一度しっかり本を読んで正しい知識を身につけてくださいね。

関連タグ

アクセスランキング