IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

サインの書き方|ひらがな/漢字/英語のサインの書き方とコツ

初回公開日:2017年03月07日

更新日:2020年02月12日

記載されている内容は2017年03月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネススキル

サインの書き方を難しいと思っている人も多いでしょう。しかし何の心配もいりません。サインの書き方は、すぐに習得できるものです。嘘だと思ったそこのあなた、この記事を読んでみてください。さああなたも、楽しいサインライフを過ごしませんか?

サインをかこう

皆さんは、サインを書く機会がありますか?サインといわれて思い浮かべるものは人それぞれでしょう。野球選手の書くような見せるサインや、署名などで用いられる砕けたサイン。企業から要求される堅苦しいサインなどいろいろあります。今、自分のサインが特に必要というわけではない人も多いかと思いますが、自分だけの素敵なサインを作ってみたいと思いませんか? もちろん、ただのサインなので、自分の名前を漢字で書ければそれでいいのですが、どうせならサインを英語でかっこよくさらさらと書いてみたいですよね。今日は、ビジネス、プライベートで使えるようなサインの書き方を学習していきましょう。

サインをかこう
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

サインの書き方は「誰に見せるのか」で変わる

まずはサインの構想を練ってみましょう。サインと一言で言っても、シンプルなサイン、趣向を凝らしたデザインのサインとあります。まず、誰に見せたいサインなのか、を考えてサインの構想を練るのがいいですね。 シンプルなサインはぱっと見読みやすいです。そのようなサインは、「読ませるためのサイン」であり、凝ったデザインのサインとは趣が違いますよね。凝ったデザインのサインは、その人のセンスが良くあらわれ、もっとも「その人らしさ」を表すことができると言われています。でも、そのようなサインは「読ませるためのサイン」ではなく、「見せるためのサイン」です。

サインには、様々な種類のサインがあります。英語でサインを書くならば、フルネームを用いる人、ファーストネームやラストネームをイニシャルと組み合わせる人、イニシャルのみの人、といると思います。スペルを一部省略する人だっているでしょう。日本語でかくならば、ほとんどの人は漢字フルネームだと思いますが。また、文字だけでなく、イラストも組み合わせる人もいるでしょう。漫画家さんや、アーティストさんなどに多い傾向ですね。サインを作るときは、あなた自身の名前への思い入れや、文字数への考慮などが大切ですね。

実際にサインをする場合の書くのに要する時間も考えなければなりません。それはサインの書き方にもかかわってきます。スポーツ選手や多忙な方のサインは、簡単な走り書きのようなサインになりがちですが、それでも「そのひとらしさ」が如実に表れていますよね。それはなぜでしょうか。

サインは「その人らしさ」を表す

どんなにシンプルなサインでも、必ず現れるのが「その人らしさ」です。それはなぜかというと、サインは本来、自分の名前をおしゃれに描いただけのものだからです。自分と全く関係のない文章を書くよりも、自分の名前を書くほうが、うんと気持ちがこもるでしょう。なぜなら、それは幼いころから慣れ親しんだ文字だからです。たとえそれがペンネームなどであっても、あなたのことを表すものですから、愛着がわくに決まっていますよね。

サインの書き方は場面による

サインの書き方は場面による
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

サインをいつ使うか

まず最初に考えていただきたいのは、そのサインをビジネスで使うのか、それともプライベートで使うのか、ということです。ビジネス目的であるならば、フルネームを使うよりもイニシャルネームを使うほうがよりフォーマルで喜ばれます。サイン偽造の心配がないのなら、フルネームを使ったサインでもいいかと思います。フルネームでサインを書くメリットは、読みやすく、当然フルネームなので誰のサインなのか一目瞭然という点です。 そのためか、日本では比較的フルネームのサインが好まれます。凝ったデザインのサインよりも読みやすく、書き手も書きやすいからですね。

場面別、サインの種類

英語、日本語にかかわらず、あなたのサインがビジネスの大事な場面で使われるとき、一般的にフルネームのサインになると思います。一方、たいして重要ではない局面で使われるサインや、大量に必要とされるサインはファーストネーム、またはラストネームをイニシャルにする省略形のサインになるでしょう。こちらは速記対応です。多くの人は、凝ったデザインのサインを作成するかもしれませんが、プライベートで用いるサインであれば、基本どのようなサインでも大丈夫です。

サインを作ったからには書き方をマスターしなければならない

よく見落とされるポイントとして、サインを作ったのにうまく書けない、という人がいます。サインはあなた自身を証明するものです。ですので、自分のサインの書き方がわからない、偽造されてしまった、などということが起こらないようにしたいですね。 また、せっかくサインの書き方をマスターしたのに、自分のニーズに合わず、使う機会が少なくなってしまう、などといったことがないように、あなた自身のサインのコンセプトを今一度確認してみるとよいと思います。この記事を読んでサインを作成したあなたも、作成後はコンセプトにあっているか再確認してみてくださいね。

サインをデザインしよう

サインをデザインしよう
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

ここでは実際に、英字フルネームでのサインを想定してサインを作成してみましょう。 いくつかのヒントを紹介します。

イニシャルの誇張

「田中 花子(Tanaka Hanako)」さんのサインを作ってみましょう。普通に英字フルネームで書くと、「Hanako Tanaka」となります。この時、筆記体を用いるとなお良いですね。しかし、これだけでは華がない。そこで、ちょっとした一工夫におすすめなのが、イニシャル(頭文字)を大きく誇張してみることです。イニシャルが誇張されていれば、見る人の印象も変わります。あなたの名前がぐっとその人の中に入ってくるのです。 また、基本的にサインをデザインするときは、一筆書きで、一気に書き上げてください。そうしないと、見栄えが悪くなってしまいますから。

文字の連結

ここからは、先のイニシャルを大きく誇張する工程をクリアした前提で進めます。この時、「H」と「T」以外はどのような書き方をすればよいのかというと、イニシャルの大きさを誇張するように、小さく書けばいいのです。そこで、残りの「(H)anako」と「(T)anaka」をつなげて書くことをお勧めします。文字数が多ければ、思いっきり省略してしまいましょう。 つなげて書く書き方で、イニシャル以外を詰めて書いてしまえば、自然とイニシャルの大きさが際立ちます。

文字を崩すとおしゃれに見える

文字を崩すとおしゃれに見える
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

次は適当な文字を選んで、少し崩してみましょう。崩す文字の選び方は完全に適当でいいです。しかし、筆記体で文字を書く場合を想定してもらえばわかるとは思うのですが、m、n、iなどが連続した時、波のような形ができますよね。それを利用すれば良いのです。たとえば、「minami」なんて単語も、できるだけまっすぐになるように、つなげて一筆で書く書き方をすれば、(元の文字がわからなくなるくらい)かなり崩れた形になると思います。

文字の配置に気を付けて

ポイントとなるのが、文字の配置です。大きく書いたイニシャルとのバランスを考えて、ほかの文字を配列できれば良いですよね。イニシャルに比べて、他の文字は半分くらいの大きさになると思いますが、その他の文字をイニシャルの下に配置するか、真ん中の高さに配置するか…いろいろな工夫ができるでしょう。

線などで飾ってみる

文字そのものではなくて、周りを修飾してみると、凝った印象を与えやすいです。例えば、サインに下線を何重かにして引いたり、サイン全体をまるで囲ったり。プライベートで使うサインであれば、アルファベットのiやjの上の点をほかの記号などで置き換えると遊び心があっていいかと思います。よく使われるのはハートや星です。男性が使うのももちろん良いですが、女性らしさを表現するにはもってこいです。 その人らしさをより出したいのなら、その人を象徴するようなモチーフを入れてみると良いですね。たとえば、音楽が好きな人のサインだったなら、音符やト音記号、五線譜などを取り入れてみてはいかがでしょうか。

書き方の工夫

サインの書き方一つでも、少し工夫してみるとよいでしょう。例えば、サインの書き方に見せ場を作ってみましょう。どんなものでも構いません。少しイニシャルをおしゃれに描いてみるのでも大丈夫。コツはできるだけ一筆書きで書くことです。でも、最低限読めるように、また修飾がうっとうしくならない程度にとどめられるように、イニシャルだけ一筆書きが良いでしょう。 また、イニシャルの二文字のうち、片方だけを凝らせて、もう片方はシンプルにする、などもおしゃれでいいですね。特徴的な個所が一か所バンとあるとかっこいいサインに仕上がります。あまり凝って飾りすぎるより、一部だけおしゃれにするほうが受けが良いです。

日本語でのサインの書き方

日本語でのサインの書き方
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

英語での書き方はお分かりいただけたでしょうか。続いてひらがな、カタカナ、漢字を用いたサインの書き方を学んでいきましょう。大丈夫です。日本語でのサインの書き方も、基本英語での書き方と同じです。

ひらがな、カタカナで書いてみよう。

まず、ひらがなでのサインの書き方を考えてみましょう。ひらがなで書く場合、氏名を一列にして書くこともできますが、氏を上段、名を下段にしてみるなど、一工夫してみてください。氏名を上下段に分けて書いた時、できるだけ広がらないように、まとまりのあるように書いてみるといいかと思います。 ひらがな、カタカナなど、日本語でサインを書く書き方をするときは、字が下手なだけな人と思われないように注意しましょう。それっぽく文字を加工するには、どこかの文字(一番初め、一番最後のもじがおすすめです。)の一部を長く伸ばして、サイン全体に傘を作ったり、丸で囲んでみたりするといいでしょう。これはひらがな、カタカナ共通のポイントです。

漢字で書いてみよう。

漢字で一度、試しにサインを書いてみてください。どうでしょうか?漢字によっては、実はものすごく書きづらいサインの書き方になることだってあります。一般的に、字数が多いと、漢字のサインには向かないと言われています。そういう場合は、漢字の書き方にこだわらず、英語の書き方にチャレンジしてみると良いかと思います。 英語のサインの書き方の良いところは、どんなに崩しても、汚い書き方になるのに限界があり、また字の汚い人と思われにくいところです。英字を崩した書き方をしたとしても、アルファベット26文字のうちのいずれかであるので、一応読める文字に落ち着くからです。それに比べて漢字をあまりにも崩してしまうと、「読めない」の一言に尽きます。気を付けましょう。

漢字で書いてみよう。
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

サインを書く道具にも工夫を

サインの書き方を理解したそこのあなた。サインをただのボールペンで書こう、と思っていませんか?せっかくのサインですから、素敵な道具でサインを書いてみましょう。たとえば万年筆。万年筆での書き方がわからない、という方もいるかもしれません、万年筆とボールペンではだいぶ印象が異なります。公の場でサインを用いるとき、大事な書類にサインするときには、ぜひ万年筆を使ってみましょう。いつもお高い万年筆は使えない、と思っているそこのあなたには、サインペンがおすすめです。

サインに付け足すプラスα

サインの書き方はもう大体わかった、というあなたには、サインにプラスαとして何かを付け足すのをお勧めします。たとえば、座右の銘やその日の日付を書いてみる。そうするとサインに付加価値がついたような、価値が高められたような気分になりませんか?レア感が増しますよね。有名人のサインにも、その心理を利用したサインの書き方をしている人が大勢います。あなたも有名人気取りでサインを書いてみては?

また、サインの横にイラストを描いてみるのも効果的です。漫画家さんなどのサインには必ずイラストがついていますよね。あなたが漫画家さんでなくても、あなたを象徴する何かや、あなたのオリジナルキャラクターを描いてみたらいかがでしょう。

サインの書き方をマスターするために

サインの書き方をマスターするために
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

サインの書き方をマスターするためには、書き方の練習を何回もする、これしかありません。練習を繰り返すうちに、当初のデザインとかけ離れたものになってしまうこともありますが、そっちのほうが書きやすい書き方のサインだった、と思ってあきらめてそれを使いましょう。何度か申し上げましたが、サインはあなたの個性が現れた、唯一無二の大切なものです。どうか納得のいく形に落ち着くまでサインを練習してみてください。

そしてもう一点。あなたの作ったサインは、あなたのニーズ、コンセプトに合致していますか?書きやすさを取ったのか、デザインを取ったのか、それは使う場面によって様々だと思いますが、サインを書くにあたって、今一度コンセプトに沿っているかを確認してみてください。

いかがでしたか。 あなたのオリジナルのサインを使って、いろんなところで役立ててみてくださいね。

今の仕事を続けていいのか不安に感じる

「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング