IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

パートの志望動機の作り方・書き方|職種別の志望動機一覧

更新日:2020年08月28日

アルバイト

春になり新たな生活のスタートをきっかけに、アルバイトやパートを始めようという方も多いと思います。あくまで副業であるこれらの『志望動機』。正規雇用目的でのそれと同じでもよいのでしょうか。今回はそんな『アルバイト・パート』志望動機の書き方を考えてみようと思います。

『パート応募』に詳細な志望動機って必要?

本来、学生や主婦など『本業ありき』でのアルバイトやパートですから、正社員雇用目的の志望動機とは大きく意味が違ってきます。「正社員になりたい、この職業で生計を立てたい!」という強い志をもって応募する訳で無く、多くの目的は副業、「空いた時間でお小遣いを稼ぎたい」とか「学校帰りにちょうど良い場所だから」といった様に非常にライトな理由がどうしてもメインになりがち…。 でもだからといって、その様な理由を単刀直入に伝えてしまっても良いのでしょうか。

「パートなんだから」と侮ってはいけない?

多くの求人サイト系アルバイト面接ノウハウを見ていると、やはり志望動機に関しては「なぜこの仕事をえらんだのか?」や「自分のスキルをしっかりアピールする」とか「未経験ならやる気とモチベーションで売り込む」といった風に、はっきり言って正社員応募に際してのそれと大差がありませんね。 勿論パートタイムといえど、そこで働き報酬を得るからには立派な「従業員」なわけで、雇う側にとっては重要な「業務の担い手」です。だからそうしたノウハウは正しいと言えます。

何をアピールすればいいの?

しかし受ける側からすればやっぱり「パート」。その業務に対する熱意や意気込みが無い訳でも無いでしょうが、正社員応募同様に志望動機を熱くアピールしないとならないものでしょうか。 結論から申し上げてしまうと、実はそうでもなさそうです。

「正直なところ、アルバイトなんてどこでも良いと思っている人も多いはずです。そういった気持ちは、私たちにもわかります。それでも、一つぐらいは何か採用を希望する動機をいってもらえると、こちらも気持ちよく採用できますね」

上記の様な意見を持つ方もいるという事で、つまり応募した側の本音である「とりあえずココで働いてみたい」という気持ちを、アルバイト・パートの採用側は踏まえた上で面接しているという事ですね。

パートさん選びには志望動機よりも他に大切な事がある?

また、こんな意見も見受けられました。

個人的な経験上、学生の時の履歴書の扱いを考えると、まず前提として、 「履歴書の志望動機は特に重要視されていない」ことをお伝えしておきたいです。

バイト応募に本当に重要なことは、下記です。 ・面接でニコニコ愛想よく、一生懸命に面接を受ける。 ・さっさと応募する(条件のよいバイトは応募が殺到して、すぐ埋まります)

勿論これは応募する職種や面接を行う人によって多少の差はあるとは思います。 しかし先述した様に、採用側は元々「パートに応募してくる側」の本音をよくわかっている場合も多い様ですので、一概には言い切れませんが、よほどで無い限り必要以上の志望動機はあまり深くは求められていないのかもしれませんね。

とはいえ志望動機が全く簡素であるのもどうかと…

さて、この辺りで逆に雇う側の気持ちを少し想像してみましょう。応募者が実質的な、求めるニーズを満たしていたならば、またそれに対して応募者が納得してくれたならそれ以上に越した事は無いと言えますが…しかしその様な応募者がもし多数居た場合はどうやって選別していけばよいのか? そこで大切になってくるのはやはり 『志望動機』という事になってきます。

学生なら学費・主婦やフリータの方などは生活費の為など、「稼ぎたい」という理由を志望動機として使う人も多いです。 ただ、それだけだと「他の仕事でもよくない?」ってなりますので、稼ぎたい理由にプラスでなぜこの仕事が良いのか、を伝えなければいけません。

高時給のバイトほど狭き門となる現状を見てもわかる様に「お金をたくさん稼ぎたい」という志望動機はパートタイムで働きたい人たちにとって「万人共通の理由」という訳です。 ですから、情熱的までには無いにしろ「なぜこの職場(会社・お店)を選んだのか」という志望動機が必要になってくる訳なんですね。

また、「就業場所が自宅(学校・職場)から近いから」といった理由に関しても、素直にそのまま伝えるだけで無く「雰囲気が良かった」や「昔からこの会社の製品を使っていた」など、もう一つ突っ込んだ理由を動機に加えたいところです。 雇う側からすれば、よほどで無い限り自分の職場に興味を持って貰えて嫌な気分になる事は無いでしょう。そしてその様に思ってくれる人と一緒に働くメリットを存分に想像できる分、雇いたくなる気持ちも大きくなる筈です。 「〜だから御社(貴店)を選らんだのです!」という事も盛り込んでおけば採用の確率も上がるというものですね。

初回公開日:2017年03月14日

記載されている内容は2017年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング