IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事をやってられない!と思ったときの対処法|そう感じてしまう原因

更新日:2020年08月28日

就活の悩み・不安

理不尽な出来事や仕打ちを受けた時、「やってられない!」という気持ちになることもあるのではないでしょうか?このページでは、そんな「やってられないと感じた時」をテーマにして、やってられないと感じる原因や対処法・改善方法などをご紹介しています。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

もうやってられない!と思った時の対処法

日常生活を送っていたり、仕事をしていたりすると、時には「もうやってられない!」と感じてしまうことがあるでしょう。やってられないと思っても、その気持ちをぐっと胸の内に留めて、我慢している方もいれば、思わず癇癪を起こしたり物事を投げ出してしまったりする人もいるかと思いますが、いずれにしてもすっきりしたいものですよね。 今回は、「やってられないと思った時」をテーマにして、「やってられない!」と思ってしまう理由や対処法をご紹介していきます。「やってられない!」と思ったら、ブチ切れてしまう前に、ぜひご紹介する対処法などを試してみて下さいね。

どんな時に「やってられない!」と思うのか

今回のテーマは、「やってられないと思った時」ですが、そもそも人は、どのような状況やシチュエーションになると、「もうやってられない!」と感じるのでしょうか?勿論、状況や個人の感じ方にもよりますが、一般的な定義について考えてみたいと思います。 「weblio辞書」によると、「やってられない」という言葉には、「あきれてしまって,今している事をやり続けることができないの意。(※1)」があるそうです。 上記の意味を参考にして考察していくと、人が「やってられない!」と感じる時は、自分のせいではないのに失敗したり責められたりするなどの、理不尽な状況が挙げられそうですね。 また、他人のあきれるような言動が原因でトラブルなどに巻き込まれるなど、自分に原因がない為にどうすることもできないような状況で、「やってられない!」と感じることも多いのかもしれません。

やってられない!と感じる原因

上記で、「やってられない!」という感情について考察しました。 続いては、どうして「もうやってられない!」と感じてしまうのか、原因や理由をより具体的に見ていきたいと思います。 「やってられない!」と感じる原因を理解することで、対処法なども見つかるかもしれませんよ。

やってられない!と感じる原因【1】:待遇に満足できない

「やってられない!」と思う原因の1つとして、現状や待遇に満足できていない可能性があります。 例えば、仕事において激務と呼べる程忙しいのに、給与の金額が安かったり、私生活で自分ばかりが家事などをこなしているのに、家族から感謝されなかったりといった状況が考えられます。 給与の金額は企業や上司の判断で決定されるので、自分ではどうしようもないことですよね。 また、家事をこなしている人に感謝の気持ちを伝えるかどうかも、個々の感じ方に依存するものなので、自分でどうこうできることではありません。 その為、自分の待遇に満足できず、やり場のない気持ちから「やってられない!」と感じるようになるというわけです。

やってられない!と感じる原因【2】:他人の待遇や境遇に差を感じる

人間には個性や性格があるので、人によって相性が合う人もいれば、相性が合わない人も存在します。その為、上司や友人の態度にも、接する相手によって差が出たり、つい特定の人を贔屓してしまったりすることもあるでしょう。 自分が他人から贔屓をされる側であれば、他人が人によって態度を変える様も、そう気にならないかもしれませんね。しかし、自分がぞんざいに扱われたり、贔屓されない側の立場に立ってしまったりした場合は、「やってられない!」と感じてしまう可能性もあります。 勿論、相手を理解しようとしなかったり、自分が相手に嫌われるような振る舞いをしてしまったりしているのであれば、自分にも責任があるので、改善しなければなりません。しかし、理由はなくても何となく合わない人というのも存在しているので、なぜ嫌われたりぞんざいな扱いをされたりするのか、理由が分からないこともあります。 自分が悪いわけではないのに、上司に自分だけ怒られたり、自分だけ大量の仕事を任されたりしたら、あまり気分が良いものではないですよね。また、友人と仲良くなろうと歩み寄っているのに、自分にだけよそよそしかったり、自分だけ何かに誘われなかったりすると、やりきれない気持ちになると思います。 人の気持ちや印象は、自分ではどうにもできない場合もある為、上記のような時も「やってられない!」と感じてしまうものなのです。

やってられない!と感じる理由【3】:結果が見えない

「努力をすれば報われる」などというフレーズをよく耳にしますが、現実では努力をしてもなかなか結果に繋がらないこともあります。一向に結果や成果が出ず、先の見えない努力をし続けなければならない時などに、人は「やってられない!」と感じるものなのです。 例えば、マラソンや長距離走の場合、あらかじめどれくらい走れば良いのか、距離が分かっています。ですから、どんなに長い距離であっても、「あとこれくらい走れば終わる!」というゴールが見えているので、走り続けることができるという考え方もあります。 しかし、先が見えないことを努力し続けたり、結果がいつ出るか分からないものをやり続けたりするのは、どれくらい走れば良いのか分からない状態でマラソンや長距離走に臨んでいるような状態なのです。その為、「いつまでやれば良いんだろう」「いつになったら終わるんだろう」という不安や絶望感から、「もうやってられない!」と感じてしまうことが多いようです。

やってられない!と感じた時の対処法

では、「やってられない!」と感じた時は、どうすれば良いのでしょうか? 「やってられない!」という気持ちを引きずったまま作業や仕事をしても、胸の奥がモヤモヤして、なかなかはかどらないものですよね。 続いては、「やってられない!」と思った時の対処法についてご紹介していきます。

やってられない時の対処法【1】:自分が変わる

基本的に、「やってられない」と感じる時は、自分ではどうにもできないような物事や理不尽な目に合った時が多いと言われています。 その為、「やってられない」と感じる原因となっている人や物をどうにかして変えることは、なかなか難しいと考えられます。 原因となる人や物を変えられなければ、「やってられない」という気持ちを払拭することは難しいでしょう。 そこで、対処法の1つとして、自分が変わるという方法が挙げられます。 「やってられない」と思う原因は、自分ではなく相手や物にあるのに、自分が変わらなければならないというのは、何とも理不尽だと感じる方もいらっしゃることでしょう。 しかし、「やってられない」と感じる原因の方を変えたり改善したりできない以上、自分が変わるしかありません。 「やってられない」と感じる原因が他人にあるのであれば、その人に歩み寄る姿勢を見せたり、その人ときちんと向き合おうとしたりといった、大人の姿勢を見せると効果的です。 物が原因で「やってられない」と感じる場合は、その物のどの部分にやってられないと感じているのかを明らかにして、物や物事の見方を変えてみるのも1つの方法でしょう。

やってられない時の対処法【2】:相手を変える

初回公開日:2017年03月05日

記載されている内容は2017年03月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング