IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

商社を志望する際の履歴書・志望動機の書き方と例文

更新日:2022年08月01日

書類選考・ES

グローバル化が進む中で今なお商社のは衰えるところを知りません。そんなグローバルに展開する商社を志望する際の履歴書・志望動機の書き方、志望動機例(一般職/事務/総合職/営業/食品/新卒)をお話させていただきたいと考えております。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

商社を志望する際の履歴書・志望動機の書き方

総合商社とは

三菱商事、伊藤忠商事、丸紅、三井物産、住友商事、豊田通商、双日の7社が総合商社と言われおり、取り扱う商品の幅が広くまさに総合商社と考えることができます。入社難易度は高いので志望動機をしっかりと書いて対策する必要があります。

専門商社とは

業種や分野に特化した商品を扱う商社を専門商社と呼びます。専門分野を持っているので関連した大手メーカー系列の企業が多いことが特徴です。その分野、業種毎に専門商社があり総合商社に比べて間口は広いといえます。

大きく分けて商社は2つに分類できます。前もってどちらのタイプの商社を決めることでその商社に合った志望動機を作ることができるので、商社の種類や職種にマッチした志望動機になり説得力がでるので確立があがります。

商社に就職するには志望動機で差をつける

商社の採用試験でも通常の試験よりも難関になり、採用倍率も他の企業と比べ物になりません。企業でも総合商社のは高く、常に上位にランクインしています。通常レベルの志望動機では採用される可能性は低いといえます。商社に採用されるには綿密な企業や業界の研究、OBOG訪問、インターンシップの活用が求められ、やはり志望動機が重要になっていきます。

総合商社の志望動機

なぜ商社なのか?という質問の回答

ヒトと関わる仕事がしたい 【志望動機例文】 「私が商社を志望する理由はヒトと積極的に関わっていく仕事がしたいという思いがあります。それは海外留学での経験の中で培われたものです。留学を通して様々な国籍・背景を持つヒトと関わることで、語学だけでなく自身と友人達を含めて成長してきました。ヒトと関わる中で自身と他人の成長することが出来るという経験を活かしたいと考えて商社を志望しました。」

商品を世界に広めて人々の役に立ちたい 【志望動機例文】 「商社を志望する理由は、高品質の商品を世界に広めて人々の生活向上に貢献したいという事があります。以前海外旅行先で色々な経験をさせていただきましたがある国で時計を書く必要があり購入したことがあります、その時計は3日とたたず止まってしまい役に立たないものになってしまいました。こういった品質の低さは単に購入者が損害をこうむるだけでなく信用、時間的リソースなどさまざまな部分で社会の効率を低下させていると思います。高品質の商品を世界に広めて人々の生活に貢献したいと強く感じました。これは自社製品に限られるメーカーではなく、広くリソースを使える商社で将来を切り開きたいと考えました。」

グローバルに活躍したい 【志望動機例文】 「商社を志望するのは、グローバルに活躍する人材を目指しているからです。具体的には、忍耐力と想像力を活かして、カンボジアやグルジアといった一筋縄でいかないような地域で活躍する人材になりたいと考えています。グローバルに展開している商社であれば、自然と目標に近づくことが出来ると考え志望しました」

自身の人間力で勝負したい 【志望動機例文】 「商社を志望したのは、一生役に立つ人間力を磨きたいと考えたからです。商社は大きな集合体ですが、社員の1人1人のビジネスセンスと人間関係で支えられているはずです。そういったすばらしい先輩方と環境でお仕事をさせていただければ人間力を磨くことができ、自分の理想とする人間に近づくことが出来ると考えて志望しました。」

ストイックに追い込むのが好きだ 【志望動機例文】 「商社を志望したのは、野球のイチロー選手のようにストイックに1つ1つを積み上げ大きな成果を出すことに興味を持っているからです。商社の仕事は確かに激務ですがそれは私にとっては目的に近づくための必要な時間であり苦痛には思いません。そういった環境と経験を与えてくれると考え志望しました。」

次のページ:専門商社の志望動機
初回公開日:2017年03月05日

記載されている内容は2017年03月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング