IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

居場所がないと感じる時の理由と心理|居場所がない時の対処法

更新日:2020年11月10日

コミュニケーション

ふと自分の居場所がないと感じることがある人がいますが、大抵は毎日がつまらなかったり充実した生活を送れていない人が多いものです。何か不満があるのは自分の居場所が見つけられていないからかもしれません。そこで居場所がないと感じる時の理由について紹介します。

居場所がないと感じる時の理由

たくさんの仲間と一緒にいるのに、ふとここには自分の居場所がないと感じた経験をした人もいるかもしれません。居場所がないと感じるのは、何か自分の中でしっくりこない理由があるはずです。そこで居場所がないと感じる時は、どんな理由が考えられるのでしょうか。

自分の意見を言うことができない

自分の居場所がないと感じるのは、自分の話や意見が言えない時に感じることがあります。必要とされている人の話は誰もが耳を傾けますが、必要とされていない人はそもそも話をする機会もありません。自分が話をする機会もなく意見を言うことができなければ、自分は必要とされていないと感じるでしょう。その時はたまたまかもしれませんが、必要とされる人は必ず意見を聞かれることが多いです。特に仲間内や大勢の人たちがいる時に自分の居場所がないと感じた時には、精神的にも相当なダメージを受けることになるでしょう。

相手にされていないと感じる

居場所がないと感じる理由のひとつに、自分のことが相手にされていないと感じた時に居場所がないと思います。大勢の人がいればたいていは和の中心になるような人物がいて、いろいろと話を振ってくれることもあります。よく話をする人が集まれば、自然と話は盛り上がりを見せるでしょう。仲間と一緒にいる時に自分のことが、相手にされていないと感じる時もあります。大勢の人がいる時にはたまたまかもしれないと思いますが、仲間内で一緒にいる時には、大抵は話をする機会も多いでしょう。しかし自分の話をしっかり聞かないそぶりを見せたり、興味のない雰囲気を出されれば相手にされていないとすぐに分ります。そんな場所に自分の居場所がないと感じるのは当然です。自分の居場所は自分がいて楽しめる場所でもあるので、相手にしてくれないような人と一緒にいても、居場所がないと感じるだけです。

居場所がないと感じた時の心理

自分の居場所がないと感じる理由は、自分が何となく居場所がないと感じることが多いようです。もしも自分がここには居場所がないと感じた時には、どのようn心理状態になっているのでしょうか。

自分は必要ないと考えてしまう

居場所がないと感じた時には、ここは自分のいるべき場所でないと考えます。すると相手から必要とされていないと考えるようになり、急に自分は必要ない人だと考えることもあります。心理状態としては居場所がないと感じた時に、この人たちには自分は必要ないと考えてしまいます。そのため居場所がないなら他の場所に行くことを考えますが、自分は必要ない人間だと必要以上に自分を責めてしまう時もあるようです。

家に居場所がないと感じた時の対処法

家は自分が一番安心して暮らせる場所になるはずですが、家族と一緒に住んでいる時に居場所がないと感じる時もあります。家庭に自分の居場所がないと感じるのは、相手とのコミュニケーション不足や嫌悪感を抱いている可能性もあります。そこで家に居場所がないと感じた時はどのように対処すればいいのでしょうか。

気晴らしに外出してみる

家庭を持っている人にとって家は自分が落ち着ける場所なはずなのに、時には居場所がないと感じる時もあります。コミュニケーションがうまくいってない時には、相手との関係が悪いので話をする機会も少ないでしょう。例えどんなに仲が良い相手でも、四六時中仲よくするのは大変なことです。時にはケンカをしたり話をしない時もるので、関係性は変化をするものです。そこで自分が家に居場所がないと感じた時には、ちょっと気晴らしに外出してみることをします。 相手との関係性が悪い時には、冷却期間が必要不可欠です。人の関係性は時間が経つと修復することができたり、嫌なことを忘れて付き合うこともできるものです。特に家族ならば悪い関係も修復しやすいものです。そこで家に居場所がないと感じた時には、一時家を離れて気晴らしをしましょう。自分の気持をクリアにして家にもどれば、嫌な気分も忘れてしまうかもしれません。居場所がないと感じた気持ちは心に残りやすいので、できるだけすぐにでも気持ちをリセットできるように、気晴らしに出掛けることをします。

一言でも会話をする

家族でも時には仲が悪くなることもありますが、家族である以上いつかは関係を修復しなければなりません。家庭内において家族との関係が悪くなると、居場所がないと感じやすくなるものです。そんな時は少しでも家族との関係を修復することで、家に自分の居場所を見つけることができます。家族とは時に礼儀礼節を忘れてしまう間柄です。夫婦ならば元は他人ですし、いくら家族と言っても相手を尊重することは大切です。家族とのコミュニケーションは大切ですが、挨拶はコミュニケーションの基本です。家に居場所がないと感じた時には、まずは挨拶から見直してみましょう。一言でもいいので会話をすることによって、家族という絆を感じることができます。家族間でも礼儀礼節を重んじ、コミュニケーションをしっかりとることによって、家での居場所を確保することができるはずです。

初回公開日:2017年03月05日

記載されている内容は2017年03月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング