IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職場環境の改善策の事例・提案書やアンケートの作り方

更新日:2020年11月07日

ビジネススキル

どんな会社にとって職場環境はとても大切です。職場環境を良くするためにはどうしたらいいのでしょうか?職場環境の改善策や職場環境改善のためのノウハウをご紹介します。気持ちがよく働けるよう、会社と社員にとって良い環境づくりを目指しましょう。

職場環境の改善策(標語など)

あなたにとって、職場環境はどのような感じでしょうか。気持ちよく働けていますか? どんな会社においても社員が気持ちよく楽しく働けることは大切です。 最近は、過労死、過労からの自殺、社内いじめ、コミュニケーションができていないなど、様々な社会問題が出てきているので、 職場環境の改善を意識し始めている会社は多いのではないでしょうか。

何故会社の職場環境改善が必要なのか

どんな会社も100%環境が良い会社とは限りません。いわゆるホワイト企業も日々改善が必要で常に職場環境の改善は行われています。 まず、どこから職場環境が悪くなってしまったのか。職場環境が悪いのは何が原因なのかを 考える必要があります。 「言ったって職場環境が変わるわけがない」と思っているのではなく、 「どうしたら職場環境が改善するのか」ということを前向きに考えることが大切になってきます。 まずはどのような改善策があるのかまとめてみました。

職場改善における標語を考えてみる

標語とは社員の目標、スローガンです。覚えやすく実行しやすい行動を 分かりやすい言葉で掲げることによって、社員にとっての仕事のモチベーションにつながります。 標語(スローガン)の例として大きく分けて2種類あります。

職場環境改善の為の標語その1・労働衛生標語

労働衛生標語は、衛生的で健康な職場環境を目指して作られているため、 「健康」や「衛生」をテーマにすることによって、簡単に作成することが可能です。 職場環境改善の為「健康」であることを心がけるように作るものですので、 「健康」「運動」「食事」「歯みがき」など会社において掲げたい、改善したいことの標語を作ることが大切になってきます。

<例> 「すすんで 掃除 快適職場」 「健康な 心と体で 良い仕事」 「整理整頓 気持ちいい職場」

職場環境改善の為の標語その2・労働安全標語

労働安全標語は、職場環境改善において気をつけたいこと、 命にかかわるような仕事をしている人が注意喚起できるような、簡単に確認できる言葉を入れるようにしましょう。 「ケガをしない」「油断しない」「手抜きをしない」「気をつけよう」などといった 職場の『安全』を重視したテーマを意識したほうが作成しやすく、覚えやすいでしょう。

特に「みんな」という言葉を入れたテーマは優秀な作品が多く、 全員を対象とした標語を入れると社員が実行しやすく、職場環境への改善にもつながっていくでしょう。

<例> 「忘れるな 自分の安全 確認を」 「自分から 安全点検 再点検」 「みんなでなくそう ちいさなミス」

職場環境においてのコミュニケーションの改善

会社においてコミュニケーションはとても大切です。 やはり、社員同士、上司や社長などとコミュニケーションができていないと会社は経営の危機に立たされることもあるのです。 では、どうしたら職場環境においてコミュニケーションの改善が見込めるのでしょうか。 少し改善策をまとめてみたので、参考にしてみてください。

職場のコミュニケーションが悪いのは言いたいことを言えてないから

日本人の昔からの悪いクセといいますか。言いたいこと、意見したいこと。つまり、本音がいえていないことにコミュニケーションの壁ができていることに気がつくべきです。 何故なら、会社はもともとやりたいこと(本音)でできてそれが実現できている場だからです。一人じゃできないことをみんなで話し合い、実行して改善していく。 それが理想的な会社の姿だと私は考えています。

初回公開日:2017年03月05日

記載されている内容は2017年03月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング