IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

Web履歴書の志望動機・自己PRの書き方|写真のサイズや貼り方

書類選考

こちらの記事では、web履歴書の書き方やweb履歴書の写真のアップの仕方などを紹介しています。web履歴書の提出を求めている企業は年々増えてきています。手書きの場合と大きく異なりませんが、写真のアップなどはweb独特なので、手順を覚えてしまいましょう。

更新日時:

web履歴書の書き方

就活でのエントリーシートは、web履歴書が増えてきました。web履歴書をどのように書くべきか順番に解説しますので、参考にしてみてください。

①資格は正式名称で

営業など職種によっては、自動車免許が必須となる求人は非常に多いです。しかし、持っていて当然という意識からか資格欄に自動車免許を記載していない方が非常に多いのも事実。書類選考において、まず資格欄のみを見て必須条件が満たされているか確認を行うケースもあるので、必ず企業が求める条件を理解したうえで見落としがないかチェックしましょう。

②その企業のためだけの志望動機になっているか

「福利厚生がきちんとしたところで長く働きたい」「残業ばかりで自分の時間が作れないので、残業が少ない環境で働きたい」企業選びにおいて待遇面は大切な要素ですが、書類選考で採用担当者が知りたいこととは異なります。企業が志望動機を聞く目的はさまざまですが、例えば入社後に成長していく姿をご自身でイメージできていることを確認するためや、文章でのプレゼンテーション能力を見るためなどがあります。また、志望の本気度を測るために「大手でないのに、なぜ当社なのか?」「競合他社でなく、なぜ当社なのか?」などのような切り口から競合優位性をきちんと把握していることを確認するために聞くこともあります。給料やワーク・ライフバランスなどは非常に重要なことではありますが、自分本意の希望や要望ではなく志望企業が求める動機をWEB履歴書や職務経歴書では、的確に記載することを心掛けましょう。

③見やすく分かりやすく書く

web履歴書は文字によって訴えることができません。採用担当者は多くの職務経歴書を見ているため、web履歴書で読みにくい文章はマイナスポイントになります。これまでの職務内容は「経験要約」「商材」「担当地域」「実績」「習得スキル」「転職理由」など伝えることを分割し、一目で注目したいところが分かるようにしておくようにしましょう。書類の見やすさだけで相手へ与える印象が大きく変わることを意識して、自分を知らない相手へどうすればアピールしたいところが分かりやすく伝わるかを考えながら作成してみましょう。

就活を有利に進めるなら

インターンシップの選考や、就活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 「就活ノート」では、上記2つがわかる資料を無料ダウンロードできます。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

写真サイズ・写真は必要?

web履歴書の場合でも写真サイズは企業により異なります。確認しておく必要があります。web履歴書の場合でも写真は必要です。web履歴書だからといって写真をアップしなくてよいわけではありません。写真のアップの仕方は最初は苦労かもしれません。これから、web履歴書での写真のアップの手順を紹介しますので参考にしてみてください。

写真の貼り方

①写真をPCに送る

USBなど、パソコンに接続できる媒体に写真データを保存した人はパソコンにそれを接続してください。すると、媒体が接続されたことを示す表示がでますので、そこから媒体の中身を確認し、パソコンにコピー&ペーストができます。スマートフォンに保存した人は、自分で使えるアドレスが二つあれば、自分の携帯から自分のパソコンへ、メールに写真を添付して送れば、簡単にデータをパソコンで受け取ることができます。

②取り込んだデータをweb履歴書で開く

写真館やフォトスタジオで写真データを作成してもらった方は、web履歴書を作成しているWordまたはExcelを開いて、上の「挿入」→「図」→「ファイルから」をクリックし、保存した自分の写真ファイルを選択しましょう。そうすると、作成中の履歴書の上に、自分の写真が貼り付けられます。 プロがデータ作成をしてくれていますので、写真の大きさはおおむね丁度良いでしょう。少しwordやExcel上で調整すれば終わりです。写真データの四隅に表れた白い丸をドラッグすると、自由に大きさを調整できるので、証明写真の枠に合うように調整してみましょう。

③サイズ調整はペイントを使おう

サイズ調整が必要な人は、【ペイント】ソフトを開きましょう。【ペイント】は、パソコンの【アクセサリ】の中に始めから入っているソフトです。もし【ペイント】がパソコンに入っていないなら、代わりになる画像編集ソフトをダウンロードしましょう。機能としては、【トリミング】【リサイズ】 【回転】等の初歩的な機能があれば良いので、Web上で無料のものが見つかるはずです。

④調整した画像を保存する

ペイント上で大きさをある程度調整したら、左上の「ファイル」→「名前をつけて保存」で保存しましょう。この時、「ファイル名」の下にある「ファイルの種類」のところは、「JPEG」を選択して下さい(ファイルの形式がword・Excelで開けなかった人は、この方法で形式を変えてください)。JPEGで写真データを保存できたら、word・Excel上で開いてみてください。微調整が必要な時は、画像の四隅にある白い丸を使って調整して下さい。

志望動機

志望動機の例文をあげます。web履歴書は直筆ではないので、わかりやすさが求められます。

未経験の職種に転職する場合の志望動機

前職では営業を担当していましたが、顧客のニーズを汲み取るうちに、自らより要望にあった商品を提供したいと思うようになり、貴社の未経験募集の求人に興味を持ちました。(1)プログラマ経験はゼロですが、現在スクールに通いながらJavaとPHPを修得中です(4月中にJava認定資格OCJ-P(旧SJC-P)取得を目指しています)。 (2)未経験ではありますが、営業として業界問わず50社以上の顧客と直にやりとりしてきた経験・コミュニケーション力を武器にします。 (3)1日も早く、ユーザー目線のプログラマとなれるよう頑張りますので、どうかよろしくお願い致します。

経験のある職種に転職する場合の志望動機

前職の不動産営業では、単に物件を提案するのではなく、買い物スポットや通勤ルートなど「この街での生活を一緒に組み立てる」つもりで取り組みました。より深くお客様のニーズを汲み取ったことで、『2014年最も感謝された営業』として社内で表彰されました。 (1)この経験から、誰かの人生に関わる醍醐味を感じ、人生の転機である転職のお手伝いをできればと、人材業界の中でも特にニーズに即したマッチングを大切にされている貴社を志望致しました。 (2)私自身、転職の大変さを今実感しておりますので、このリアルな気持ちと前職で培ったヒアリング力を活かし、一人でも多くの方のお役に立てるよう精進します。

自己PR

こちらもいくつか例文を上げますので参考にしてみてください。

経験のある商品企画の職種に転職する場合の自己PR

食品メーカーに於いて商品企画部門を担当し、消費者調査やマーケティング、実際の商品開発から市場投入に至るまで全般を担って参りました。直近では冷凍コロッケの商品開発に於いてチームのサブリーダーとして参画し、消費者ニーズの把握にこだわった結果として同様の旧製品に対して同期比130%の売上を計上することが出来ました。こうした経験をもとに、似通った扱い品を手掛けておられる貴社に於いて自らの成長を見込むとともに、貴社の更なる発展にも尽力できればと考えています。

経験のある営業の職種に転職する場合の自己PR

約5年間にわたり個人顧客向けの営業職に就いておりましたが、特に人と会話するのが得意であるとか、押しが強い性格ではないと思っています。しかし、その点を補うべく、テレアポ件数と訪問件数を人よりも多くしたことが功を奏し、前年度には関東ブロック(50人程度の営業人員)で3位の営業成績を残すことが出来ました。このように、どちらかというとスマートな話術や営業手法を持ち合わせているタイプではございませんが、個人のお客様の場合は特にやや口下手気味なほうが好感を持ってくださることも多いようで、自分でもこの職種に向いているのかなと感じています。今後も地道な努力を続けることで、貴社にとって重要な人材に成長できれば幸いです

web履歴書の書き方を覚えてしまおう

いかがでしたか。 web履歴書はいまや一般的になってきています。最初は、web履歴書の写真のアップの仕方で苦労すると思いますが、慣れればなんてことはありません。この際、web履歴書の書き方をマスターしてしまいましょう。

関連タグ

アクセスランキング