IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ものづくりの仕事の種類(未経験/女性など)|資格は必要?

資格・検定

現在では大学や専門学校で学ぶ事なく、独学により「未経験」からでも「ものづくり」を仕事にする方が増えてきています。今回は新しいことを始めたい女性の為の「未経験」からでも始めやすい、「ものづくり」のお仕事のご紹介やそのプロセスをご紹介していきたいと思います。

更新日時:

未経験でも始めやすい「ものづくり」の種類とは

「ものづくり」と偏に言っても自宅で始められるものから、教室など自宅以外で始めるものづくりまで様々な形態や方法などがあります。自宅にあるもので「自分の時間」を有効活用してマイペースに始めたい方もいらっしいますし、せっかくの機会だからこそ「講師や他の方々と関わり合いながら」教室に通いたいという方もいらっしゃいます。 それぞれ、自分自身の考えや生活スタイルに合わせて「ものづくり」を始めるみることが、将来的に「ものづくり」のお仕事へ繋がるのだと思っております。それでは、早速「ものづくりの種類」を紹介していきたいと思います。 (自宅と教室の両方で出来る「ものづくり」がございます。)

自宅やで始められる「ものづくり」の種類

ご自身の知識を元に始めたい方や本などで学びながら始めたい方、そしてインターネットなどで調べながら始めたい方など様々なスタイルでの「ものづくり」の種類をご紹介していきたいと思います。

ハンドメイド系

・手芸(洋服作り・小物作り・革小物作り・バッグ作りなど)  必要なもの:ミシン・裁縫道具・生地・金具など ・アクセサリー(ストラップ・パワーストーンのアクセサリーなど)  必要なもの:革・パワーストーンの石・金具など) ・DIY(棚・インテリア雑貨・机など)  必要なもの:木材:工具:ペンキ・ネジなど ・料理(パン・ケーキ・クッキー・和食・イタリアンなど)  必要なもの:各種食材・調理器具・鍋など  

アート系

・イラスト  必要なもの:PC・スマートフォン・スケッチブック・ノート・ペン類など ・写真  必要なもの:カメラ・スマートフォン・フィルムなど ・ドライフラワー  必要なもの:花・植物など ※アート系は必要なものだけ記載しております。

文章系

・ブログ(小説・詩・日々の記録・旅行の記録など)  必要なもの:ブログサイト・画像など ・ライター(連載記事・単体記事・得意分野の記事)  必要なもの:メモ帳・文房具・スマートフォン・携帯・ネタ・知識など

このように自宅で簡単に趣味として楽しみながら始められる「ものづくり」は、仕事や家事をしながらでも「休みの日や空いた時間」を利用して出来る、女性にとっては嬉しい始まりになると思います。 その他に「教室」で習うものも「自宅で始めたい」という方もいらっしゃいますので、そちらについても書いていきたいと思います。

「自宅」を便利に使う

❑以前でしたら教室に通わないと出来なかったものが、今では自宅で出来てしまう利便性から「自宅でものづくり」をしたい方に是非おすすめの「ものづくり」の種類です。 ●陶芸 ●ブリザーブドフラワー

実際に自宅で作る「陶芸」と「ブリザーブドフラワー」

オーブン粘土で簡単 くまの小物入れ.mov

未経験だからこそ「教室」で習う「ものづくり」

多くの方と関わりを持ちながら本格的に「ものづくり」を習いたい方もいらっしゃいますよね。自宅派の方も教室派の方も「ものづくり」を始めたい気持ちは同じなのです。 ●陶芸 ●ブリザーブドフラワー ●料理 「ものづくり」を始めたい方の中でもこの「3つ」は本格的に習ってみたいという方も多い、人気のものです。

自然の中や街中で始める「ものづくり」

写真は自宅で出来る「ものづくり」でもご紹介しましたが、やはり自然の中や街中で撮るものは異次元の雰囲気があります。 撮影したものを自宅で焼いて写真集や詩集を作っての「ものづくり」はいかがでしょうか?

「ものづくり」を始めるプロセス

様々な「ものづくり」の種類や方法を見ながら気になったものや、既に決まっている「ものづくり」はありましたか? 女性にとってはどれも魅力的なものだと思いますので、時間が許す範囲で幾つか同時にすることも可能ですので、一つだけに絞ることに拘ることなく思いのままに「ものづくり」を始めてみてください。 そして、年齢が幾つであろうと関係ありません。大切なことは「ものづくり」の仕事がしたいという思いだけなのです。 周囲の言葉ではなく「自分自身」の思いを大切に夢を描いてみてくださいね。 ここからは「ものづくり」を始めるに当たっての3つの「プロセス」をわかり易く説明していきたいと思います。

プロセス1:ものづくりの「過程」

まずは、「ものづくり」を仕事にしたいと思った切欠を思い出してみてください。元々、物を作ることが好きだった方も多いかもしれませんね。 それから女性の場合ですと、結婚を機に仕事を辞め妊娠・出産・育児を終え「自分の時間」が出来たことが、大きな切欠になることも多いように思います。 「ものづくり」を仕事にしたいという切欠が何であれ、今皆様はスタート地点に立っているのです。 特に未経験の「ものづくり」を仕事にしたいと考えている方は不安な気持ちかもしれません。 だからこそ、「ものづくり」を始めて仕事にする為の準備を始めるのです。 何をするべきかを箇条書きで書いていきたいと思います。 ●好きな「ものづくり」を調べる事から始める ●ノートや手帳などに「ものづくり」の仕事をするまでに必要なことを書いていく ●「ものづくり」の仕事で成功している自分をイメージしてみる ●自分のやりたい「ものづくり」に必要なものの準備を始める この4点だけでも、だいぶイメージが膨らんできたかと思います。思いや夢を実現するには「ビジョン」を描くことが何よりも大切な事なのです。 「ものづくり」の仕事がしたいという具体的なビジョンを持つ事が、夢を叶えるための第一歩だと思い常に意識してみてください。

プロセス2:「ものづくり」の工程

プロセス1の過程で準備が整った後は、いよいよ「ものづくり」を始める準備段階に入ってきます。 イメージしたものを順序を追って進めていく段階です。 「過程」の段階で確りとした準備が整っているのですから、何も心配はいりません。 「ものづくり」を心から楽しんでみて下さい。 例えば、「陶芸教室」に通い始める為の時間の調整を始めたり、将来的に本を出したいという夢を描いている場合でしたら、「ブログ」を開設して書くテーマを決めるなどやるべき事はたくさんです。 過程で確りとイメージが出来ていますので「工程」では準備を開始する段階と考えて、一歩ずつ「ものづくり」の仕事への歩みを進めていってください。

プロセス3:「ものづくり」の方法

いよいよ、夢を実現させる為に行動に移す時期になりました。「ものづくり」を仕事にしたいと計画を立ててきた女性の皆さん、鏡を見てみてください。 とてもいい表情をしているはずです。 未経験のものを「自分」で選び、準備をし徐々に進んできたものが「自信」へと繋がり始めたのです。 あとは「自分で自分の背中を押すだけ」です。 「ものづくり」を仕事にする為の一歩を踏み出してみてください。昨日までの自分と全く別の自分がそこに立っているはずです。

「ものづくり」を仕事にする時「どんな方法で始めるか?」

「ものづくり」の仕事をしたいと考えてからどの位の日々が経過したでしょうか? 一週間で開始した人も一ヶ月で開始した人も、はたまた数ヶ月かけて開始した人もいたことと思います。 皆、それぞれに自分のペースで始める事が一番大切なことなのです。では、どんな形で「ものづくり」の仕事をすれば良いのかを幾つか提案してみたいと思います。

「ものづくり」の仕事の実現「実店舗」と「オンラインショップ」

実際に仕事を「形」にするにはお客様との繋がりが必要となってきます。心を込めて作ったものは形になったその瞬間から「商品」へと変わるのです。 では、その商品をお客様に見て頂き提供するにはどういった形が必要となってくるでしょうか? 実店舗や自宅の一部をお店として使う方法もありますが、最初は誰も知らないところからのスタートとなりますので、たとえ宣伝をしたとしても店舗の維持費の負担の方が多くなってしまうというデメリットも考えてみてください。 そういった総合点から見た場合に一番簡単で宣伝効果もあるのが「オンラインショップ」なのです。

「ものづくり」の仕事の実現「オンラインショップ」無料と有料サイトの違い

オンラインショップには「無料サイト」と「有料サイト」があります。それぞれのメリットとデメリットを書いてみましょう。 ●「無料サイト」 ❒メリット↓  ・初期費用が無料 ❒デメリット↓  ・検索エンジンに掛かりにくい  ・無料なので広告が多い  ・知人しか来てくれない  ・なかなか売れずにセール商品になってしまう ❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒❒ ●有料サイト ❒メリット↓  ・テンプレートの種類が多く、自分のイメージにあったサイトが作れる  ・運営サイトのSEO対策が確りしている為に集客が見込める  ・商品画像のUPが楽で商品説明も細かくきれいに表示される  ・メルマガ機能も使いやすく便利  ・検索エンジンのトップページに表示される  ・広告が表示されないのできれいに見れます ❒デメリット↓  ・初期費用がかかる(年間6000円位ですので、負担は少ないです)  ・集客数が多いために在庫切れが早い(嬉しい悲鳴でもあります) 上記をご覧頂くとおわかりの通り、「初期費用:年間5000円前後」を初期投資と考えるのか、一円も掛けたくないかの違いで売り上げにも大きな差が出てくるのです。 「ものづくり」の仕事を始めるのにはどちらがいいのかは一目瞭然かと思いますが、まずは無料サイトで試してみるとその違いがよく分かるかと思います。

「ものづくり」の仕事の実現「ブログ」の選択

ブログは「ものづくり」の仕事をする人にとっては必要不可欠な存在になっています。ブログを利用することにより、先程の「オンラインショップ」も更に集客率がUPします。 実際にブログを書いていて検索をしたことがある方はご存知かと思いますが、「アメブロ」が検索エンジンの一番上に表示されているのです。 例えば有名人の事を調べたとします。その有名人が「アメブロ」を利用していた場合、オフィシャルサイトや Wikipedia(ウィキペディア)よりも上位に表記されているのです。 ブログでの集客が多いという事は実際に目に留めてもらえる機会も増えるということになりますから、ブログ選び一つとっても重要な要素と言えるでしょう。

「ものづくり」の仕事の実現「教室を開く」

「ものづくり」の仕事の種類によっては「講師」として教室などを開く事も可能になってきます。 未経験からのスタートで「資格」を取得し実際に活躍している方が大勢いらっしゃいます。資格を要しないものも多数ありますが「有資格者」と「資格なし」の方で似たような条件の場合はどちらの教室またはお店を選びますか?似たような条件で大差がない場合には「有資格者」の方が断然有利になってくるのはお解かりかと思います。 「ものづくり」を仕事にされている方の多くは有資格者です。資格を取るということはより多くの知識を得ることが出来ますので、何かを作るのが好きな方であれば趣味が高じて資格を取るというのはよくある話だったりするのです。 「教室を開く」ことを実現された方はより活き活きとした「ものづくり」の仕事を楽しんでいることと思います。

「ものづくり」の仕事の実現「注意点」

オンラインショップ・実店舗を開くにあたり様々な登録が必要になりますが、その「登録」を怠った故にトラブルに発展するケースもありますので、よく調べた上で正確な情報の登録をするようにしましょう。オンラインショップなどの表記で「特定商取引法に基づく表記」というものをご覧になったことはありますか? ここには正確な表記が必要ですが、個人情報云々という理由から「本名や住所」はメールにてご案内などと記載している方も少なくありません。本名(フルネーム)・住所・電話番号、等をきちんと表記することで、お客様に安心感を与えるのも大切な事の一つだと考えています。 そして、意外と知られていないのが「アンティーク」を販売する店舗にて「特定商取引法に基づく表記」の欄に記載されている事があります。各都道府県と管轄する公安委員会(警察署)から「古物商許可証」が発行された証明として「第○○○○○○号」の数字の記載がされています。 殆どのアンティークショップではきちんと記載されていますが、稀に記載されていない場合もありますので、利用する側もきちんと確認する必要が重要になってきます。もし、オンラインショップの運営に携わる場合には「特定商取引法に基づく表記」を正しく記載してご利用下さい。

「ものづくり」の仕事で女性が輝くために

「ものづくり」の仕事について書いて参りましたが、「ものづくり」の多くは手作りであるということが多いように感じています。 未経験者が「ものづくり」の仕事をすることで途端に輝き始めたということもよく聞きますし、私の周囲の「ものづくり」の仕事をしている女性たちはとても活き活きとして輝いているのです。 たくさんの「ものづくり」の仕事の中から自分の「好き」を見つけて、いつまでも輝き続ける女性が増えますように、と願わずにはいられません。これから「ものづくり」の仕事に携わる方も是非、活き活きとした日々を過ごしてください。

関連タグ

アクセスランキング