IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職業の種類(文系/理系)・英語が必須な職業の種類とは?

更新日:2020年08月14日

職種研究

日本国内でもいろいろな職業がありますね。文系か理系かによっても、職業の種類は違ってくるようです。文系の職業の種類・理系の職業の種類、英語が必要な職業の種類について、今回はご紹介していきましょう。職業のことを説明した本についても紹介します。

英語が必要な職業その4・キャビンアテンダント

前は「スチュワーデス」と呼ばれていた職業ですが、今やキャビンアテンダントという名前もすっかり定着しましたね。華やかな印象のある仕事ですが、飛行機の中でお客様にサービスをしますので、その見た目からはわからない、ハードな面もある職業であることは間違いないでしょう。 特に国際線に乗務するとなれば、英語力は必須です。お客様も多くは外国の方でしょうから、英会話ができないと話になりません。

英語が必要な職業その5・英語教師

今や日本でも、英語の必要性はどんどん高まっており、小学校で英語を取り入れているところもあるほどです。小学校~高校だけでなく、英会話教室もありますので、英語教師のニーズは高いです。 小さい子に教える場合は英語の歌・ゲームなどを用いて、英語が楽しいものと思ってもらい、苦手意識が生まれないように心がけます。中高生には、英語の基礎部分をしっかりと教え込み、学校の外でも英語が使えるように実用英語を教えます。 社会人に教えるときは、世界で活躍できる人になるように、ビジネスで役立つ英語を習得できるようにします。 このように英語を教えるにしても、年代・教える相手によって内容は大きく変わりますので、その分奥が深くやりがいのある職業でもありますね。

職業を説明する本も!

いろいろな職業のことを、わかりやすく解説してある本もありますよ。いくつかご紹介しましょう。

なりたい職業ガイドブック

仕事内容や職業の紹介のみならず、子供のころからどんな勉強をすれば、その仕事につくのに近道になるか、今からやっておくべきことを親切に説明してくれている本です。各仕事につくまでの一般的なコースの紹介もされています。

日本の給料&職業図鑑 Plus

日本のさまざまな仕事や、給料がどのくらいなのかについて、丁寧に説明されている本です。ボリュームもあり、読み応えがある一冊です。進路を考える時期の学生も読むといいでしょうし、小さい子供に職業について教える入門書としても重宝しますよ。

文系と理系ではつく仕事も違う!

今回お話ししてきたとおり、文系と理系では、かなりつく職業にも違いがありますね。希望の職業はできることなら早めに見定めて、その職業に沿って理系か文系かをセレクトして、大学・専門学校も進学できればベストですね。

初回公開日:2017年03月01日

記載されている内容は2017年03月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング