IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【確定申告】申告時の持ち物|医療費控除をする場合はどうする?

確定申告

確定申告をするために税務署に行く場合は、申告のための必要書類を持ち物として準備していく必要があります。確定申告時期は混み合うために事前準備が大事です。また医療費控除や住宅ローン控除、ふるさと納税等の控除を受ける還付申告の際にも準備する持ち物をご紹介します。

更新日時:

確定申告の持ち物として事前に確定申告書の入手を

確定申告をする際にまず、事前に確定申告書をもらって記入をしておくと便利です。税務署や申告相談会場でももらえますが、最近では国税庁のホームページで「確定申告特集」ページから印刷できますので、わざわざ行かなくても手に入れることができます。 また国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」では確定申告書の入力をしながら計算もできそのまま作成可能となっていますので、こちらを活用すれば持参しなくても郵送での申告ができます。 また、この申告書にはAとBがあり、給与所得者や年金受給者など一般の方はA、変動所得や臨時所得などがある方で平均課税を選択する場合は申告書Bを使用するようになっています。 先に申告書に記入をしていくと税務署に行った際も時間短縮になります。

事業所得がある場合は青色申告決算書 や白色申告のための収支内訳書が必要

青色申告決算書や白色申告のための持ち物として必要な収支内訳書もダウンロードなどができますのでダウンロードして記載して持っていくことができるようになっています。 事前に青色申告、白色申告用の会計ソフトなどを使用している場合はそれを書き写すだけで大丈夫です。

税務署での確定申告には源泉徴収票と保険料控除証明書などが必要

確定申告をする場合に各種の控除を受けるためには、必要書類として ・源泉徴収票 ・各種保険料の控除証明書 国民健康保険や年金などの公的社会保険や民間の保険、生命保険や年金保険や地震保険などの保険料を支払っているという保険料控除証明書をすべて支払っている分だけ持参します。 ただし、既に給与所得者などで年末調整をして還付申告だけをする場合などにはこれらは不要です。

医療費控除をする場合の持ち物は源泉徴収票と病院の領収書など

年間10万円以上の医療費を支払った方は、還付申告を受けることができます。持ち物としては下記のものが必要となりますので漏れがないように準備をします。 ・医療費の領収書 ・医療費の明細書 ・交通費の明細書 交通費の明細書などや領収書があれば、病院への交通費などとして証明されることで申告することができます。また家族分の医療費などをまとめて申告できます。 給与所得者などで会社で年末調整を既にしている方でも還付申告で医療費控除が受けれますので対象となる人は還付申告をする必要があります。 保険外治療などで高額の医療費を払った方などはそれらの領収書や明細書を持ち物として持参します。出産費用も控除の対象ですが、出産一時金をもらった場合はその額は差し引かれます。 また源泉徴収票を持ち物として持っていくことで年間所得が200万円未満の方は年間所得の5%が還元されます。

医療費控除の計算方法も確認を

医療費の還付申告に行く場合は、あらかじめ自分の還付金がどの位なのかを計算していくといいでしょう。 医療費控除額の計算は 医療費控除額=(支払った医療費)-(保険金や一時金等、その医療に対し税金以外で実際に還付された額)-(10万円 又は所得の5%の低い方) となりますので自分でも計算して確定申告の還付申告に出掛けます。

住宅ローン控除を受ける場合は最初の年に必要書類を揃えて

住宅ローン控除を初めて受ける年には確定申告に下記のものを持ち物として持参します。 ・住宅借入金等特別控除額の計算明細書 ・住民票の写し ・売買契約書の写し ・登記事項証明書の原本 ・金融機関の住宅ローンの「残高証明書」 こちらも給与所得者で既に年末調整をした方でも住宅ローン控除は大きいですので必ず1年目に還付申告をします。これによって10年間の控除期間となり、2年目からは年末調整だけで確定申告は不要となります。 最初は住宅ローン控除の場合は必要書類の持ち物が大変ですが、もしわからない点は税務署の無料相談に電話をすることもできますので、持ち物についての相談などもしてみるのもおすすめです。

ふるさと納税などの寄付をした場合の持ち物は寄付金の受領証と団体の証明書など

ふるさと納税を含め、寄付をした場合には下記の持ち物が必要です。 ・寄付などをした団体などからもらう寄附金の受領証 ・法人や信託が適格であることなどを証明する証明書又は認定証の写し これらを申告の際に持ち物として持参するだけで所得税が還付されます。給与所得者の場合については還付申告だけを行ってもらえれば大丈夫です。

持ち物として印鑑も忘れずに還付申告の場合は通帳も!

確定申告の際には持ち物として印鑑が必要です。また、還付申告などを受けるためには必ず印鑑と自分名義の通帳が還付金を振り込んでもらうために必要ですので持ち物として忘れないようにしましょう。 その際の印鑑はシャチハタではなく認め印を持参します。また銀行印ではなくても認め印で大丈夫です。

申告の為の事前準備とわからないことは税務署への相談が大事

最初にご紹介しましたが、最近では国税庁のホームページでもネットで確定申告書を手に入れることができ、そこで申告ができます。 税務署に出掛けて確定申告をする場合の持ち物についても必要書類の明記がしてありますのでそれらを事前に確認しながら確定申告に出掛けることが大事です。 またわからないことがありましたら税務署の無料相談に電話してみられるのもいいでしょう。1年中受け付けていますのでできれば多忙な確定申告の時期より早めに相談をして準備をされることをおすすめします。 確定申告に必要な持ち物についてご紹介しました。必要書類をきちんと揃えていくことで何度も行く手間も省け、行った際も時間短縮になります。まずは事前準備や自分でも申告の計算などもできるようにしておくのもおすすめです。

確定申告を乗り切ろう!

確定申告はフリーランスや個人事業主にとってはすごく労力のいる作業です。また、各種控除などを知らないと税金を払い過ぎてしまう場合などもあるので税金飲んことに関してはフリーランスや個人事業主の人は特にしっかり抑えておきましょう。

年末調整・確定申告の処理は会計ソフトを使おう

毎年「年末調整」「確定申告」「税金」「源泉徴収」の処理に追われ、その時期になると仕事に手がつかなくなってしまうことはありませんか?

時間を賢く使うためにも、個人事業主にとっては「会計ソフト」を使うことをおすすめします。会計ソフトの価格と、自分で会計処理を行うコストを考えたときに、どこかで会計ソフトを利用したほうがコスパが良くなります。

会計ソフトの中でもオススメは「freee」。無料のお試し版もあるので、実際に使ってみて、効率の良さを検討してみてください。

関連タグ

アクセスランキング