IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【職務経歴書】手書きのメリット・最適な用紙、書き方と例

書類選考

職務経歴書を手書きにして熱意や真剣さをアピールすることもできます。その際に手書きをしたメリットを活かすために好印象の紙と書き方にも工夫をする必要があります。どんな風に書けば手書きらしい好印象となるのでしょうか。手描きの為のノウハウを考えます。

更新日時:

手書きで職務経歴書を印象付けるのもおすすめ

最近ではパソコンで打った職務経歴書を沢山見かけますが、転職などにあたっての意欲や真剣さをアピールするために手書きの職務経歴書を作成するのもおすすめです。 会社によっては指定がある場合もありますので注意をしながらとなりますが、手書きの良さを印象付ける職務経歴書を書いてみませんか。 またその際にはパソコンのスキルがないために手書きをしていると思われないようにパソコンのスキルがあればそれをアピールすることも忘れないでおいて下さい。

手書きをする紙はA4サイズの真っ白な紙に

手書きをするとなるとまず迷うのは紙選びです。手書きなので紙はどんな紙でもいいのかというと、できれば履歴書と職務経歴書がセットになっているものが市販されていますのでそれを購入しましょう。 なければ、真っ白な紙、パソコン用のA4のコピー用紙の白いものを選びます。

手書きのメリットとデメリットを知った上で記入を

A4の真っ白な紙に横書きをしますが、紙に線がないために曲がってしまうと印象が悪くなりますので曲がらないようにするのが手書きの注意点です。 手書きのメリットは真剣さや真面目さが紙面から出ることですが、それが字が曲がってしまったり見た感じの印象が悪くなってしまうと、あまり真面目ではない雰囲気になりデメリットになってしまいます。 こうしたメリットとデメリットをしっかり理解した上で手書きをするようにしましょう。

いい手書きの書き方と例は、好印象の整然とした書き方にすること

好印象の書き方と言うのは、手書きの温かみはありながら読みやすい整然とした書き方です。手書きですとどうしてもダラダラと文章がなってしまいますので自分のアピールしたい職歴をいかに明確に伝えるかが大事です。 そのために自分の職歴に見合った職務経歴書のテンプレートなどをサイトなどで見つけてそれを見本に書きます。

これまでに就職した会社ごとに列記するスタイル

数社に就職した方は、会社ごとにどんな部署でそんな業務内容に携わったかをその実績やそこで果たした役割や取得したものについて列記します。

自分が行った実績や経歴ごとに列記するスタイル

また、自分が担当した製品やプロジェクトについて特にアピールしたい方は、その担当したものの客観的業績とそこでの自分の技術スキルをそれぞれに分けて列記します。会社での自分の業務内容を中心にした書き方で具体的にどんな業務をしてどんな役割やスキルを自分が持ったのかをわかりやすく書く方法です。

手書きの職務経歴書の良さを最後の自己PRなどでは最大限に活かして

このどちらのテンプレートの形式も最後には「自分の得意な作業やスキル」や「自己PR」をきちんと分けながら必ず書きます。そこには手書きの良さを活かした熱意を持った最後のアピールをすることが大事と言えます。

手書きのメリットを最大限に活かして

手書では、文字から来る真面目さや真剣さが伝わることも大事です。また、わかりやすく伝えることができているのかも常に意識しながら書いてみることが重要です。 自分を全く知らない人に自分の職歴をアピールするのですから、どんな職歴を持ち、どんな得意な作業やスキルがあるのか、そして自分の最大の自己PRは何なのかを項目ごとに列記しながら、手書きで熱意を伝えましょう。 もちろん誤字脱字や修正液などを使わないように時間をかけて手書きをする必要がありますが、それなりの熱意が伝わるような手書きの書き方をすることを工夫してみませんか。

関連タグ

アクセスランキング