IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面倒見がいい人の特徴・長所と短所

コミュニケーション

身の回りに面倒見がいい人がいると、どうしても頼ってしまうことも多いですよね。もし自分が面倒見がいい人ならば、多くの人から相談を受けることもあるでしょう。それほど面倒見がいい人は頼りにされることが多いのです。そんな面倒見がいい人の特徴について紹介します。

更新日時:

面倒見がいい人の特徴とは?

身の回りにいる面倒見がいい人がいると、自分が困っている時に当たり前のように助けてくれることも多いですよね。面倒見がいい人がいるととても助かることも多いですが、面倒見がいい人はどのような特徴を持っているのでしょうか。

思いやりがあって優しい

面倒見がいい人の特徴としては、思いやりがあって優しい性格の持ち主が多いです。自分のことよりも他人のことに気を配れる人で、優しくすることができます。人が困っていそうな時には、すぐに手を差し伸べることができる人です。面倒だと思って無視をする人も多いですが、面倒見がいい人は面倒だと思うこともなく、優しく手を差し伸べることができる特徴を持っています。

見返りを求めない

自分の生活に余裕がある

面倒見がいい人は自分の生活に余裕がある特徴を持っています。生活に余裕があるというのは金銭面ではなく、心に余裕がある人です。面倒見がいい人は他人に対して何かしてあげたいという気持ちがあるので、自分の心に余裕がなければ面倒を見ようとは思いませんよね。普段から落ち着いた生活を送っていたり、幸せな生活を送っている人は、他人に対しても優しくなれるものです。心に余裕があると他人のことを気にしたりできますし、助けてあげたいという気持ちにもなれます。それだけ安定した生活を送っているのは、普段から心が豊かな証拠でもあります。面倒見がいい人は自分に対して余裕を持つことができるので、他人に対しても何かしてあげようという優しさが湧いてくるのです。

面倒見がいい人の長所

面倒見がいい人がいると、何かと助けてもらえるので助かることも多いですよね。そんな面倒見がいい人の長所について紹介します。

よく気が利く

面倒見がいい人は人のためにいろいろと行動することができる人です。相手にこうすれば喜んでもらえるかもしれないと思えば、すぐに行動に移すことができます。相手が困っていそうならば何も考えずに手を差し伸べて、助けることを優先するでしょう。面倒見がいい人は相手のために行動することができる人ですが、そのためにはよく相手のことを見ていなければなりません。さらに相手が困っていることや、こうすればいいかもしれないと思うためには、気が利く性格でなければ何もすることはできないでしょう。 気が利く性格の人は誰も気づかないようなことにも気がつくので、多くの人から頼りにされることも多いです。気が利く人になりたいと思って、誰も気がつかないようなことに気づくのは難しいことです。それだけいろいろな所に目を向けて、観察をしていなければなりません。自分のことを中心として考えるのではなく、相手や周りのことに対して気を配れる人でなければ、面倒見がいい人にはなれません。気が利くというだけでも長所となりますが、気がつくだけではなくすぐに行動できる人が面倒見がいい人なのです。面倒見がいい人になりたくても簡単にはなれませんが、普段から自分の周りに気を配っていなければできないことなので、長所と言ってもいいでしょう。

フットワークが軽いので行動的

面倒見がいい人の特徴でもありますが、見返りを求めないですぐに相手のために行動できることは、大きなメリットと言えます。すぐに行動できる人は何でもできるイメージがありますが、考えるよりも先に行動できることは長所と言ってもいいでしょう。多くの人は行動する前に考えてしまいます。今から自分がする行動についてメリットがあるのか、相手に対して失礼ではないかなど、いろいろなことを考えてしまいます。そのため結局は行動しないことが無難だと考えてしまい、何も行動しない人が多くなるのです。 すぐに行動できるフットワークの軽さは、自分の長所として役立つでしょう。もちろん慎重になって考えてから行動することも大切ですが、自分が相手のために良かれと思ってする行動に対して、余計なことを考える必要はありませんよね。ただ相手のためになると思って行動することができるのは、面倒見がいい人の長所と言えます。

ポジティブな性格

他人に対して優しくできる人は、ポジティブな性格でなければできませんよね。困っている人に対して手を差し伸べる時に、ネガティブ思考な人だと余計落ち込んでしまうかもしれません。ポジティブに考えて頑張れと励ますことで、相手も頑張ろうという気持ちが湧いてきます。その為にはポジティブな性格でないと励ますことは難しいでしょう。面倒見がいい人は相手のことに親身になって助けることができるので、ポジティブ思考の人が多いです。ポジティブな人と一緒にいるだけで、自分もポジティブになれるものです。

面倒見がいい人の短所

面倒見がいい人がいると助かることも多いですが、逆にちょっと嫌だと思うこともあるかもしれません。面倒見がいい人の短所について紹介します。

おせっかいだと思われる

面倒見がいい人は自分が相手のために良かれと思ってする行動が多いので、相手からするとちょっとおせっかいだと思うことも多々あります。ちょっとため息をついただけで相談に乗るとしつこかったり、一人になりたいと思っている時におせっかいで話をしようとします。すべて相手のためを思ってする行動ですが、本当に相手がその行動を望んでいるかを考えることなく、おせっかいを焼いてしまいます。一人でいたい時に面倒見がいい人がいると、ちょっとおせっかいだと感じることあるでしょう。普段助けてくれることもあるので、邪険に扱うこともできないので困ってしまいます。 面倒見がいい人は自分の価値観や考えで行動するので、本当に相手のためになる行動かどうかは分かりません。だからこそ相手が今はほおっておいて欲しいと思っても、それを理解することができずにおせっかいな行動をしてしまうのです。面倒見がいい人お短所と言える行動ですが、相手の気分次第によっては長所にも短所にもなり得ます。

自分のことよりも他人のことを優先する

面倒見がいい人は相手のために行動することができるので、自分の時間よりも相手を優先してしまいます。そのため相手は気を遣うこともあります。面倒見がいい人は自分の時間がなくなっても構わないと思っていますが、相手にとっては気になります。気にする必要はないと思っていても気になってしまうのが人の感情です。面倒見がいい人の短所として相手に気を遣わせてしまうことがあるので、ほどほどに助けてもらいたいと思います。

面倒見がいい人になるのは難しい

いかがでしょうか? 面倒見がいい人になりたいと思っても、なかなかなることは難しいですよね。他人に対して気を配ったり、励ましたりするのは自分に余裕がなければできないこです。面倒見がいい人は人から頼られることが多いので、自分のことよりも人のために時間を使うことも多くなります。それでも真摯に対応して力になってくれるので、信頼できる人として信用できます。自分も面倒見がいい人になりたいと思ったら見返りを求めずに、真摯に相手に向き合って対応してあげましょう。それでも面倒見が良いと思われるのは大変なことです。普段からの行いを含めて常に相手のために行動してあげることが必要なので、面倒見がいい人になりたいと思っても難しいものです。

上司・同僚がうざい、職場になじめない。

自分の性格柄、上司や同僚の理不尽な言動に耐えられない方、職場になじめないという方は多いと思います。「職場の人間関係」は、転職理由のランキングでも上位にあげられるほど、転職を考えるきっかけになっています。 転職のきっかけには「人間関係」のほかに、3つあります。 他の人は何をきっかけに転職しているのか、転職のベストなタイミングっていつなのか、気になる方はこちらの記事もお読みください。  ■記事タイトル 20代の転職成功方法|転職理由3つ・新卒入社3年以内の転職割合・20代の強みとは

転職をしようと考えている人は、自分に合った転職サービスを選ぶことから始めましょう。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング